文家のお墓の分骨移設を拒んだ韓オモニ

 
ブログ「審判回避プロジェクト」ブログ主、澤田地平さんが連載している神山会長と面会して聞き取った話が衝撃的だ。今年5月3日に名古屋で面談したそうである。

文家のお墓の分骨移設を拒まれたお母様–神山先生(1/8)

その中から一部を抜粋する。

□東森さん:ヨスの話はもう、劇的な、刺激的な話があるんですよ。特にお母様、本当は基元節に、お父様はご先祖のお墓を定州から移して、ヨスの文村を作るということで、韓じゃなくて、文家が重要だということで、神山会長もそれでヨスに呼ばれたわけです。ヨスには文家に関係ある人がずうっと集められたんですよ。

それで、2010年ぐらいに定州にあるお墓が、以前、お父様が金日成主席と会った時に行かれたでしょ、定州の。その時、お墓参りもされました。お姉さんにも会われ、涙流され、慟哭されて、これはもう、必ず南北統一したら、もう一度というふうに言われていた、そのお墓、そのお墓が、高速道路がそこ通るということで、お墓を移動しないといけないということになりました。

それで、文先生のご両親と先祖のお墓を掘り出して、その遺骨を分骨してもいいから、ヨスに文村を作りたいということで、お墓を作って、その文家のお墓の前で、2013年の基元節のご聖婚式をやりたいということで委員会が開かれて、お墓を移すということがありました。

それで、金栄輝先生とか文長老とか呼ばれて、準備委員会が何回か開かれたんだけども、そういう動きがあるということを、お母様と大母様金孝南氏が聞いて、その準備委員はダメだと、文家はダメだと、韓家が重要なんだということになりました。その時に、お父様は、まあ待てと、それ程言うんだったらということで、お墓を移すことが出来ないで、お父様は衝撃を受けてね、まあ待てと。

そのお墓を移そうとした時の遺骨があるんですよ。掘り上げて、遺骨がミイラになっている、それも写真に撮って、日本から小柳さんとか阿部さんとか行って、写っているんですよ。そういう文家のお墓を分骨でもいいから、そこで基元節を迎えたいというのが、全部ダメになったんです。

金孝南氏大母様とお母様が絶対ダメだと。それに対して、金栄輝先生とか文長老、神山会長は何も言えないまま、ずばっと言われて、お終いになっちゃたんです。そんなことがあったんですよ。韓国での講演会の時に、我々が2時間くらい、会長からお聞きした時にも、その遺骨の話から入ったんです。ミイラになってる写真も残っていますよ。それも、このパソコンの中に入っているんだけども、そういうことがありました。

もっと読みたい方はこちらをクリック→もっと読む
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
 

文家のお墓の分骨移設を拒んだ韓オモニ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中