2016年10月2日説教「王国の神の光」【英語説教日本語訳】(全文)

Kingdom of God’s Light   October 2nd  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

王国の神の光 (全文) Kingdom of God’s light

 
ルカによる福音書/ 12章 27-34節
野の花のことを考えて見るがよい。紡ぎもせず、織りもしない。しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。28:きょうは野にあって、あすは炉に投げ入れられる草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。29:あなたがたも、何を食べ、何を飲もうかと、あくせくするな、また気を使うな。30:これらのものは皆、この世の異邦人が切に求めているものである。あなたがたの父は、これらのものがあなたがたに必要であることを、ご存じである。31:ただ、御国を求めなさい。そうすれば、これらのものは添えて与えられるであろう。32:恐れるな、小さい群れよ。御国を下さることは、あなたがたの父のみこころなのである。33:自分の持ち物を売って、施しなさい。自分のために古びることのない財布をつくり、盗人も近寄らず、虫も食い破らない天に、尽きることのない宝をたくわえなさい。34:あなたがたの宝のある所には、心もあるからである。

パワフルなみ言葉です。 ここでは、イエス様は天に宝をたくわえることを説いておられます。最も素晴らしい宝は、神様とキリストとの関係を結ぶことです。

今週はメイン州のオーシャンチャレンジに行くことができ、すばらしい恵みを受けました。海ではお父様の臨在があったことをお話ししましょう!実にすばらしく、4泊5日があっという間でした。おかしなことにスケジュールをまったく決めずに過ごしたのに本当にあっという間に終わってしまい、みんな、もう1日いたいと思いましたが、他にやることがありますので・・・。

水曜日にはハンモックキャンプをして、フラップを開けて一晩中風に吹かれたので、まだのどがいがらっぽいです。しかし、信じられないほどすばらしい時間を過ごしました。ときどきその丘の上を歩いてくるとみんながキャンプしている場所が見え、たくさんのキャンプファイアーがあり、何か映画のワンシーンのようでした。何か(スターウォーズの)ジェダイのキャンプか何かみたいでしたよ(笑)。本当に神の国ができたかのようでした。

それは宗教という意味ではなく、関係性なのです。それは共同体ということですらなく、お父様との関係性です。私たちは共同体を中心としているのではなく、キリストを中心としています。キリストを中心とするときこそ、より強い共同体になります。単に共同体中心だけであったとすると、共同体が崩壊すれば自分も崩壊します。家庭連合に何が起きたでしょうか。彼らは非常に共同体中心的でキリストにつながっておらず、キリスト中心ではありませんでした。ですから共同体が方向性を間違えると、人もだめになってしまいます。彼らは決断することができません。なぜなら彼らは世の中のものに結ばれているからです。そして最も大切なものである神様との関係を結んでいません。天に宝をたくわえることが、私たちが思い出さなければならないとても重要なことです。

ではこの記事を紹介しましょう。数週間前、ペンシルベニア州はお父様が私たちを導いた地であり、世界全体の政治を決定する場所だと話しました。そして、ここにいるみなさんの中には私の言葉を信じた人もいたかもしれませんが、多くの人が「うーん。それはちょっと大げさな話だ」と言ったことでしょう。するとその週のニューヨーク・タイムズに記事が出ました。何と書いてあると言えば、次の通りです。

「トランプ対クリントンの選挙全体が、おそらくペンシルベニア州でだけで行われることになるのはなぜか」

Why the Whole Trump Clinton Election Could Probably Just Be Held in Pennsylvania   The New York Times.png

 

これで誰が愚かだとわかったでしょうか。私はここで遊んでいるわけではありません。誰が愚か者でしょうか。お父様が私たちをここに導いたのには理由があるのです。世界全体の政治が影響を受けると言うとき、それはペンシルベニアで決まるということです。正に鍵となるスイング・ステート(激戦区)なのです。ここでヒラリーが勝てば、彼女が大統領になり、トランプが勝てば彼が大統領になります。どちらの人物がホワイトハウスに入るかによって、世界全体の政治がその影響を受けます。ヒラリー陣営は、グローバリズムを代表しています。数年前は馬鹿にしていましたが、彼らは今それが自分たちの哲学であることを認めています。それはつまり、中央集権の世界政府を意味しています。基本的にはエリートがすべての法律や規則を決める世界規模の共産主義です。彼らがみなさんとどれだけ離れたところで生きていようと関係ありません。それが、ヒラリー陣営が代表するものです。私たちは、それがサタン的、天使長的な政治運動であることを知っています。完全にこの地上における天使長の制度を代表するものです。

ではトランプは何のために戦っているかと言えば、主権のために戦っています。私たちがみな世界として共に繁栄するためには、すべての国がそれぞれ強くなければなりません。私たちは各個人が強くなり、成熟しなければならず、それで一緒に物事を行うときに勝利することができるのです。ですから、政治の世界でも現実に戦いが起きています。世界共産主義とまったく変わらないグローバリズムと、主権に基づく思想、つまり人々が国に対して所有権を持ち、国が何をするかを決めるという思想との間の戦いです。トランプが勝つか、ヒラリーが勝つか、それはいずれにせよ、今や大きな戦いです。なぜなら天使長は国を蔑むからです。そういうわけで、天一国憲法が出てこなければなりません。なぜならそれが、とりわけ女性を誘惑する天使長への傾倒を阻止するからです。ギャラップの調査結果を紹介したことを覚えているでしょうか。女性の方がリベラルで革新主義的な共産主義に、より多く投票する傾向があります。男性のほぼ2倍でした。女性のみなさんは気分が良くないかもしれませんが、それが事実です。統計に出ています。

天使長は、誰に仕掛けて、どのように誘惑して、どのように約束したら良いか知っています。女性に嘘をつき、巧みな言葉を使います。彼は悪い男です。しかし、女性はいつも不良を好みます。女性を利用して虐待し、利用し終わったら放り出す、馬鹿な不良を好むのです。それで、善良な男性はカリスマ性がないとか思っているかもしれません。彼らはそれほど上手に嘘をつかないかもしれません。それで「そういう男性は自分のタイプじゃない」と。あなたのタイプの男性は、あなたに嘘をついて、あなたを利用する人でしょうか。思考停止にならないでください。

これが、世界が向かおうとしている現実です。今や紐一本でぶら下がっているような状態です。誰がアメリカの大統領の位置に着き、世界の最高司令官となるのかを決めるのが、まさにこの場所であり、それがもちろん世界の政治のすべてを決めることになります。ですから物事は非常に速いスピードで私たちを変えていきます。私たちはまた、この驚くべき政治的な戦いの中にいますが、霊的な大きな戦いもまたあります。「美は見る人の目の中にある」とは限りませんし、必ずしも見たとおりとは限らないのです。世界を見てみれば、政治家がいて、様々な団体、企業、財閥、組織がありますが、その背後にはもっと深い勢力があります。自由社会セミナーでも説明したのですが、その勉強会に参加すれば、どれだけ霊的に深いつながりがあるかわかります。それは非常に深い、カルトの霊的な伝統であり、太古から続いてきた伝統です。もちろんそのような組織というのは、秘密の形で存続してきました。カルトの結社です。今日、聖和式の日に、この内容を取り上げるのは私が非常に重要だと思うからなのですが、それは私が誰との関係を築いているのかを非常に明確にしなければならないからです。それは大きな違いを生みます。サタンとの関係を築くのか、神様との関係を築くのかでとても大きな違いが出ます。実際それは、永遠の人生を決定するのです。小さな問題ではありません。ただの好みの選択ではないのです。あなたの永遠の魂のすべてに重大な結果をもたらします。ですから、とても大切なことです。

第一に、お父様は2、3歳の孫のいるところで、絶対「性」の教えについて語られました。多くの人が、それはおかしいと思いました。「なぜなら、私は23歳になるまで子供にセックスの話をしなかったからだ」というのです。馬鹿なことを。だから堕落するのです。だからそのような人を手本にしないのです。

(子供たちに向かって)まだ、そこにいたの?出て行って、日曜学校に行ってください。この子供達でも、ゲームをして、インターネットを見ます。この子供たちも大人と同じようにソーシャルメディアの情報を浴びせられています。インターネットはオープンなものです。もちろん、今それは国連に向かおうとしており、変わろうとしています。なぜなら最高権力者や中央政府に同意しない人はテロリストとみなされるからです。ゆっくりとですが明らかに人々を弾圧し始めています。しかし、このような小さな子供たちでも、ポルノ、裸の画像、性的な画像にさらされています。みなさんが育った頃は、「プレイボーイ」の雑誌を手に入れないといけませんでしたが、今は違います。18歳の時に「おい、『プレイボーイ』があるんだけど」と言っていたでしょう。今、3歳の子供でも見ることができます。ですから、8歳や9歳でセックスをして妊娠しています。とても幼い時から過度に性的に成熟させられています。

