2016年10月2日説教「王国の神の光」【英語説教日本語訳】(その2)

Kingdom of God’s Light   October 2nd  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

王国の神の光 (その2)Kingdom of God’s light

 

こちらではバフォメットのヤギが後ろにあります。これらは彼らが行っている悪魔崇拝のセックス儀式の画像の一部です。女性は馬鹿なことをしないでください。彼らはあの小さなかわいいバフォメットの赤ちゃんをピンク色にしていましたが、馬鹿な、狂った愚かなことはしないでください。あなたを引き込んだらセックスをしようとします。馬鹿なことをしないでください。あの馬鹿女に「儀式をするだけです」「楽しいですよ」と言ったに違いありません。しかし、どんどんエスカレートしていき、アントン・ラヴェイ氏がやってきます。彼は悪魔の教会の司祭です。彼は子供と一緒に儀式をしています。祭壇の上の裸の女性の横に子供がいます。嘘ではありません。ふざけているわけではないのです。馬鹿なことはやめてください。

また別のセックス儀式の画像があります。いいでしょうか。あの小さな赤ちゃんヤギをピンクにかわいくして、君たちのリュックに付けさせようとしている悪魔主義者は、セックスカルトにつながっています。そして君たちをそこに入れたいのです。それでレイプされるでしょう。馬鹿なことはやめなさい。セックス儀式だけでなく乱交も行われます。
「見て、これはただの儀式ですよ。彼は笏と剣を持っていて、抑制されています」
いいえ、違います。彼は次に体に触り始めます。体に触り始めるのですよ。馬鹿者たち。馬鹿なことはしないでください。彼らは嘘をつきます。「ただのちょっとした儀式だよ」ではありません。馬鹿者!頭脳があるはずですよね。馬鹿な女の子だ!愚かな女性たちです。この微笑み返している男たちを見てください。彼を見なさい。あのピンクのかわいいバフォメットが無害だ、かわいいと言って、何も悪いことはしないと言っているのでしょう。愚かな、馬鹿なことはやめなさい。

彼らは彼女たちに崇拝させています。ご覧のように、セックス儀式の中で何かを求めさせているようです。彼は悪魔のサインを使っています。儀式だけではなく実際に性的な乱交を行い、それでその称賛は誰に向けられますか?サタンです。自由社会セミナーで國進兄さんが見せてくれた、若い女性のインタビューを思い出してください。邪悪な悪魔崇拝の祖母が、彼女をセックスカルトに行かせて、6、7人の男にレイプされるところを見ていました。そして彼女は11歳になるまでに7回も妊娠し、彼女に自分の赤ちゃんを殺させ、切り裂き、ルーシェルに捧げ、彼女に肉を食べさせていました。BBCが制作した、その実際のインタビューを覚えているでしょうか。その人々はふざけてやっているのではありません。みなさん、これは現実なのです。信じないという人は馬鹿者です。信じたくないという人は本当に大ばか者です。こういう馬鹿者たちは本当にいます。馬鹿なことはしないでください。

これらは伝統的な秘術で印相と呼ばれています。もちろん、仏教やヒンズー教、ヨガでも見られます。この印相というのは古代ヴェーダの伝統であり、様々なポーズがあります。例えばその中の一つは、「消化を促進する」と説明しています。たぶん子供を食べるときに消化を助けるのだろうと思います(笑)。この人たちは狂っています。このように様々な印相があります。

馬鹿な日本のアニメ、間抜けな思考停止の異教のアニメを見るのは楽しいかもしれませんが、君たち、馬鹿なことはしないでください。君たちは、決して魔法の力を持った馬鹿な主人公のようにはなれません。魂をサタンに売り渡して地獄に行かない限り。そういうオカルト的なことができるスーパーヒーローには、残念ですがなれません。自己陶酔の自己崇拝者になるだけです。惑わされた馬鹿者になるだけです。MMA(総合格闘技)のファイターにやっつけられ、ブラジリアン柔術のファイターが来て君を締め上げます。どんな印相を結んでいても関係なく、君を締め上げてしまいます。ほんとうに愚かな武術家もいます。まさしく伝統的な忍術ではこのような迷信的なまやかしを伝統的に信じています。これを使って魔法の忍者パワーが得られると本当に信じています。そして子供もそれが本当だと信じています。ばかげています。MMAのリングに上がれば本物の武術家に殺されてしまいます。

