18(いちはち)家庭会会長の声明文で見えた無知と異端教理の浸透 【九州有明サンクチュアリ教会 「真のお父様と亨進様の下に集え」から転載】

18(いちはち)家庭会会長の声明文で見えた無知と異端教理の浸透 

九州有明サンクチュアリ教会 「真のお父様と亨進様の下に集え」から転載させて頂きます。

以下転載


 

yone

「サンクチュアリ教会の分派活動を主導する江利川安栄氏に対する声明文」については、
サンクチュアリNEWSで十分批判されていますが、それにすこし付け加えたいと思います。。

サンクチュアリNEWSより引用

サンクチュアリ側が過去に有効な反論、反証を挙げているにもかかわらず、目を通していないのか、
それらに言及することなく十年一日のごとく、内輪向け「公式見解」を繰り返す反知性ぶりはいかがなものか。
こちらから流す情報を入手分析できていない、あるいはその意志がないことは明らかである。
相手の主張を知った上でそれに反論を加えるという最低限の誠意にも欠けるのだ。

引用終了

この文章に「サンクチュアリ教会の分派活動を主導する江利川安栄氏に対する声明文」の問題点は明確に
述べられています。
声明文を読む限り、サンクチュアリ教会の様々なメンバーによる、韓氏オモニと家庭連合の間違いを指摘した
公開退会届を読んだ形跡が全く感じられないし、また摂理に対する呆れるほどの無知に基づく稚拙さ、愚かしさを
自ら露呈している声明文と言わざるを得ません。

それ故に、本人たちの自覚のないままに、お父様を裏切り、韓氏オモニと幹部達に盲目的に忠誠を捧げている
結果になっているのです。
1800双の家庭会会長にしてそうなのですから、一般食口はそれ以上に盲目的になっていることがわかります。

1800家庭声明文より引用

真のお父様は、1990 年3 月27 日に「女性全体解放圏」を宣布され、お母様を「第二教主」であると語られました。
そして、1992 年に「世界平和女性連合」を創設され、お母様を「総裁」として立てられ、お母様はその後、世界巡回
講演を何度もされ、お父様の御言を全世界に宣布して行かれました。その巡回講演を見事に勝利されたお母様に対して、
真のお父様は1999 年6 月14 日に「天宙勝利祝賀宣布式」を挙行され、真の母の使命を勝利された真のお母様に
「表彰牌」を授与。お父様はお母様が「対等な立場」に立たれたと語られました。

引用終了

これは韓氏オモニがお父様の正当な後継者である事を、お父様の1990年代の摂理のみ言で裏付けようとしたものですが
いまだにこのみ言を引用しているのは、2000年から父子恊助時代をお父様が宣布されて、韓氏オモニの母子恊助の
使命が終わったことをご存じないと思われます。

お父様のみ言を見ます。

「今まで蕩減復帰時代は母子恊助時代でした。これからの天国時代は父子恊助時代です。オモニの意見は通じません。
アボジの意見が絶対に通じるようになっています。」 「み言葉選集311巻P291 1999.9.13 父子恊助時代」

「最後にはオモニが問題となります。オモニが堕落したので外れるのです。そして父子の時代に入るのです。
息子がオモニを呼び止めることができ、アボジもオモニを呼び止めることができるのです。」
                        「み言葉選集318巻P172 2000.3.6 父子恊助時代」

「お母様がどうして神様の夫人の位置に立つのですか? 堕落した女性として、どうして真の父母の夫人の位置に立つの?
真なる僕の夫人の位置にすら立てず、追い出されて、それを殺してしまって、それなのにですよ。そのような人を捕まえて
神様の夫人の位置に立てますか? そのような亡霊のような行動が何処にありますか?」
                     「み言葉選集614巻P28 2009.7.12 カインとアベルの戦略」

このように2000年からは、堕落により失われていた、神様がアダムを父子の関係で創造された本然の関係を蕩減復帰し、
父が息子を直接指導することの出来る父子恊助時代に入ったので、韓氏オモニが主導権を握る時代ではないのです。

「オモニを中心として40年です。(中略)アダム家庭で、一代で理想夫婦として立つことができず、堕落した夫婦として
世界をだめにしてしまい、4千年の歴史を再建の時まで引っ張てきたことを、今、先生が整備しなければならないのに、
オモニ、原理が分かりますか? 原理が原理が分からないのです。何も分かっていません。(中略)
どれほど深刻だったか考えてみてください。」「統一世界2001.6月P25 一代精算 2001.4.18 米イーストガーデン」

2012年1月19日の天正宮訓読会でお父様が、韓氏オモニと幹部達を激しく叱られた事件を18家庭会会長はご存じない
のでしょう。

「お母様はお父様と別の道を行っている」「お前たちも全員(幹部達)お母様と一団となって違う道を行っている」
「お父様の話を聞かず、お母様の話を聞きなさいというのは、ルーシェルよりもっと恐ろしい存在だ」

