2016年9月18日 説教「教化される王国」【英語説教日本語訳】(その1)

Kingdom Cultivation   September 18  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundlan3d PA on Vimeo.png

教化される王国 Kingdom cultivation (その1)

今日の聖句を見ていきましょう。ルカ11章です。14節から23節を読みましょう。

14:さて、イエスが悪霊を追い出しておられた。それは、物を言えなくする霊であった。悪霊が出て行くと、口のきけない人が物を言うようになったので、群衆は不思議に思った。15:その中のある人々が、「彼は悪霊のかしらベルゼブルによって、悪霊どもを追い出しているのだ」と言い、16:またほかの人々は、イエスを試みようとして、天からのしるしを求めた。17:しかしイエスは、彼らの思いを見抜いて言われた、「おおよそ国が内部で分裂すれば自滅してしまい、また家が分れ争えば倒れてしまう。18:そこでサタンも内部で分裂すれば、その国はどうして立ち行けよう。あなたがたはわたしがベルゼブルによって悪霊を追い出していると言うが、19:もしわたしがベルゼブルによって悪霊を追い出すとすれば、あなたがたの仲間はだれによって追い出すのであろうか。だから、彼らがあなたがたをさばく者となるであろう。20:しかし、わたしが神の指によって悪霊を追い出しているのなら、神の国はすでにあなたがたのところにきたのである。 21:強い人が十分に武装して自分の邸宅を守っている限り、その持ち物は安全である。22:しかし、もっと強い者が襲ってきて彼に打ち勝てば、その頼みにしていた武具を奪って、その分捕品を分けるのである。23:わたしの味方でない者は、わたしに反対するものであり、わたしと共に集めない者は、散らすものである。24:汚れた霊が人から出ると、休み場を求めて水の無い所を歩きまわるが、見つからないので、出てきた元の家に帰ろうと言って、25:帰って見ると、その家はそうじがしてある上、飾りつけがしてあった。26:そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を引き連れてきて中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人の後の状態は初めよりももっと悪くなるのである」。27:イエスがこう話しておられるとき、群衆の中からひとりの女が声を張りあげて言った、「あなたを宿した胎、あなたが吸われた乳房は、なんとめぐまれていることでしょう」。28:しかしイエスは言われた、「いや、めぐまれているのは、むしろ、神の言を聞いてそれを守る人たちである」。

とてもパワフルなみ言葉ですが、ここでまず動画を見ましょう。

これは私たちが制作した動画ではなく、他の誰かが作ったものです。そしてもちろん、これまで一年半に渡って私たちが世界のみなさんと共に話してきた事実を取り上げたものです。

また、今週、家庭連合の匿名の公職者の書いた手紙について韓国からの報告がありました。この方は、自分の意見をはっきりと発言し始めています。
「お母様は自制を失っています。はっきり言って独生女の話には誰も従わず、みな去ってしまいます」と言っています。

人々が一層派手に反対して立ち上がるようになっているのがわかります。同時に日本でも教会が崩壊しつつあります。経済の中心が崩壊するにつれ、権力の幻想が崩壊していきます。

数週間前にも話しましたね。彼らはもっと大きなイベントをやらされるようになります。何千人も集めて青年のためのイベントを行いました。参加費は無料です。つまり自分たちで費用を負担したというわけです。そればかりか参加者それぞれに100ドルずつ与えたのです。

今彼らは参加者にお金を払ってセミナーに参加してもらっているというのです。子供たちを買収し、100ドルあげるから来るようにと言って。幻想は崩壊しています。ですからその100ドルをもらうという動機で人々は参加するわけです。それは義なる人々ではありません。与える人ではなく受ける人であり、文明を築く人ではありません。何千人かが集まって、素敵なビデオショーを行いました。しかし、内的には腐敗しているのです。内的には荒廃しています。

私たちが韓お母様の異端に対して強く立ち上がるとき、それは私の義務であり責任であり、お父様が私に信頼することであり、私はその問題に伴うすべての個人的な困難をすべて克服しなければなりませんでした。そして自分の個人的な立場ではなく、お父様が私に与えた立場に立たなければなりません。お父様の代身者として、地の裁き主のような立場に立たなければならず、自分の母に対してもはっきりと言わなければならないのです。裁き主は「あなたは私のお母さんですから許してあげます」とは言えません。

みんなを地獄に連れて行き、彼らの魂は焼かれて苦痛を受けるのですから「あなたはお母さんですから見逃してあげます」とは言えないのです。それは正しいことではありません。良いことではありません。

そのような立場は簡単ではありませんが、私は自分がやらなければならないことを、やらなければなりません。真実を語らなければなりません。そのときはだれも理解できませんでした。内部の問題について話していたのですが、今は世界全体の問題と密接に関わっていることが分かるようになりました。ここで起きていることは、数か月後、数週間後の世界全体でもすぐに見ることができます。

沈黙を破った後、トランプ革命が起こり、私たちが嘲られればトランプも嘲られ、私たちが9・11テロのことを話せばトランプも9・11テロのことを話し始め、あきれるほど類似しています。攻撃し、真実のために立ち上がることは心地よいものではありませんが、私たちはサタンと戦うために前進しました。