見てください。西洋の女性がいます。彼女は古代ヴェーダの印相を結んでいます。今、欧米全体でヨガが主流の活動として受け入れられていますが、多神教のルーツを理解していません。そしてそれは、入り口として、相対主義をも受け入れさせるようにします。彼らは、みなさんをより高度な体制へと導く前に、まず、相対主義で攻撃する必要があります。相対主義で洗脳されるのですが、ヨガがその役に立っているわけです。ですから、もしヨガをやるなら、神様のヨガ、キリスト教に基づいたヨガ、聖句と神様の愛に基づいたヨガをやってください。体は神様の神殿なのです。好色なソニア・シンのような馬鹿者はだめです。額にマークを付けさせて、タントラヨガのセックスをさせます。

私がハーバードにいたときも、ジェニー・ヤッソという名前の先生がいましたが、彼女はシャンバラの伝統を持ったチベット仏教の師と修行しました。コロラドで、彼の名前は何といいましたか・・・名前は思い出せませんが、彼はコロラドでチベット仏教のシャンバラの仏教宗派を設立し、大きな建物を作りました。彼女は、彼が60代のときに一緒に修行していました。そして彼はすべての女性と寝て、タントラセックスをしていました。悟りを開いた師とセックスをしなければならないのです。彼はそのすべての女性たちと彼女たちの生殖器を自分のものにしました。愚かな女性たちです。それで、一人の生徒が質問しました。「教授、あなたはそれをしたのですか?」そして、彼女はそれについてコメントを拒否しました。それから「いいえ、やっていません」と言っていました。

これはチベット仏教の曼荼羅です。これらはみな、異なる印相をしています。私は馬鹿ではありませんので、これらを全部知っています。これらの印相はそれぞれ異なる力を持つとされています。しかし、神様に感謝いたします!私はみだりに神様の名前を使っているわけではなく、本当に感謝しています。神様は、本物の武術の訓練を通して祝福を与えてくださいました。なぜなら、このような妄想から抜け出すのを助けてくれたからです。あんなことをしても霊的パワーは得られません。妄想を抱くだけです。肉体的な能力も得られません。妄想を抱くだけで、ブラジリアン柔術の白帯に倒されてしまいます。私が保証します。馬鹿な忍者の印を全部やってみてください。ケイリンがあなたを倒します。本当ですよ。

それで、これは様々な種類の、アバヤ印とかノフィア印とかアムチャカ印とか、こういったすべての印相にはそれぞれの意味が隠されています。こういったものを受け入れてしまうと、相対主義者になってしまいます。他の象徴学の伝統を受け入れ、他のオカルトの伝統を受け入れ、他の・・・というふうにして悪魔崇拝の梯子を登って行くのです。それで何に行き着くのでしょうか。善悪を超越し、非二元となり、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)の悟りを開き・・・。あなたは愚か者です。妄想を抱いた頭のおかしな人です。自分がそういう力を持っていると主張する人に会ったことがあります。彼らは妄想を抱いているだけです。私なら彼らを5秒以内に絞め上げるでしょう。

さてこれらの印相の伝統は、非常に古くからあります。もっともらしいキリスト教のイコノグラフィーにも浸透していました。ギリシャ正教、ロシア正教、カトリックのイコノグラフィーには、秘密結社のオカルト的イコノグラフィーが取り入れられてきました。イタリアの秘密結社には、あらゆる種類の秘密結社の形態があり、フリーメイソンの支派で、イタリアのメイソン支派など、こういった支派はローマから出てきました。テンプル騎士団の支派等も。彼らも最初は良かったかもしれません。善なる意図で始めたのかもしれませんが、時がたつにつれ支配されていきました。なぜなら、秘密の活動をしているからです。善なる意図をもって始めていても、数世代のうちにサタン的になってしまいました。なぜなら、秘密の活動をしているからです。まるで家庭詐欺連合のように、透明性がまったくありません。それで彼らにはイエス様が秘密の暗号を使っている図があり、それらは、イタリアの秘密結社、薔薇十字団の中に存在しています。これらの様々な秘密の手の形があります。ふざけています。

こちらはもちろん、女神崇拝です。カトリックの聖母信仰ですが、カトリックでは主流になっています。彼らは女神を崇拝しています。聖書にはありません。マリアを原罪のない女神として崇めています。彼らは天の女王と呼んでいます。神様の母と呼んでいます。マリアのイコノグラフィーを見てください。ほとんどのものが月の円盤に乗っています。おかしくはないですか?これに気づいたことがあるでしょうか。別の物をお見せします。こちらにも月の円盤があります。おかしくないですか。別のものを見ましょう。彼女は月の円盤に乗っています。なぜマリアは月の円盤にのっているのでしょうか。聖書にはそのような内容はありません。もう一つ、また別の月の円盤です。おかしいですね。全部月の円盤です。一体どこから来たものなのでしょうか。