このように、韓氏オモニの失敗の確率が増す中、お父様は、父子恊助時代を迎えたことで、一代で摂理完成することを
諦めて「三代王権」(お父様、亨進様、信俊様)で摂理を完成する道を選択されたのです。

2012年6月5日、ラスベガスで「亨進様と国進様のアベル、カイン一体化を宣布」して大変喜ばれました。
それは、亨進様の第二代王の位置が確立した瞬間でした。第三代王は信俊様とお父様がすでに決めておられました。
こうして父子恊助の下で「三代王権」を通して摂理が必ず成就することが決定したので、お父様はこの日、
「真の父母の仕事は完成、完結、完了」と言われました。

たとえ韓氏オモニが失敗したとしても、摂理の完成にはまったく影響はなく、ただ祝福されて完成するのか、天宙的審判
を受けながら完成するのかの違いがあるだけなのです。

お父様は御聖和のわずか1月半前、2012年7月16日アベル女性UN大会でわざわざ講演文を読むのを途中でやめて、
会場と全世界の食口に向かって、韓氏オモニの反逆の真実を暴露されました。

「オモニを私が育ててきたよ。オモニはいません。文総裁の妻の位置もいません。自分勝手にやっている。自分勝手に!」

お父様は、韓氏オモニが問題になる。堕落した女性になる。ルーシェルよりも恐ろしい。と心配されました。
そして、残念ながら実際にそれは起こってしまいました。
そして、今、私達は審判の道を歩んでいます。

さらに1800家庭の声明文は、かねてより私たちが危惧していた家庭連合の異端化が浸透していることを証明しました。
それはお父様が御聖和されてから、まだ半年も経っていない2013年の初めから、まず牧会者に行われていた
「韓氏オモニを主体、中心とした全く新しい教理の教育」の内容がこの声明文に書かれているからです。
ついに日本の指導者が洗脳されていることを、わたしは初めて確認しました。

声明文引用開始

その後、2003年2月6日の二度目の聖婚式以降は、真のお母様はお父様に対する対して敬拝を捧げなくても良いとされ、
2006年6月13日の「天正宮入宮、戴冠式」以降は、神様に対しても敬拝を捧げなくても良いとされて、お母様の「位相」
を高めて行かれました。

引用終了

この記述は天一国2年牧会者力量強化プログラムの教材として韓国協会でつくられた「真の父母様生涯路程の講師教育教材」
とその内容を採用した「国際家庭婦人33日任地教育教材」(日本語)に書かれている内容そのものなのです。
特に、韓氏オモニが「2003年2月6日以降、お父様に対して敬拝を捧げなくても良い。」や「2006年6月13日以降は神様に
対しても敬拝を捧げなくても良い。」という記述は、お父様のみ言で見たことはなく、この教材のみが主張している異端の
教えです。

yone23.JPG

 

この教材を使っての指導者教育は、2013年にすでに行われていたことが確認出来ていますので、教材を作ったりする準備は
お父様のご存命中にすでに始まっていたと考えざるを得ません。

そう考えるとお父様が御聖和された後、矢継ぎ早に起こった天一国国歌の変更、「天のお父様」を「天の父母様」に変更、
聖婚問答の簡素化、天聖経に変えて訓読の中心となる真の父母経の編纂、韓氏オモニの無原罪誕生発言やお父様から教育を受けた
事は無い発言などは幹部達のみならず鮮文大教授をブレーンした周到な準備があって可能なことと理解できるのです。
韓氏オモニと取り巻きの幹部達による組織的な動きは、お父様の御聖和の時には、韓氏オモニを新しい教祖として、
お父様が生涯をかけて神の国建設の為に築いてこられた、組織と祝福家庭を丸ごと乗っ取る準備は出来ていたのです。

そしてその教材による教育をトップガン終練会や指導者修錬会で実施した結果が、18家庭声明文に見事に現れているのです。
18家庭という先輩の方が、この異端の教理を何の疑いもなく受け入れて、更には声明文にまで載せることに驚きます。
お父様に敬拝しなくても良い。神様に対しても敬拝しなくても良い。まさにお父様、神様以上になられた韓氏オモニなのです。

お父様を再臨のメシヤと信じて来た信仰は何処に行ったのでしょう。
お父様の御聖和以後今や、韓氏オモニをメシヤとする新しい教理に従い、お父様の痕跡が消されていることに気づかないのです。

亨進様は予言しておられます。”韓氏オモニは「私は神です」と近いうちに言いだされるでしょう。”と

家庭連合は韓氏オモニを神とする「異端の宗教」になりました。
とっくにお父様が見放し、神様が見放しました。
早く気づかれることを祈ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中