ですからお父様が絶対「性」について、3歳の孫もいる前で公然と語られたのは理由があります。なぜなら、彼らは、サタンのセックスの世界に入れられてしまう前に、神様の観点からそれを聞かなければならないからです。一度サタンのセックスの世界に引き込まれると、そこから抜け出すのは難しくなります。本当に難しいのです。ですから、お父様が幼い孫の前でも絶対「性」を教えられたのには理由があるのです。それは、本当に重要な教えです。ですから、小さな子供がたくさんいるのに不適切な話題だと言う人がいるのですが、そういうことをなくしたいのです。黙っていてください。ソーシャルメディアを見てください。頭は大丈夫ですか?いい加減にしてください。子供たちは完全にそのようなものにさらされています。現実を見なければなりません。

すべての世界には、シンボルの言葉があります。あらゆるところにシンボルがあります。私たちが、意味があると知らないシンボルにも実際は意味があります。そのようにして働くのが象徴学の性質です。みなさんの目、視覚野は90パーセントの情報を脳で処理します。あることについて身に付けさせたり、考え方を変えさせたりする最も早い方法は、まず何らかのイメージを与えることです。いくつかのイメージについてサタンがあなたの心を変えることができるとしたら、彼はその話題についてのあなたの感じ方をまず変えることができます。実際にあなたは、自分の道徳的な指針に影響を与えることができます。扁桃体の機能、例えば略奪者を見分ける能力と危険を見抜く能力を相対化させます。

世界には非常に多くのイメージがあります。そしてイメージは非常に強力な道具です。サタンがそれを使い、あるは悪の勢力が使い、意識を持った人がそれを使って、影響を与えるのです。それには疑いの余地がありません。

私は南米のサンクチュアリ教会のメンバーのところにいました。そこで彼らととても親しくしていました。彼らはすばらしい、並外れた人たちで、すばらしい信仰を持っています。しかし、南米では情報がまだ少し遅れています。フルタイムの翻訳者がいませんので、説教もすべては翻訳されなかったりして、他にも色々なことがあります。まだ「沈黙を破って」を翻訳しているところでした。そういう状況です。ブラジルや南米は少し遅れています。ジルソン・オリビエラと他の兄弟姉妹、責任者たちが一生懸命にがんばっています。同時に、彼らは2つか3つの仕事を掛け持ちして生計を立て、それに加えて教会活動をしているのです。それが現状です。

それで兄弟姉妹の中のあるところで、両親がすばらしい方でお父様を愛しているのですが、その子供の一人が、知らないうちにサタン崇拝に引き込まれていて、フェイスブックにもいろんなことを載せていました。その画像のいくつかを今日お見せしますが、そういうことがあってこのような話をしました。これは、単に外の世界で人々に影響を与えているとか、公立学校に行くと影響を受けるとかいう話ではありません。ソーシャルメディアがありますので、ホームスクールをしていても攻撃を受けることがあります。ですから脅威はすぐそこにあります。重要なのはそれに気づくことです。どんなところに行っても注意していることが要求されます。12弟子の問題は何だったかと言うと、イエス様が離れたところで目覚めていなさいと言ったとき、彼らはすぐに眠ってしまいました。注意しなければなりません。あの子供たちのような、5、6歳の小さな子供でも、ソーシャルメディアでこういう問題に打たれてしまいます。彼らは過度に性的なものにさらされるのです。ミッキーマウスクラブがこの国ではストリップクラブになってしまいました。今、ミッキーマウスクラブでセクシーなダンスをするようになっています。子供たちは、それによって過度に性的に洗脳されているのです。

見てください。フェイスブックで見つけたのですが、「サタンはかわいい」という言葉です。KAWAIIはみなさん知っている通り日本語の「かわいい」です。こういうものが若い人の間で流行っています。もしかしたら若い人だけではないのかもしれませんが。若い人たち、これはどのような思想ですか?これは相対主義ですね。これは、サタンはかわいいと主張しようとしています。何でも良いのですが、例えばバッグスバニーがかわいいとか、トトロがかわいいとか、ピカチューがかわいいとかいうのと同じように。もちろん、彼らがやろうとしているのは、子供をサタン的な流れにはまるように変えようとすることです。釣り針を出して、誰が食らいつくかと、餌を付けた針を垂らしてどの子どもが釣れるか見てみようというのです。ここには上下逆さまにした十字架がありますが、これは彼らのシンボルの一つです。悪魔崇拝はいつも反キリスト教であることを覚えておいてください。彼らは決して反イスラム教でないことに注目してください。もしイスラム教に対してこのようなことをすれば、明らかに首を切られて殺されてしまうことでしょう。しかし、キリスト教徒は敵に対する忍耐と愛を教えられていますので、「この愚かな人たちのために祈りましょう」と言うわけです。ここでも忍耐を弱さと解釈し、また思いやりや神様の寛容をも弱さと解釈されてしまうのが事実です。それでこのようなものが巷に出回っている流れの一つなのです。「サタンはかわいい」と。

次は、バフォメットです。これは悪魔崇拝の主要な神ですが、彼らはそれをかわいいアニメキャラクターのようにしています。馬鹿な子供だというのでしょか。なんとも愚かです。彼らは皆さんの子供が本当に馬鹿だと思っています。馬鹿な人なら「こういうのはかわいいと思う」と言うのです。ですから彼らがやろうとしているのは、子供たちが漫画やアニメ、コンピューターグラフィックを受け入れやすいことを知っているので、そのように描こうとしているのです。しかし、彼らは同じシンボルを使っています。真ん中にある勃起したペニスを見てください。バフォメットに勃起したペニスと二匹の蛇があります。それはバフォメットの象徴の一つです。なぜなら彼らはいつも性的な力と支配につながっているからです。私たちはその現実に直面しようとしています。子供たちは、真の父母様を代表する立場にあるのですから、馬鹿なことをしないでください。私は君たちの父親ではありませんが、どういうことかを話しています。馬鹿なことはやめなさい。

見てください。彼らはかわいく見せかけようとしています。これには逆五芒星があります。逆さまのこともありますが、上向きこともあります。六芒星である場合もあります。象徴学のことが何もわからなければ、何のことかわかりません。私はこのようなタイプのカルトや伝統について勉強したことがありません。私が勉強したのは仏教とヒンズー教で、それらは、別の形態のカルトの、より高度な構造につながるような、主流の入り口的な哲学の分野です。それで、このようなものを見てみると、私は様々な種類の印相の象徴を学ばなければならなかったのですが、この手の形は、特にこの像ではとても一般的なものです。一本の指を上に向け、二本の指を下に向けています。基本的な意味は、彼が天地の王子であるということです。彼は天地を所有しているということです。

頭の上に明かりがあります。サタンの光を象徴しています。なぜなら聖書にもサタンは美しく照らされて、輝いている、とあるからです。そのルーシェルと言う名前は、光を生む者という意味で、非常に輝いています。これはとても重要なことですが、神様の光ではなく、ある種の光を持っているということです。それはいつも、知識や知恵というようなものとつながっています。ですからこれらの神秘の暗黒の伝統では、ある種のオカルト的なことをしなければならず、「そうすればもっと賢くなります」「第3の目が開きます」というようなことが、日本の漫画にもありますね。ナルト、ワンピースとか、ドラゴンボール。みんなそのようなことをして、オカルトのシンボリズムを取り入れています。

小さな子供が、「悟空で見た」と言って、緑色の男は誰ですか?ピッコロ?「第三の目が開くのを見た」と。とにかく彼らがそういうものを入れると、子供たちは早く順応してしまって、そういうものがかっこいいと思うようになります。「もしあの目を開く方法を教えてくれれば、強くなれる」というように。オカルトの力に関わるたくさんの武術家がいます。なぜなら、事実彼らは、そういうことをして、印相を結んだりすればもっと強くなれると考えるからです。

真言仏教や密教を信仰した侍も多くいます。それらはみな、手の構え、印相を使用します。ですから忍者も煙幕を出すときにこのように(効果音の口真似)して消えてしまいます。彼らは、こういった様々な異なる印相、手の構え、魔法のポーズを組み合わせていました。なぜなら、そういったものに力が吹き込まれると考えていたからです。しかし、もちろんそれは妄想です。なぜなら、ブラジリアン柔術と総合格闘技のおかげです。ここにも勘違いした馬鹿な忍者がたくさんいますが、「印相のポーズを使ってやっつけてやろう」と言いながら、3分で絞め技をかけられてしまいます。偽りのない武術に感謝です。神様に感謝しましょう。