それはパウロが非難していたものです。彼は町でダイアナのカルトを非難していました。ダイアナのカルトには、神殿娼婦がいました。ダイアナとアフロディーテ、ヴィーナスに対する崇拝です。神殿に少女がいました。ちょうどヒンズー教のイェレマの女神でやっていたように。彼らは幼い少女を売っていました。司祭に娘を渡して、売春婦にさせるのですから、親は狂っています。5人の男性にレイプされて、売春婦になっていました。それで司祭に捧げるのだというのです。これはパウロが避難していたカルトです。彼はダイアナのカルトを非難していました。それなのにカトリックはイコノグラフィーで月の女神を表して、ダイアナのカルトを取り入れているのです。ですからカトリックは神様を崇拝していません。偽りの神を崇拝しています。偶像はだめです。一つ目の戒めです。私(神)以外の偶像をもってはならない。他の形で崇拝してはいけません。皇太后を崇めるのは偶像崇拝です。そしてもちろん、どこにつながるかといえば、家庭詐欺連合につながります。彼女(韓オモニ)がもう間もなく、月(の円盤)を身に着けていても驚かないでしょう。冗談ではありませんよ。なぜ笑っているのですか。本気ですよ。イコノグラフィーは強力です。象徴学は強力なものです。そうやってたくさんの人々を洗脳するのです。エリートはそれを知っています。

見てください。月の女神、ダイアナです。彼女は月の女神ですが、ハンターを助けに来るといわれます。いい加減にしてください。裸の女性が助けにきたら逮捕されますよ。この馬鹿は狩りをしながら、裸の女性を空想しているのです。そういうことです。「ダイアナに祈ります」と言って裸の女性を想像しています。エロス・カルトでしかありません。ハンターたちが、動物を獲ろうとしてやってきて、周りには女性はいません。「何の話をしようか」「ダイアナの宗教儀式について話そう」(笑)「やってもいいのか?」「ああ、妻は教会に行くべきだと言っていた」「OK、じゃあ月の女神ダイアナの話をしよう」「彼女の白い肌や、柔らかな胸や、体の話をしよう。それが今日の宗教的な話だ」馬鹿者たちが何をやっているか分かっています。頭の中で悪魔とデートしているようなものです。パウロが諌めていたことです。ハンターの女神などではありません。自分がだめな人間だから空想しているだけです。

(別の絵を見ながら)「彼女はまた別のハンターを救っている。彼はとても疲れているようだ」「私はずっと狩りをしていたけど、あなたはほとんど座っていたじゃないか」(笑)「森の中を走り回っていないだろう」(笑)いい加減にしてください。

また別の女神ですが、彼女は処女とされています。女神は永遠に処女です。そうです。彼女はあなたとだけ寝たいと思っています。このカルトの馬鹿者!何と愚かな人たちでしょうか。彼らはただ肉体的な欲望を満足させるだけです。そして、それに付随する嘘を作り出します。ソフトな種類のポルノに過ぎません。大昔のパッケージの宗教です。そしてダイアナの祭壇に供え物をすれば報酬として本物の女神が与えられます。つまり売春婦です。彼らは女神と呼びたいかもしれませんが、それは売春婦です。汚らわしい売春婦です。

月の女神のイメージを見てください。太陽が封じ込められた月のイメージは、エジプトでも見られるものです。エジプトとローマは遠いように思うかもしれませんが、地中海沿岸の地域は非常に密接でした。こことフロリダよりずっと近かったのです。船がしょっちゅう行き来していました。その文明がどれほど近かったか、私たちは住んだことがないので知らないだけです。

こちらはエジプトの牛の神です。角の構造がわかるでしょう。

別の形ですが、蛇に囲まれたり、このように羽に囲まれたりすることがあります。異なるイコノグラフィーですが、このような太陽の円盤を持って、円弧を象徴しています。

そしてこのような種類のエジプトのイコノグラフィーの中にもあります。これらは全部つながりがあります。なぜなら、こういったイメージというのはすべて、占星術と関係があります。哲学があり、カルトの宗教の中に占星術があります。タロットカードやそういったものもこれらの宗教の一部です。神秘主義の一部です。それは迷信的なものです。例えばこのような異なる神々は、異なる占星術的な体や天の体とつながっています。

例えば土星があります。土星、闇のロードと関係しています。その惑星にはもちろん輪があります。円盤のような輪があります。そして現代において、NASAはその北極の写真を撮ったのですが、見てください。北極が本当に六芒星のような形をしています。悪魔崇拝者はこのNASAの写真を理由に、この惑星が好きです。六芒星がここにあって、多角形もあります。これはサイマティクスのシンボルです。サイマティクスのことを聞いたことがある人はどれくらいいるでしょうか。知っている人はいますか。ビデオを見てみましょう。

