ウェズリー・サムエル氏の世界聖和式

14469589_957307457712602_5806424661357013371_n.jpg

ウェズリー・サムエル氏の世界聖和式について   ―ティモシー・エルダー

私の知る限りにおいて「世界聖和式」が韓国人以外に対して行われるのはウェズリー・サムエル氏が初めてだと思います。(10月2日挙行されるサムエル氏の聖和式についての詳しい情報はここをクリック)

真のお父様の伝統においては聖和式にはいくつかの段階があります。最上位のものが「天宙聖和式」であり真のお父様の聖和式です。

次に「世界聖和式」があります。これは神様の摂理において世界的貢献を果たした人物に対して行われます。
そして「国家聖和式」、「教会聖和式」、「家庭聖和式」と続きます。

ウェズリー・サムエル氏にはまさに世界聖和式こそが相応しいといえるでしょう。
サムエル氏は真のお父様に最初に侍ったアフリカ人でありグラディス(夫人)と共に1969年43家庭の祝福を受けました。この43家庭祝福式で初めて韓国人以外の祝福式参加が認められました。

1978年に語られたお父様のみ言葉のなかで、「この43家庭祝福式で韓国人だけが祝福を受ける時代は終わりを告げ、世界の誰もが祝福を受けることができ祝福家庭として神様の摂理に参画できる時代を迎えた」と語られました。
すべての韓国人以外の祝福中心家庭の存在は真のお父様のこの43家庭祝福式の恩恵によるものといえるでしょう。

ウェズリー・サムエル氏は真のお父様の代身者、相続者を通してお父様の権威に戻る祝福を受けた初の43双の家庭です。
サムエル氏は定められた期限内に真のお父様の権威に戻る祝福を受け43家庭の基台を守りました。

サンクチュアリ教会NFLフェイスブック公式ページから

翻訳:サンクチュアリNEWS管理人

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

ウェズリー・サムエル氏の世界聖和式」への2件のフィードバック

    • ロードさん
      統一運動の歴史という資料で確認しましたところ確かに久保木修己会長について『1998年12月15日(12月13日昇華)に世界昇華式が行われた』とありました。お返事が遅くなり申し訳ありません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中