このような子供向けに作られたアニメがあります。子供をターゲットにしています。なぜなら子どもは漫画のことになると、馬鹿になってしまうからです。馬鹿な子供は、漫画を見ると思考が停止して全部吸収してしまいますよ。彼らもそれを知っているので、かわいく装って、ピンクの色を付けてやれば、君たちの思考が停止して本当に馬鹿になってしまうということです。

ところで、これは自分の子供に言っていることなので、みなさんのお子さんに対してそのように言っているわけではなくて、自分の子供には責任があるのでそのように言っているということです。

彼らが色をピンクに変えれば、幼く影響を受けやすい間抜けな子供は、「みんな、あれを見て。ステッカーを作ってバッグに貼ろう!」と言うわけです。自分が何をしているかわからないおばかさん。今君は釣り針に引っかかっています。釣り針が放たれ、それにつかまってしまい、愚かにもその馬鹿げたものをバッグに付けてしまいます。ですから、サタンが君にどのようなトリックを仕掛けているか知らなければなりません。

サタンはこれにキラキラしたかわいい無邪気な目を付けています。バフォメットはとても無邪気で、ただ生贄の子供を食べるだけですね。赤ん坊を殺して。しかし、彼はとても無邪気です。ガラス玉のような目を光らせて君を見つめます。小さなかわいい目。リボンをして。きっと子供を殺したあとで20分かけてリボンを付けたのでしょう。そしてもちろん逆五芒星がここにあります。これが象徴学です。こういったものが小さな子供が使っているソーシャルメディアに載せられています。フェイスブックは知らないうちにこのようなくだらないものを載せています。わかりますか?親はそのことを話したりしていません。それについて話していないのです。こいったものが出回っていることもしりません。

「ピンクに変えましょう。そうしたらとてもかわいくなる」「あー、赤ちゃんのバフォメットだ」「彼は私たちと同じようだ」「見て、目玉焼きを作っている」「床掃除している。いい子だね」「植物に水をあげている。子供を傷つけたりしないでしょう」どんなふうにゲームをするかわかりましたか。彼らは、君の愚かで無防備な心の中でゲームをしているのです。なぜなら今まで誰もそれに注意しておくように言わなかったからです。だから、善の忍者のように目覚めていてください。

これは、かわいいアニメキャラクターではありません。トトロやポケモンや・・・あれをつかまえようと言って・・・なんというゲームでしたか?ポケモンGo。彼らは子供を偽りの事実で洗脳しています。彼を見てください。ポケモンのようでとてもかわいいです。植物に水をあげているのを見てください。申し訳ないですが彼は子供を食べるのです。そして血の生贄を要求します。どれだけ違ったものに見えるか見てください。

今度はカップケーキです。とてもかわいいですね。
十代の人がいますね。十代のときには、自分を違ったふうに見せたいと思います。実際は思考停止の馬鹿なのに自分はクリエイティブだと思っています。それで自分は違ったように見える物を選ぶのだと言います。こういうものも変わっていますが、「自分はイカしている。イカした人になりたい。自分は扱いが難しい人だ」と言います。君は、こういう愚かなシンボルを受け入れて本当に馬鹿者です。小さい子供は思考停止するので、彼らは君たちがより幼く愚かなときに捕まえたいのです。このようなカップケーキをあげて、若い時に捕まえたいのです。それに対抗するファイアウォールはまったくありません。ファイアウォールなしにコンピューターにウィルスを入れるようなものです。わかりますか。Xboxが永遠に壊れてしまってなくなるという意味です。iPadはメッセージだけになって機能しないということです。それは嫌でしょう。

これが象徴学の言葉なのです。賢くなければこのようにして子供たちを捕まえます。

「ねえ、私の友達を見て。彼女はとてもかわいい。パンクロックのかわいい髪形で自撮りして」「彼女のTシャツを見て。『サタン、万歳。コーヒーを飲む』と書いてある」「とても面白い」「他とはとても違っていて、クリエイティブ」
あなたは馬鹿ですか?これがクリエイティブだと思いますか。これが最高?これは大昔からあるものです。最も昔からある狂った宗教です。それがクリエイティブだと思うのでしょう。最も愚かなことです。「サタン、万歳。コーヒーを飲む」ですって?いい加減にしてください。

そしてもちろん、シンボルがすべてあります。五芒星。骨盤の骨。こういったゴスに夢中になる多くの子供は、単に別のファッション、表現、スタイルだと考えているのです。この馬鹿者たち!すべては象徴学に行き着くことを理解していません。すべてに象徴学がついてきます。そのシンボルを身に着けて称えれば、バイブレーションが起こるようになります。それが自分から発信されていきます。音はしません。あとでYouTubeの動画を見せますが、衝撃を受けるでしょう。異なるバイブレーションが異なる現実を作り出すことを否定できないでことしょう。

このパワーパフガールズたちが森で遊んでいるところを見てください。世界を救い、無邪気に遊んでいますが・・・オカルトの五芒星を囲んでいます!サタンの五芒星です。それがみなさんの子供の漫画の中に忍び込んでいます。何かで忙しいときにこれを遠くから見ても、「ああ、世界を救うパワーパフガールズが、そこで楽しいことをしている」と思うなら、思考が停止しています。そこにはめられてしまいます。かわいらしい動物たちと一緒にデザインされているのを見てください。とても無邪気です。ただ戯れています。ただ楽しんでいるだけ。ただ円くなってゴスペルソングを歌っているだけのようです。
みんな手をつないで、死のカルトとバフォメットのヤギの頭の周りで踊って、単にこのグループの仲間になるだけで、そのシンボルのことを気にしません。

こちらはEtsy(注:ハンドメイドのマーケットプレイス)で販売されているものです。文字通り、「サタン」と書いてあり、爬虫類の目があります。この小さなかわいい愛のハートマークを見てください。頭が空っぽの女たちは、本当にこれがかわいいと思っています。十代の若者でした。彼女たちはこれを愚かにもバッグに付けています。それで自分たちがクリエイティブで特別だと考えているのです。実際は愚かな奴隷です。特別でもクリエイティブでもありません。馬鹿者です。本当に馬鹿です。騙されています。

象徴学は宗教と結びついています。哲学と結びついています。サタンの哲学は何かというと、みなさん知っての通り、ここでも何度も批判してきた相対主義です。それが入口です。人々を相対化させ、善は必ずしも善ではなく、悪も必ずしも悪ではなく、善が悪になることもあるというのです。彼らはまずその哲学を使って、あなたを攻撃します。まず相対主義で攻撃するのです。それはあなたをルーシェル崇拝の宗教に引き込むためです。彼らは哲学を使って攻撃しますので、哲学が重要です。哲学で子供たちに自信を付けさせることがとても大切です。彼らは神学で攻撃する前に、哲学で攻撃するのです。

素敵なアニメみたいな猫ちゃんです。魔法の力を持っています。どれだけ多くの日本の馬鹿なアニメ漫画が、影響を受けやすい子供たちに、自分自身を信じれば魔法の力が得られると約束しているでしょうか。ほとんどすべてがそうです。猫ちゃんの魔法の力があれば、五芒星が光を発してあなたに魔法をかけます。本当にうんざりします。まったくクリエイティブではありません。ひどく古臭いものです。

こちらは「すごくかわいい」とあります。このように、小さな子供がトトロやピカチューみたいに素敵だと思ってバッグに付けるように、サタン的なイメージを包み込んでいます。同じです。冗談ではありません。これは殺人です。彼らは子供を殺そうとしています。彼らがやろうとしていることは。子供を殺そうとすることです。

この馬鹿女はだれですか?ケシャ?彼女は逆五芒星をバックに踊っています。彼女はサタン崇拝の儀式をステージで行っています。音楽の演奏を行っていますが、世界で最も才能のあるアーティストだというのです。自分で作ってもいない音楽を大衆に演奏します。それで背後の大企業が彼らからお金を儲けて、馬のように利用したら、やがては放り出してしまいます。そして馬鹿な子供たちが、実際あんなふうになりたいと思うのです。それで、彼らは、悪魔と踊っていると言っています。それがまるでかっこいいとされているかのように。その男はオカルトの、死のドクロの仮面を付けています。そして逆五芒星です。