これは、金属の板の上の振動です。これは砂です。金属の板の上に砂があります。

音色が変わると異なる模様が描かれるのがわかったでしょうか。実際にそれが分かったと思います。物質を変化させるのです。これはうそではありません。バイブレーションとかそんなことは全部でたらめだという人がいるでしょう。そうではありません。ある周波数を受けると物が変化します。別の人が開発した機械があるのですが、それは水で行います。水に異なる拍子を与えて、その周波数を上げていくと模様が変わっていきます。六芒星や多角形、五芒星、四角形、と、その拍子を使うことで様々な模様を作ることができます。おもしろいと思いませんか。異なる音で物質を変化させられるということについては、サイマティクスが現れるまで、物理的に証明されていませんでした。サイマティクスは、振動によって物資を変化させられることを示しています。

それで、そのようなオカルトのシンボルの世界で何かやっているとき、すべてのシンボリズムは、音につながっています。悪魔崇拝の祈祷、ヒンズー教の詠唱、仏教の詠唱も関係しており、ある種の魔術的な形式で詠唱しています。それらは何かを表現したものです。それぞれの音節が実際の仏や神々を表しているのです。サイマティクスの前までは、本当に影響があるのかよく分かりませんでした。今、音が本当に形を持つということがわかります。まさしく物質が変化していきます。そのような音色がぶつかるということが想像できるでしょうか。血液の80パーセントは水です。あれは砂でしたが、水も形が変わっていきます。つまり体も形を変えていくということです。音波によって影響を受けています。人々は、どんな微妙な魔法が自分に使われるのか見当がつきません。思考が停止しています。自分では頭が良いと思っていても、愚かです。間抜けになるように教えられてきました。

土星はまた、黒魔術のキューブとして知られているものと関係があります。この黒魔術のキューブは、9つの数字のセットで、上でも下でも、どの組み合わせでも、15になります。数秘学では一桁の数を導くことを求めます。すべてが15になるのであれば、一桁の数にしたいので、1足す5は6で、666となります。それで上にも下にも666となります。では、なぜ土星とこれが関係あるのでしょうか。

六芒星ですが、ここに六角形があります。立方体にも見えますが、外側の線だけを見てください。1、2、3、4、5、6ですね。六角形は平たくした立方体です。六角形があるとするとそれは立方体になります。立方体に見えますね。そういうわけで、悪魔崇拝者は土星を愛しています。なぜなら六芒星が発見されたからです。もちろんそれは、象徴学とも結びついています。しかし、彼らの計算とも合致した立方体があり、それは数秘学による666とも一致します。彼らは本当にこういったことに熱中しているのです。正直言って、これを勉強するのは頭が痛いことです。

十字架を再構築すると立方体になります。十字架を壊すと立方体が得られます。折りたたんで立方体の形にすることができます。もちろんこれは、土星の模様に結びつきます。

ここには多角形があります。これは炎の星と・・・。下の星は何と呼ばれていますか。通常これは、ダビデの星と呼ばれています。おかしくないでしょうか。ダビデは星など持っていません。旧約聖書にはまったく書いてありません。それをダビデの星と呼ぶのは変ではないでしょうか。しかしこれは、古代のカルトのシンボルなのです。これはもちろん、二つの三角形を組み合わせたシンボルです。古代の繁殖の神のカルトがそれを男根とくぼみのシンボルと呼んでいました。男性と女性です。しかし、お父様が語られているような結婚の意味ではなく、神々のことです。それはお父様が語られていたことではありません。お父様は凹凸のことを話すとき、結婚と血統、そして絶対「性」のことを語られていました。

これは有名な会社で、見たことがあるでしょう。ヘブライ語の数字で、数字の6をそのように書きます。モンスターのマーク(注:「モンスターエナジー」のロゴの解説)のようですが、実際は666です。ヘブライ語の数字です。ですから、例えば私はナイキを買いたくありません。その名前がギリシャの迷信的な偽の神(注:ニケ)から来ているからです。私はアンダー・アーマーのほうが良いです。なぜかというとエペソ人への手紙5章を思い起こさせるからです。「神の武具を身に付けなさい」(笑)アンダー・アーマーはとにかくかっこいいです。私はスポンサーではないので、お金はもらっていませんよ。

重要なのは、こういったシンボルが周りにたくさんあるということです。若い人も年を取った人も、そういう象徴学や、周りにあるものに意味があり、神学があることを知らないのです。重要なのは、こういったことについてよく注意しなさい、知っておきなさい、教育を受けなさいということです。

(つづく)

翻訳:BAMBOOS

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中