サンクチュアリを選んだ二世牧会者(米国)の証 (その1)4回シリーズ

  

アメリカ家庭連合の州リーダーの息子であり、自身も地元教会の牧会者だった二世のダン・ハチャーソン(Dan Hutcherson)さんの証です。4回シリーズで掲載します。

サンクチュアリへの路程 ―若き家庭連合青年への公開書簡

 2016年9月21日  ダン・ハッチャーソン

hutcherson_dan-crop2-125x125

 

不思議な展開に巻き込まれた自分がいます。もう30才を迎えようとしています。ですから、お父様の御聖和のときもはっきりと覚えています。その瞬間その夏こそ私の意図せぬ霊的彷徨のはじまりでした。

 教会運営の背後で起きる様々な政治的駆け引きは知っていました。私自身もお父様の御聖和の日にたまたま地元の教会の牧会者の任命を受けました。振り返ってみれば明確な天の導きを感じます。しかしそれは私が信仰と良心に従ってサンクチュアリ教会を選び、家庭連合を離れるときに明らかになりました。

 去年一年に私が体験し変革したプロセスは多くの若い皆さんも体験することでしょう。まず自分が正しいとの思い込みからの(サンクチュアリに対する)否定、つぎに悩みの時期、次に来るのは受容と知識と事実の取得、そして最終的に真の自由とすべての責任を獲得する。

 今年も(家庭連合での)燃えるような信仰ではじまりました。もちろん自分の中でも葛藤も抱えていました。この証は若者の観点から若者に向けて書かれたものです。その意味では希少だと思います。一世に関しては特に心配していません。信仰と真理に関して自分というものを持っているからです。

 むしろ若い世代の人々の将来について私は心配しています。教会の問題を深刻に捉えてそのごたごたの向こうに神様を見出すことができるのなら皆さんは私が皆さんと同年代の頃よりずっと信仰において成長すると思うのです。今となっては振り返れば納得できることもその最中にいるとはっきり整理がつかないものです。

 私が特別だというつもりなどありません。私の暮らす州の最年長の二世の実践メンバーとして普通に家庭連合の中で育ってきました。いわゆる「良き食口」としてあらゆる教会の行事を積極的にこなしてきたのでした。私の母は長く州のリーダーを務めていました。ですからみんなの来る前から教会に出向き皆が帰った後も遅くまで教会に残っていました。教会の平和活動関連もすべてこなしてきましたし地元で実践チームW.A.I.T.を立ち上げたりしていました。

 清平にも幾度も通いました。すべての式典に参加し、青年活動を取りまとめることもありました。修錬会では講義もしましたし原理講論セミナーでもスタッフとして参加しました。真のお父様のマッチングに参加し、十一条献金も欠かさず行い、地元教会の牧会者にまでなったのでした。

 成人し大人になった今、信仰生活に直接責任を持つ年齢になりました。 友人の理解を得られなくても、また将来の仕事の雇い主がこの手紙をインターネットで読んだとしてもそれは一向に構わないのです。信仰ゆえに否定されてもそれは相手の自由です。

 これまで自分は自由な考えを持つ若者だと錯覚してきました。そのくせ統一教会に対して口には出さない不満を抱いていたことも事実です。

 率直な話をすれば、もし両親の存在と人生の目的、人間の堕落と歴史に関する教会による体系的、論理的な教えがなければおそらく私は無神論者になっていたのではないかと思います。 神様については曖昧でむしろ不可知論者でした。個人的に神様を実感するようなことがなかったのです。

 サンクチュアリへの転身は驚嘆すべき解毒( detoxification)の過程を経ました。これまで生きてきて初めて神様を深く哀しく体験したのです。教会での私の「善き行為」だと思ってきたことが自分の信仰路程において何の意味も持たないこと、絶対的なまでに無価値であることに気づいたのです。これまで信仰とは統一教会での信仰だと信じて疑ったことはありませんでした。おそらくいまもほとんどの人はそうでしょう。
つづく
 
原文(英語)はこちら
 
翻訳:Jacob S &サンクチュアリNEWS管理人
 
.
続きを読みたいという人はクリックを↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中