レディー・ガガ?いやピンクでした。ばかげたパフォーマンスをしています。脚を見て下さい。チェックの白と黒の模様があります。簡単に言うと、非二元論であり、フリーメイソンです。多くのカルトの寺院に白と黒のチェックの床があります。つまり、悟りの座に着くには、白と黒のチェックの床を超えなければならないということです。彼らが主張しているのは、ほとんどの人が二元の世界、正しいか間違っているかという白と黒の世界に住んでおり、それがその床であり、彼らの言うところの基本的な意識だということです。ですから、世界の人々がもし本当に偉大になりたければ、二元を超越して悟りを開かなければならないということです。つまりそれは、自分が神になって、善悪を決めるということです。それは悪魔崇拝です。自分で善悪を決めることはできません。善悪は既に決まっています。神様の基準から来るのであって、人間から来るものではありません。

ですから、例えば彼女の左の胸にハート型がありますが、感情は非二元の上にあるということを言っています。フリーメイソンのイコノグラフィーもあります。自分の感情を信じなさいということです。それはあの愚かなロマンチックなドラマで女性たちに語りかけることです。あなたは殺されます!あの馬鹿な不良少年の言うことを聞いて、彼はあなたの体のために嘘をつき、奪い、追い出します。彼はあなたを利用して吐き出します。そして何のために泣き叫ぶのでしょうか。それは問題です。

その業界には様々な多くのオカルトシンボルがあります。彼らがみなルーシェル崇拝者だと言っているのではありません。しかし、彼らは、自分たちではかっこよくてクリエイティブだと思って象徴学を使っています。セックス・カルトに入っている人も、中にはいるかもしれません。その愚かな人々の中には、音楽業界に入って、誰か知りませんが、ジェイ・Zか誰かがやっているから、ただかっこいいと思ってやっている人もいます。自分もかっこよくなりたい、合わせたいということです。

見てください。666のシンボルの中に片目があります。彼らの手には三つの6があります。それがこれをやっている理由です。6が一つ、また一つ、また一つと、それぞれの指にあります。象徴学において彼らが遊びにしているのがこれです。彼らは片目を覆って遊んでいます。それはつまり、盲目の人々の世界で片目の男が王だと言っています。ですから彼らはみな、片目のイメージを持っています。つまり、すべての愚かな大衆は盲目で、自分は片目で悟りを開いているのでついてきなさいということです。仏教ではこれらは印相と呼ばれます。しかし、彼らはみな音楽業界の人たちです。

これはホルスの目と呼ばれるものです。馬鹿なケイティ・ペリーは、手にイエス様の入れ墨を入れて目を持っていますが、彼女は売春婦です。完全に音楽業界に対しての売春婦です。そして、とてもオカルト的な異教崇拝のホルスの目を持っています。それは、歴史的に数多くの子供の死の犠牲を捧げてきました。まったく思考の停止した馬鹿者です。彼女は数多くの子供を殺害したシンボルを掲げています。どれだけ愚かになるというのでしょうか。しかしもちろん、彼らは別のタイプのシンボル、アートだと思っています。このような種類の片目の象徴学はドル紙幣にもあります。ノヴス・オルド・セクロールムとあります。時代の新秩序という意味です。ジョージ・ブッシュも言っていた言葉です。愚かなグローバリストたちがみな話していることですが、それらはみな世界規模の共産主義を意味していて、上から規則を作り、そのピラミッドの中の他のすべてが奴隷になります。それがすべての意味です。新しいことは何もありません。同じ単純な構造です。

2015年にマドンナは、グラミーでこのパフォーマンスを行いました。彼女はステージでまさしく悪魔崇拝を行っています。そして子供たちはただこれを見て、かっこよくてクリエイティブで、芸術的だと思います。最悪の事をしているのに、「ああ、これは芸術だ」と言って気を許すとは、なんとばかげたことだろうかというのです。それは、誰かと戦っていて「そこで顔を殴るまで待っていて。これは芸術だから」と言われて「OK、どうぞ」と言っているようなものです。本当に馬鹿げたことです。そのようにして殴られたら、世界で一番間抜けな武術家になります。

このレディー・ガガは、グラミーか何かでセックスのようなパフォーマンスを行っています。見てください。666のシンボリズムがあります。見てください。このポーズは目的を持ったものです。このような人と遊んだらかっこいいなどと思わないでください。馬鹿なことはやめなさい。分かりましたね、君。馬鹿なことはしないで。

これは本物の悪魔崇拝です。アントン・ラヴェイというサタンの教会を作った人です。確かカリフォルニアだったと思います。実際に悪魔崇拝を実践しています。彼のポーズを見てください。彼はビデオの中でそれが悪魔の儀式で使用される実際のシンボルだと言っています。YouTubeでもインタビューを見ることができます。現実の悪魔崇拝の司祭です。このシンボルはサタンを称賛するものです。彼らはこのシンボルをロックン・ロールのシンボルとして推進しています。しかしそれはサタンを崇拝するものであり、実際に悪魔の儀式で使用されるポーズです。しかし、彼らは主流のものを作って、人々が何も考えることなくこういったものを取り入れて、かっこいいと思うようにしています。
こちらではバフォメットのヤギが後ろにあります。これらは彼らが行っている悪魔崇拝のセックス儀式の画像の一部です。女性は馬鹿なことをしないでください。彼らはあの小さなかわいいバフォメットの赤ちゃんをピンク色にしていましたが、馬鹿な、狂った愚かなことはしないでください。あなたを引き込んだらセックスをしようとします。馬鹿なことをしないでください。あの馬鹿女に「儀式をするだけです」「楽しいですよ」と言ったに違いありません。しかし、どんどんエスカレートしていき、アントン・ラヴェイ氏がやってきます。彼は悪魔の教会の司祭です。彼は子供と一緒に儀式をしています。祭壇の上の裸の女性の横に子供がいます。嘘ではありません。ふざけているわけではないのです。馬鹿なことはやめてください。

また別のセックス儀式の画像があります。いいでしょうか。あの小さな赤ちゃんヤギをピンクにかわいくして、君たちのリュックに付けさせようとしている悪魔主義者は、セックスカルトにつながっています。そして君たちをそこに入れたいのです。それでレイプされるでしょう。馬鹿なことはやめなさい。セックス儀式だけでなく乱交も行われます。
「見て、これはただの儀式ですよ。彼は笏と剣を持っていて、抑制されています」
いいえ、違います。彼は次に体に触り始めます。体に触り始めるのですよ。馬鹿者たち。馬鹿なことはしないでください。彼らは嘘をつきます。「ただのちょっとした儀式だよ」ではありません。馬鹿者!頭脳があるはずですよね。馬鹿な女の子だ!愚かな女性たちです。この微笑み返している男たちを見てください。彼を見なさい。あのピンクのかわいいバフォメットが無害だ、かわいいと言って、何も悪いことはしないと言っているのでしょう。愚かな、馬鹿なことはやめなさい。

彼らは彼女たちに崇拝させています。ご覧のように、セックス儀式の中で何かを求めさせているようです。彼は悪魔のサインを使っています。儀式だけではなく実際に性的な乱交を行い、それでその称賛は誰に向けられますか?サタンです。自由社会セミナーで國進兄さんが見せてくれた、若い女性のインタビューを思い出してください。邪悪な悪魔崇拝の祖母が、彼女をセックスカルトに行かせて、6、7人の男にレイプされるところを見ていました。そして彼女は11歳になるまでに7回も妊娠し、彼女に自分の赤ちゃんを殺させ、切り裂き、ルーシェルに捧げ、彼女に肉を食べさせていました。BBCが制作した、その実際のインタビューを覚えているでしょうか。その人々はふざけてやっているのではありません。みなさん、これは現実なのです。信じないという人は馬鹿者です。信じたくないという人は本当に大ばか者です。こういう馬鹿者たちは本当にいます。馬鹿なことはしないでください。

これらは伝統的な秘術で印相と呼ばれています。もちろん、仏教やヒンズー教、ヨガでも見られます。この印相というのは古代ヴェーダの伝統であり、様々なポーズがあります。例えばその中の一つは、「消化を促進する」と説明しています。たぶん子供を食べるときに消化を助けるのだろうと思います(笑)。この人たちは狂っています。このように様々な印相があります。

馬鹿な日本のアニメ、間抜けな思考停止の異教のアニメを見るのは楽しいかもしれませんが、君たち、馬鹿なことはしないでください。君たちは、決して魔法の力を持った馬鹿な主人公のようにはなれません。魂をサタンに売り渡して地獄に行かない限り。そういうオカルト的なことができるスーパーヒーローには、残念ですがなれません。自己陶酔の自己崇拝者になるだけです。惑わされた馬鹿者になるだけです。MMA(総合格闘技)のファイターにやっつけられ、ブラジリアン柔術のファイターが来て君を締め上げます。どんな印相を結んでいても関係なく、君を締め上げてしまいます。ほんとうに愚かな武術家もいます。まさしく伝統的な忍術ではこのような迷信的なまやかしを伝統的に信じています。これを使って魔法の忍者パワーが得られると本当に信じています。そして子供もそれが本当だと信じています。ばかげています。MMAのリングに上がれば本物の武術家に殺されてしまいます。

見てください。西洋の女性がいます。彼女は古代ヴェーダの印相を結んでいます。今、欧米全体でヨガが主流の活動として受け入れられていますが、多神教のルーツを理解していません。そしてそれは、入り口として、相対主義をも受け入れさせるようにします。彼らは、みなさんをより高度な体制へと導く前に、まず、相対主義で攻撃する必要があります。相対主義で洗脳されるのですが、ヨガがその役に立っているわけです。ですから、もしヨガをやるなら、神様のヨガ、キリスト教に基づいたヨガ、聖句と神様の愛に基づいたヨガをやってください。体は神様の神殿なのです。好色なソニア・シンのような馬鹿者はだめです。額にマークを付けさせて、タントラヨガのセックスをさせます。

私がハーバードにいたときも、ジェニー・ヤッソという名前の先生がいましたが、彼女はシャンバラの伝統を持ったチベット仏教の師と修行しました。コロラドで、彼の名前は何といいましたか・・・名前は思い出せませんが、彼はコロラドでチベット仏教のシャンバラの仏教宗派を設立し、大きな建物を作りました。彼女は、彼が60代のときに一緒に修行していました。そして彼はすべての女性と寝て、タントラセックスをしていました。悟りを開いた師とセックスをしなければならないのです。彼はそのすべての女性たちと彼女たちの生殖器を自分のものにしました。愚かな女性たちです。それで、一人の生徒が質問しました。「教授、あなたはそれをしたのですか?」そして、彼女はそれについてコメントを拒否しました。それから「いいえ、やっていません」と言っていました。

これはチベット仏教の曼荼羅です。これらはみな、異なる印相をしています。私は馬鹿ではありませんので、これらを全部知っています。これらの印相はそれぞれ異なる力を持つとされています。しかし、神様に感謝いたします!私はみだりに神様の名前を使っているわけではなく、本当に感謝しています。神様は、本物の武術の訓練を通して祝福を与えてくださいました。なぜなら、このような妄想から抜け出すのを助けてくれたからです。あんなことをしても霊的パワーは得られません。妄想を抱くだけです。肉体的な能力も得られません。妄想を抱くだけで、ブラジリアン柔術の白帯に倒されてしまいます。私が保証します。馬鹿な忍者の印を全部やってみてください。ケイリンがあなたを倒します。本当ですよ。

それで、これは様々な種類の、アバヤ印とかノフィア印とかアムチャカ印とか、こういったすべての印相にはそれぞれの意味が隠されています。こういったものを受け入れてしまうと、相対主義者になってしまいます。他の象徴学の伝統を受け入れ、他のオカルトの伝統を受け入れ、他の・・・というふうにして悪魔崇拝の梯子を登って行くのです。それで何に行き着くのでしょうか。善悪を超越し、非二元となり、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)の悟りを開き・・・。あなたは愚か者です。妄想を抱いた頭のおかしな人です。自分がそういう力を持っていると主張する人に会ったことがあります。彼らは妄想を抱いているだけです。私なら彼らを5秒以内に絞め上げるでしょう。

さてこれらの印相の伝統は、非常に古くからあります。もっともらしいキリスト教のイコノグラフィーにも浸透していました。ギリシャ正教、ロシア正教、カトリックのイコノグラフィーには、秘密結社のオカルト的イコノグラフィーが取り入れられてきました。イタリアの秘密結社には、あらゆる種類の秘密結社の形態があり、フリーメイソンの支派で、イタリアのメイソン支派など、こういった支派はローマから出てきました。テンプル騎士団の支派等も。彼らも最初は良かったかもしれません。善なる意図で始めたのかもしれませんが、時がたつにつれ支配されていきました。なぜなら、秘密の活動をしているからです。善なる意図をもって始めていても、数世代のうちにサタン的になってしまいました。なぜなら、秘密の活動をしているからです。まるで家庭詐欺連合のように、透明性がまったくありません。それで彼らにはイエス様が秘密の暗号を使っている図があり、それらは、イタリアの秘密結社、薔薇十字団の中に存在しています。これらの様々な秘密の手の形があります。ふざけています。

こちらはもちろん、女神崇拝です。カトリックの聖母信仰ですが、カトリックでは主流になっています。彼らは女神を崇拝しています。聖書にはありません。マリアを原罪のない女神として崇めています。彼らは天の女王と呼んでいます。神様の母と呼んでいます。マリアのイコノグラフィーを見てください。ほとんどのものが月の円盤に乗っています。おかしくはないですか?これに気づいたことがあるでしょうか。別の物をお見せします。こちらにも月の円盤があります。おかしくないですか。別のものを見ましょう。彼女は月の円盤に乗っています。なぜマリアは月の円盤にのっているのでしょうか。聖書にはそのような内容はありません。もう一つ、また別の月の円盤です。おかしいですね。全部月の円盤です。一体どこから来たものなのでしょうか。

それはパウロが非難していたものです。彼は町でダイアナのカルトを非難していました。ダイアナのカルトには、神殿娼婦がいました。ダイアナとアフロディーテ、ヴィーナスに対する崇拝です。神殿に少女がいました。ちょうどヒンズー教のイェレマの女神でやっていたように。彼らは幼い少女を売っていました。司祭に娘を渡して、売春婦にさせるのですから、親は狂っています。5人の男性にレイプされて、売春婦になっていました。それで司祭に捧げるのだというのです。これはパウロが避難していたカルトです。彼はダイアナのカルトを非難していました。それなのにカトリックはイコノグラフィーで月の女神を表して、ダイアナのカルトを取り入れているのです。ですからカトリックは神様を崇拝していません。偽りの神を崇拝しています。偶像はだめです。一つ目の戒めです。私(神)以外の偶像をもってはならない。他の形で崇拝してはいけません。皇太后を崇めるのは偶像崇拝です。そしてもちろん、どこにつながるかといえば、家庭詐欺連合につながります。彼女(韓オモニ)がもう間もなく、月(の円盤)を身に着けていても驚かないでしょう。冗談ではありませんよ。なぜ笑っているのですか。本気ですよ。イコノグラフィーは強力です。象徴学は強力なものです。そうやってたくさんの人々を洗脳するのです。エリートはそれを知っています。

見てください。月の女神、ダイアナです。彼女は月の女神ですが、ハンターを助けに来るといわれます。いい加減にしてください。裸の女性が助けにきたら逮捕されますよ。この馬鹿は狩りをしながら、裸の女性を空想しているのです。そういうことです。「ダイアナに祈ります」と言って裸の女性を想像しています。エロス・カルトでしかありません。ハンターたちが、動物を獲ろうとしてやってきて、周りには女性はいません。「何の話をしようか」「ダイアナの宗教儀式について話そう」(笑)「やってもいいのか?」「ああ、妻は教会に行くべきだと言っていた」「OK、じゃあ月の女神ダイアナの話をしよう」「彼女の白い肌や、柔らかな胸や、体の話をしよう。それが今日の宗教的な話だ」馬鹿者たちが何をやっているか分かっています。頭の中で悪魔とデートしているようなものです。パウロが諌めていたことです。ハンターの女神などではありません。自分がだめな人間だから空想しているだけです。

(別の絵を見ながら)「彼女はまた別のハンターを救っている。彼はとても疲れているようだ」「私はずっと狩りをしていたけど、あなたはほとんど座っていたじゃないか」(笑)「森の中を走り回っていないだろう」(笑)いい加減にしてください。

また別の女神ですが、彼女は処女とされています。女神は永遠に処女です。そうです。彼女はあなたとだけ寝たいと思っています。このカルトの馬鹿者!何と愚かな人たちでしょうか。彼らはただ肉体的な欲望を満足させるだけです。そして、それに付随する嘘を作り出します。ソフトな種類のポルノに過ぎません。大昔のパッケージの宗教です。そしてダイアナの祭壇に供え物をすれば報酬として本物の女神が与えられます。つまり売春婦です。彼らは女神と呼びたいかもしれませんが、それは売春婦です。汚らわしい売春婦です。

月の女神のイメージを見てください。太陽が封じ込められた月のイメージは、エジプトでも見られるものです。エジプトとローマは遠いように思うかもしれませんが、地中海沿岸の地域は非常に密接でした。こことフロリダよりずっと近かったのです。船がしょっちゅう行き来していました。その文明がどれほど近かったか、私たちは住んだことがないので知らないだけです。

こちらはエジプトの牛の神です。角の構造がわかるでしょう。

別の形ですが、蛇に囲まれたり、このように羽に囲まれたりすることがあります。異なるイコノグラフィーですが、このような太陽の円盤を持って、円弧を象徴しています。

そしてこのような種類のエジプトのイコノグラフィーの中にもあります。これらは全部つながりがあります。なぜなら、こういったイメージというのはすべて、占星術と関係があります。哲学があり、カルトの宗教の中に占星術があります。タロットカードやそういったものもこれらの宗教の一部です。神秘主義の一部です。それは迷信的なものです。例えばこのような異なる神々は、異なる占星術的な体や天の体とつながっています。

例えば土星があります。土星、闇のロードと関係しています。その惑星にはもちろん輪があります。円盤のような輪があります。そして現代において、NASAはその北極の写真を撮ったのですが、見てください。北極が本当に六芒星のような形をしています。悪魔崇拝者はこのNASAの写真を理由に、この惑星が好きです。六芒星がここにあって、多角形もあります。これはサイマティクスのシンボルです。サイマティクスのことを聞いたことがある人はどれくらいいるでしょうか。知っている人はいますか。ビデオを見てみましょう。

これは、金属の板の上の振動です。これは砂です。金属の板の上に砂があります。

音色が変わると異なる模様が描かれるのがわかったでしょうか。実際にそれが分かったと思います。物質を変化させるのです。これはうそではありません。バイブレーションとかそんなことは全部でたらめだという人がいるでしょう。そうではありません。ある周波数を受けると物が変化します。別の人が開発した機械があるのですが、それは水で行います。水に異なる拍子を与えて、その周波数を上げていくと模様が変わっていきます。六芒星や多角形、五芒星、四角形、と、その拍子を使うことで様々な模様を作ることができます。おもしろいと思いませんか。異なる音で物質を変化させられるということについては、サイマティクスが現れるまで、物理的に証明されていませんでした。サイマティクスは、振動によって物資を変化させられることを示しています。

それで、そのようなオカルトのシンボルの世界で何かやっているとき、すべてのシンボリズムは、音につながっています。悪魔崇拝の祈祷、ヒンズー教の詠唱、仏教の詠唱も関係しており、ある種の魔術的な形式で詠唱しています。それらは何かを表現したものです。それぞれの音節が実際の仏や神々を表しているのです。サイマティクスの前までは、本当に影響があるのかよく分かりませんでした。今、音が本当に形を持つということがわかります。まさしく物質が変化していきます。そのような音色がぶつかるということが想像できるでしょうか。血液の80パーセントは水です。あれは砂でしたが、水も形が変わっていきます。つまり体も形を変えていくということです。音波によって影響を受けています。人々は、どんな微妙な魔法が自分に使われるのか見当がつきません。思考が停止しています。自分では頭が良いと思っていても、愚かです。間抜けになるように教えられてきました。

土星はまた、黒魔術のキューブとして知られているものと関係があります。この黒魔術のキューブは、9つの数字のセットで、上でも下でも、どの組み合わせでも、15になります。数秘学では一桁の数を導くことを求めます。すべてが15になるのであれば、一桁の数にしたいので、1足す5は6で、666となります。それで上にも下にも666となります。では、なぜ土星とこれが関係あるのでしょうか。

六芒星ですが、ここに六角形があります。立方体にも見えますが、外側の線だけを見てください。1、2、3、4、5、6ですね。六角形は平たくした立方体です。六角形があるとするとそれは立方体になります。立方体に見えますね。そういうわけで、悪魔崇拝者は土星を愛しています。なぜなら六芒星が発見されたからです。もちろんそれは、象徴学とも結びついています。しかし、彼らの計算とも合致した立方体があり、それは数秘学による666とも一致します。彼らは本当にこういったことに熱中しているのです。正直言って、これを勉強するのは頭が痛いことです。

十字架を再構築すると立方体になります。十字架を壊すと立方体が得られます。折りたたんで立方体の形にすることができます。もちろんこれは、土星の模様に結びつきます。

ここには多角形があります。これは炎の星と・・・。下の星は何と呼ばれていますか。通常これは、ダビデの星と呼ばれています。おかしくないでしょうか。ダビデは星など持っていません。旧約聖書にはまったく書いてありません。それをダビデの星と呼ぶのは変ではないでしょうか。しかしこれは、古代のカルトのシンボルなのです。これはもちろん、二つの三角形を組み合わせたシンボルです。古代の繁殖の神のカルトがそれを男根とくぼみのシンボルと呼んでいました。男性と女性です。しかし、お父様が語られているような結婚の意味ではなく、神々のことです。それはお父様が語られていたことではありません。お父様は凹凸のことを話すとき、結婚と血統、そして絶対「性」のことを語られていました。

これは有名な会社で、見たことがあるでしょう。ヘブライ語の数字で、数字の6をそのように書きます。モンスターのマーク(注:「モンスターエナジー」のロゴの解説)のようですが、実際は666です。ヘブライ語の数字です。ですから、例えば私はナイキを買いたくありません。その名前がギリシャの迷信的な偽の神(注:ニケ)から来ているからです。私はアンダー・アーマーのほうが良いです。なぜかというとエペソ人への手紙5章を思い起こさせるからです。「神の武具を身に付けなさい」(笑)アンダー・アーマーはとにかくかっこいいです。私はスポンサーではないので、お金はもらっていませんよ。

重要なのは、こういったシンボルが周りにたくさんあるということです。若い人も年を取った人も、そういう象徴学や、周りにあるものに意味があり、神学があることを知らないのです。重要なのは、こういったことについてよく注意しなさい、知っておきなさい、教育を受けなさいということです。

ここにちょうどそのダビデの星があります。誰かこれが何か知っていますか。これは家紋です。誰の家紋でしょうか。そうです。ロスチャイルドの家紋です。ロスチャイルドはもともとドイツから来ました。元々の名前はバウワーでした。名前をロスチャイルドに変えたのですが、それは赤い盾という意味です。そして、この異教徒のシンボルを、家紋を表すものとして選びました。それで、イスラエルを建国したとき、イスラエルの国に家紋と同じシンボルを青色で入れたのです。事実、伝統的なユダヤ人は幕屋の中にあるメノーラー(7枝の燭台)にしたいと思っていました。彼らは、本当は神の臨在を象徴するメノーラーにしたかったのです。

さてこのダビデの星は、古代エジプトのヤギ崇拝にまで遡ります。メソポタミア文明にも星があります。異なる種類のダビデ的な星ですが6カ所が尖った星です。五芒星だけでなく、六芒星もありました。何故なら、五芒星では、蝋燭のような火のついた上の部分がありません。六芒星になると、その頭から光、つまりその力が現れてサタンの宮殿となります。バフォメットを見ると、それは実際生殖器と結びついています。ペニスが勃起して、二匹の蛇が出てきます。それは、彼の頭にある啓発を表すものと一致します。何ですか?その女性たちはペニスという言葉を聞いたことがないのですか(笑)。そういうことです。本当に狂っていますが、事実です。

これはその大ばか者、ロスチャイルドです。彼は500兆ドルの価値の財産を持っています。彼が所有している銀行のリストを見ました。なんということでしょう!韓国の銀行も持っています。日本の銀行も持っています。明らかに米連邦の銀行もそうです。EUのドイツ銀行、すべてを持っています。まったくばかげています。すべてのリストがありますが、全部で500兆ドルの価値のものを所有しています。そのようなお金があれば、簡単に人々を悪魔崇拝に引き込むことができます。

この馬鹿者を見てください。近親相姦の血統に支配された下劣なロスチャイルドの女性です。おそらく過去8世代ほど近親交配してきたことでしょう。彼女はバフォメットのネックレスをしています。彼女は別の男爵夫人の写真にも写っていました。彼女はバフォメットのイコノグラフィー、象徴が装飾されたネックレスをいくつも持っています。もちろん彼らはオカルト的なことをすることで有名です。ヤギの頭や、仮面をかぶって、仮面パーティーを行っています。とても有名です。仮面パーティーで何をするのでしょうか。それは乱交です。そして悪魔の儀式です。

数日前のものですが、イギリスの女王とその看護師の写真です。彼女のベルトを見てください。五芒星があります。それからフリーメイソンの印です。フリーメイソンの印もまた、ある種の星に関連しています。

例えばここでは二つの柱があり、これらはボアズとジョアキンの柱で、ソロモン神殿の前にあったとされています。それでフリーメイソンは彼らの神殿のすべての柱にそれを使っています。二つの柱を見たときに、星と、チェックの床と目があります。これはカルトです。そのような馬鹿なところに行かないでください。下には棺桶があります。様々な種類の小さなイコノグラフィーがあることに注目してください。

違ったレベルの別の画像もあります。すべてを見通す神の目が上にありますが、実際はサタンです。死のカルト崇拝であり、五芒星があり、様々なものがありますが、すべて象徴です。でたらめな芸術的装飾ではありません。そのカルト、宗教、神学における特定の意味を持っています。そして教えを受けた人々はそれぞれのシンボルの内的な意味やパワーと実践方法を知っているとされています。そして、普通の人には、それはちょっと難しいのだと言います。あなたが笑われる番です。

こちらにはまた異なるレベルのものがあります。どれくらい正確なものなのかはわかりませんが、入手できるものです。ナイト・テンプラー、薔薇十字、ブルーロッジ、マスターメイソン。低い階層からピラミッドを上がって高い階層まで行くと、基本的に最高のレベルはルーシェル崇拝であり、完全な悪魔崇拝です。内部に入れば、エリートのネットワークが世界中でつながっています。みなさんも友達とつながりがありますね。エリートもエリートの友達とつながっていると思いませんか?いい加減にしてください。思考停止にならないように。

またこれですが、(フリーメイソンの)皿です。こちらは指輪。ここにも実際にその指輪をしていた人がいました(笑)。私たちは君がどこから来たのかわかるよ、と言っていました(笑)。

そしてまたバフォメットです。しかし、今度はフリーメイソンの柱の間にいます。ヤギの神、バフォメットがフリーメイソンの柱の間にいます。彼らがどれだけ密接につながっているかわかります。こういったカルトの組織はつながっているのです。別々の伝統のように見えても、実は頂点でつながっています。悪魔の、ヤギの頭の司祭がいます。勃起したペニスと二匹の蛇。なぜこれらはいつもセックス儀式と関連しているのでしょうか。なぜサタンやバフォメットのイメージをかわいく見せようとするのでしょうか。なぜ二匹の蛇が付いた勃起したペニスがあるのでしょうか。彼らは知っているのです。ルーシェルは知っています。100パーセントわかっています。他のクリスチャンはこういったことを聞かされず、触れることがないので、引き込まれてしまうということです。この象徴を見てください。逆さまのピラミッド、横線の入ったピラミッド、五芒星、アルファオメガ、逆五芒星、線のない逆さまのピラミッド、線の付いたピラミッド、こういった細かなものがすべて異なる象徴なのです。カルトに入って教えを受けた場合にだけ、パワーの秘密を理解するというのですが、それは別に特別なことではなくただの悪魔崇拝であって、それがパワーだと言っているだけです。それだけのことなのです。そして悪魔によって苦しめられることになります。

レディー・ガガは2年間休養していいましたね。ある大学で彼女が受けたインタビューを見ましたが、彼女は2年間音楽活動から離れていました。そして彼女は、夜恐ろしい夢を見ると言っていました。それは悪魔が彼女を貪り食おうとする夢でした。本当に気が狂いそうだと言っていました。あなたは思うかもしれません。サタン的なイメージのものを身に着け、四六時中、悪魔を見ていると・・・。子供たちはみんなD&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ:アメリカのテーブルトークRPG)で遊ぶと思いますが、君たちは悪者のキャラクターでは遊びませんよね。しかし、悪のキャラクターで遊んでいると、例えそれが空想の世界のことでも、後ろから人を刺したり、嘘をついたり、自分が欲しい物を得るためにだましたり、人を殺したりしていると、自分が悪魔になってしまいます。自分自身が邪悪になっていきます。國進様がそういうアドバイスをしてくれました。D&Dで遊ぶ若い人たちはそれを忘れないでください。彼はそのゲームのことを良く知っていますので、アドバイスしてくれています。

想像したイメージは心にしみ込みます。心で集中することに自分も近づいていきます。ですから、悪のキャラクターの役で遊ぶと、「自分はならず者だ」「やつの首を切ってやる」と言って、それがかっこいいと思うかもしれませんが、やがて悪魔になっていきます。そしていつか、善人に撃たれることになってしまうでしょう。なぜなら、天一国では、善人であるほどより強くなるからです。自分が悪者になろうとして人を殺そうとするなら、自分が死にます。やっても無駄です。スイスのチーズみたいに潰されます。

棺桶が下にあります。
(ピンクのバフォメットの絵)「見て、見て、あれが彼ですよ。彼はかわいいでしょう」
(本当のバフォメットの絵)「いや、あれが彼だ」
(ピンクのバフォメットの絵)「いいえ、こちらが彼です」
(本当のバフォメットの絵)「いや、あれが彼だ」
(ピンクのバフォメットの絵)「いいえ、こちらが彼です」
どのようにして彼らがあなたの心をもてあそんでいるか理解してください。
(本当のバフォメットの絵)「いや、あれが彼だ」
(ピンクのバフォメットの絵)「いいえ、こちらが彼です」「彼は花を育てて、君と同じように目玉焼きを作って、町を掃除してとてもいい子だ」
そして子供を食べるのです。「でも彼はそこで食べた後掃除しているのですよ」(笑)
子供たち、馬鹿なことはしないでください。

見てください。この画像(ピンクのバフォメット)に慣れてしまうと、それは無邪気なイメージに見えます。このイメージのいくつかを分析してみましょう。全部五芒星がありますね。とても無難な感じにしています。とても無害な感じです。みんなピンク色です。黄色い星がついています。星の子供になりたくないですか?とてもかっこよくて、かわいいです。このイメージに慣れてしまいます。それで自分のファイアーウォールを解放してしまいます。ファイアーウォールが弱くなり、そうなるとそれが入ってくるようになります。なぜなら、このような種類の絵(ピンクのバフォメット)は、いつもこのような絵(バフォメットらしきものと裸の女性)につながっていくからです。

このような種類のアートや象徴(ピンクのバフォメット)を受け入れるようになると、必ずこのようなもの(バフォメットらしきものと裸の女性)も美しいと思うようになってきます。そこでバフォメットがいると、「あっ、友達がいる。彼はピンクでかわいいやつだったな。彼は友達だ」「彼は十字架に付けられたイエスを嘲り、玉のぶら下がった大きな勃起したペニスを持っていて、レイプした裸の女性を絞め殺そうとしている」(ピンクのバフォメットに切り替えて)「でも彼はとても優しくてピンクのやつだ」となるのです。わかりますか。子供たちは馬鹿なことをしないでください。ここでは隠してありますが、インターネットで見たら彼の勃起したものが分かります。彼らは遊びまわっているのではなく、あなたを殺したいと思っています。殺したい、レイプしたい、そして血だまりの中にいるあなたを見て笑いたいと思っています。

そうです。あの若い少女にしていたように、まさしく子供たちに植え付けようとしています。彼女に子供を殺させて、食べさせました。この人たちはまさしく地獄から来た人たちです。ほとんどの親は、このようなものが存在することさえ子供に教えていません。それが問題です。なぜならこういったものに引き込まれてしまうからです。

ですから、これは戦争だということを知らなければなりません。戦わなければならないという考え方がとても重要です。ヨガや仏教などたくさんの哲学がありますが、私はそれらが平和主義の哲学、非武装の哲学を教えていることを100パーセントわかっています。そのような言葉を聞くときはいつも、みなさんのファイアーウォールを弱くしようとすることを意味するので、善悪を判断することができなくなります。残念ながら仏教でも結局、非二元の精神、究極の阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)の悟りを教えるのですが、それは完全なまやかしです。

そして結論として、そういった様々な哲学が言おうとしていることは何でしょう。「いえいえ、戦う必要はありません。戦うということではなくて、ただ流れに従って動きなさい。川に浮かぶようにして、感情のままに行きなさい」それではだめです!この世の中で戦う方法を知らなければなりません。戦う方法を知らなければならないのです。戦士の精神を持たなければなりません。誰かのために何かやろうとするなら、戦士の精神を持たなければなりません。なぜなら、価値あることは何もできないからです。嘲られ、非難されたらどうしますか。簡単なことなのに一言も言えません。やることは難しいですが、一生懸命やることなしには成し遂げることはできません。もうたくさんです。

聖書では「(信仰の)善き戦いをたたかえ」と言っています。戦いがすべて悪いわけではありません。お母さんたちはみんな、「子供たち、喧嘩してはいけません」と言いますが、そうではありません。戦うことが良い場合もあるのです。「善き戦い」のことを聞いたことがある人もいるでしょう。イエス様は「善き戦いをたたかえ」とおっしゃいました。子供や母親に戦う方法を教えなければなりません。戦うなと教えれば、彼らを殺すことになります。ファイアーウォールを下げてしまえば、彼らは悪魔にやられてしまうのです。子供に喧嘩するなと言わないでください。彼らに正しく戦う方法を教えなければなりません。戦士の精神です。

「神聖さを守りなさい」
音楽、実際の音のバイブレーションが、液体や砂のような物質をどのように変化させるか見ました。それは、本当にあなたを異なる幾何学的な形に変化させます。あなたを変身させます。見ることはできませんが、あなたの体が皮膚の下で変形しています。影響を与えているのです。ですから自己崇拝に満ちた、「自分のことだけで良い」という音楽を聴いているとそのような悪魔に変身していくということです。サイマティクスを見たと思いますが、あのように文字通り体が変化していきます。幾何学模様が変わっていくのを見たと思います。あなたもまさしく悪魔に変わっていくということです。あの動画を見るまで信じなかったでしょう。あの動画は強烈です。水のサイマティクスも見るべきです。もっと恐ろしいです。なぜなら体の80パーセントは水だからです。

自分が使うイメージ、自分の心に誘い込むイメージが影響を与えます。そのような馬鹿なイメージが影響を与えることはないと言うかもしれませんが、親指を立てるのと、中指を立てるのでは同じイメージだと言えるでしょうか?これでそのような馬鹿な主張は崩れます。イメージというのは、意味が含まれているので重要なのです。象徴学というのは常に神学と結びついています。常に宗教と結びついています。自分が使うイメージに注意してください。み言葉に囲まれるようにして、み言葉の力を身に着けてください。

漫画の登場人物のようなものを「かっこいい」とか「クリエイティブ」だとか言って、それは愚かな罠にはまっているのです。画面にみ言葉を付けておきなさい。あなたに力を与えて、弱さやサタンの罠に引き込まれたところからあなたの周波数を変えて、誰かがあなたに力を与えてくれます。超自然の力で満たしてくれます。あなたを愛し、あなたのために死に、あなたのために地獄へ行かれた、唯一の真の神様との関係を築きましょう。なぜならその方は真の愛を持っているからです。それが私のお話ししたいことです。

あなたは自分のイメージを感じ、神様への栄光とその力を伴う象徴を感じます。神様はすべてに打ち勝ちます。今日はたくさんのイメージを見せましたが、これらのイメージは、ただのイメージではありません。またみなさんに戻ってきて付きまとうでしょう。子供たちに言っておきますが、ベッドに横になっていると突然現れてそのイメージの一つが見えるでしょう。私が保証します。今夜寝ているときに、これらのイメージや似たようなものを頭の中で見る人もいるでしょう。それらはパワーを持っています。ただのイメージのようですが、家に帰って暗い部屋で一人きりになると「ああ、今日は何を見たんだっけ・・・ママ、ママの部屋で寝たい」

なぜならこういうものは心の中に残るからです。ですから戦わなければなりません。私がこれを見せようが見せまいが、お父様はそれを広く見せてくださいました。サタンのことを知れば知るほど、その罠に従わなくなるのです。ですから警告しますが、子供たちがこういったイメージを見るとそれが付きまとうようになります。それが癌のように自分の一部になってしまうので、それを切り取ってしまわなければなりません。それは痛いでしょうし、悲鳴が上がるでしょう。

レディー・ガガが言っていた話ですが、悪魔がやってきて「力がほしいか?では手首を切れ」と言ったそうです。彼女に手首を切れと言ったのです。ただの殺すようなイメージだと思っていたかもしれませんが、その背後に隠されたものがあります。力があるのです。そして屈服しないと追いかけてきます。そしてあなたを怖がらせ、「お前を奪ってやる」と言って脅します。「私に屈しろ、さもなければお前を狂わせてやる。のどを切らせてやる。首を切らせてやる」

今日私がやったのは、こういうことですから覚悟しておいてください。ですから、その悪魔を叱る方法を学ばなければなりません。「ここから出て行け!」と言わなければなりません。「神様は力を与えました」「私の中には戦士の精神がある」「悪魔よ、お前は私に屈しなければならない」それは自分が立派だからではなく、私の中におられる主によるものです。

このようなイメージ、オカルト体系にはパワーがあります。注意してください。彼らがあなたを狩ろうとして来たとき、そして怖がらせようとしたとき、戦う準備をしてください。戦士の精神を持ってください。ちっぽけな弱虫、ベッドに隠れるような臆病者にならないでください。戦う準備をしなさい。戦う準備をすれば勝利します。なぜなら神様が私たちに勝利を与えるからです。私たちは勝利するために戦うのではなく、すでに勝ち取られた勝利から戦うのです。

私たちがやるべきことは自分の位置に立つことです。「悪魔よ、そうではない。お前が自分の位置から外れるように脅そうとしても、お前は下劣な馬鹿者だ。私を超える力は持っていない。下等なレベルの馬鹿者に過ぎない。お前がひれ伏して屈服しろ。お前が王の王に屈服しろ」わかりますね。悪魔を追い出してしまいましょう。

これは深刻なテーマです。深刻な問題です。そのサンデースクールの子供たちが早い時期にこれを見ることができて良かったと思います。なぜなら、彼らは簡単に引き込まれてしまうからです。このような狂ったプロパガンダのイメージで。ピンクのバフォメットなど、もうたくさんです。そのため何年もの間に、非常に多くの人が殺されています。かわいく見せかけて、目玉焼きを作らせて、花に水をあげさせて。いい加減にしてください。

みなさん、見てください。血統の話です。最後は血統の戦いです。ですから、愚かな悪魔のシンボルにはいつも勃起したペニスと奇妙な蛇があります。勃起したバフォメットというのは、性的にあなたを奪う準備ができているということです。なぜなら、彼らは性的な堕落だということを知っているからです。彼らは知っています。彼らは、それを実践している人が血統につながるということを知っています。知っているのです。神様の側で、王国を建設しようとする人々、これから来る天一国。私たちはこれが血統の戦いであることを知らなければなりません。彼らに血統を奪われてはなりません。みなさんの血統は尊いものです。あなたの血を流してはいけません。その血統は千年王国が来るために戦われてきたものです。それを汚さないでください。

天聖経127ページ(英語版)
私たち人間は、血統的にサタンの血統を受けているので、自分では天の前に戻ることができません。ですからメシアが絶対血統を復帰し、サタンが汚した血統を改造しなければなりません。これを転換しなければなりません。
それゆえメシヤは、必ず来なければならないのです。メシヤが来なければ血統復帰がなされません。血統復帰をしなければなりません。

ですから、お父様の権威に戻ることがとても重要です。それが本当に重要なのです。サタンに引き込まれた人々がいましたが、彼らはお父様の血統に戻りました。真のお父様の権威に戻ったのです。それが重要な点です。なぜなら、その戻ったところから新たな成果が生まれ得るからです。私たちが死ぬまでそのような種類の贖いがあります。もちろん世界がもっと安定してきて、死ぬのが簡単になっていきます。いつ死ぬかはわかりません。しかしお父様の権威に戻ることが非常に重要です。

サタンは非常に多くの魂を奪ってきました。もっと心をかたくなにして、人が悔い改めないようにしました。それがあなたを妨げているものです。それで、サタンに奪われた人がいますが、彼らは悔い改め、自分たちが生かされたということを理解しています。そして、もちろん完璧な人はいませんが、彼らは屈服し、神様の権威に戻ってきました。それで彼らは神様の家族のもとにあります。神様の権威とキリストの権威に戻るということが重要なのです。なぜなら、結局私たちが死ぬときに自分の位置を決めることになるからです。私たちの宝はどこに蓄えるのでしょうか。そうです。

罪というものがあり、共同体の人々は完全ではありませんし、誰も完全な人はいないということを理解することが重要です。サタンは多くの人を様々な方法で攻撃します。しかし、十戒の前で誰が誇ることができるでしょうか。ですから私たち全員が悔い改めと喜びに至ります。なぜなら救いを見つけたからです。私たちは死の判決を受けていましたが、生の判決を受けました。永遠の牢獄。私たちは許しを与えられました。それは信じられないようなことです。その真のお父様の権威に戻るということは、希望であり、未来です。そこに神の国が来ます。メイン州に行ったときそれが見えましたね。

血統です。自分がお父様の、王の王の血統にあることを確かめてください。  

(終わり)
  
翻訳:BAMBOOS
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 
 

2016年10月2日説教「王国の神の光」【英語説教日本語訳】(全文)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中