しかし今、全世界規模で見ると、ヒラリーの勢力は落ち込んでいます。同時に韓お母様の勢力も内部的に崩壊しつつあります。

もちろん、彼らは、自分たちは大きなイベントもして参加者にお金まで払っていると主張していますが。公職者だけでなく、子供にまで払っていると言うのですからたいしたものですが、それは北朝鮮と同じだと言えます。イランと同じです。その人たちは、自分が信じているから、聖霊に満たされているからそこに行くのではなく、お金がもらえるから行くのです。幻想は崩れ、同時に世界ではグローバリズムと独立国家との戦いが起きています。それはトランプ対ヒラリーの対決によって象徴されています。

ヒラリーの選挙運動は落ち込んできており、まったく内部崩壊しています。先週のことですが、それまで2ヵ月に渡って、誰でもヒラリーの健康状態について質問しようものなら、陰謀論者だと言われたのです。アルミホイルの帽子をかぶる人と同じで、狂っていると言われました。

そして何が起きたかと言えば、今週、最も脚光をあびるイベントである、9・11のイベントで、彼女は隠れて、ぜいぜい言って咳をしていて、真夏なのにただの風邪だと言っていました。9・11の日に彼女は崩れていきました。イベントが始まってすぐに立ち去りましたが、たくさんのカメラがそこにありました。それでパニック発作かめまいか何かを起こすにはまった最悪のタイミングだったわけですが、彼女は連れ出されました。

民主党は天気のせいにしようとしました。うだるような酷暑のためだと。23度ぐらいで湿気もありません。この夏で最も涼しい日でした。23度で気絶するとすれば、合衆国大統領になるには大きな問題があると言えます。大統領専用機(エアフォースワン)に乗っても気を失うことでしょう。私自身は実際どれぐらい悪いのか知りません。みなさんはおそらく知っているかもしれませんが、ここでこのビデオをみてみましょう。

(以下、ヒラリーが車の前でよろめくところのビデオを見ながら)あの金髪の女性です。足元を見ていてください。彼女を取り囲んでいます。彼女が倒れこんでいるところを見てください。彼らはまさに彼女を車に引きずり入れています。それで愚かな人たちが覆い隠そうとしています。

彼女が足を引きずって、どれぐらい不健康な状態か見ましたね。あの女はもう倒れそうになっています。小さな世界と大きな世界は連動しています。堕落したエバと女性の時代と、堕落した女性の権力を代表する韓お母様の異端性を攻撃すると、権力の幻想が露わになり、正午の太陽が輝いて打ちのめします。嘘をつけばつくほど、その嘘を覆い隠すためにもっともっと嘘をつかなければならなくなります。文字通り内部崩壊し始めています。

同時に全世界のレベルでは、ますます多くのアメリカ人が立ち上がり、黒人やヒスパニック系のかなりの人々もトランプに投票しようとしています。トランプは人種差別主義者だとか何だと言っていてもそうなのです。彼は同性愛嫌悪者だと言っていても、同性愛者のコミュニティもトランプに入れようとしています。ですから、みんなが乗り換え始めているのです。

そして同時に、ヒラリーというのは、堕落した女性の象徴であり、傲慢なエリート主義、支配階級であり、権力のために身を売る者であり、そして女性を抑圧する悪なる国からお金をもらいながらフェミニストのふりをしていますが、すべて嘘で偽物です。クリントン政権では3つか4つの戦争を始め、いくつの戦争ですか?オバマと一緒に8つ以上ですか?どれだけたくさんの戦争を始めたでしょうか。

それでその嘘が彼女の悪魔的な権力を崩壊させて、自由社会セミナーで勉強したように、エリートのレベルで・・・60ミニッツの証言を見ましたね。イギリスのロンドンで、60ミニッツがとても良い仕事をしました。幼児性愛のカルトのスキャンダルを報道しました。議員や貴族院のメンバーといったトップのエリートたちの中で起きたことです。今週見たビデオですが覚えていますか?インタビューをしていて、50歳になる男性が8歳のときに年老いて太ったいやらしい貴族にレイプされたと言っていました。

國進様も指摘していましたが、彼らは森の中で秘密の儀式を行っていたと言っていました。しかし、その番組では悪魔崇拝だと言いませんでした。彼らは悪魔崇拝だと言いたくないのですが、これをすべて取材して調査していると言おうとしていました。もちろん、その政治家やその人々には何も起きていません。彼らはみな免れています。60ミニッツは自分たちの役割として彼らが調査中で、やがて訴えて処罰するのを手伝うようなふりをしていますが、実際にはその人々には何も起こらず、裁きが下されることはありません。

このことを学ぶことによって、世界に本当の悪が存在することが分かります。組織された悪が存在します。國進兄さんが言ったことがとても気に入っているのですが、次のように言いました。どうやって100人を陰謀に従わせるかと言えば、彼らのうちの5人を殺すのだということです。5人を殺してしまえば残りの95人は沈黙します。彼らが殺されたのを見れば、自分が話すと殺されると分かるからです。このようにして権力基盤が維持されるのです。

悪魔と天使長の権力がお金と殺人の関係の連鎖によって維持されます。彼らはお金を独占し、殺人を独占します。そのようにして彼らは何百何千という人々を従わせるのです。狂った話に思えますが、どうして何千という人が何も明かすことなくそれに従うというのでしょうか?それはつまり、そのうちの何人かを殺すということなのです。何人か殺せばしゃべらなくなります。分かりますね。これが現実です。

國進兄さんが自由社会についての深い内容で私たちを指導していることの一つ目は、世の中に悪が存在しているということです。愚かな相対主義者は、大学や高校、公立学校でみなさんを洗脳しています。

「世の中に本当の善や悪はありません。すべて自分の道徳基準しだいです。自分で自分の道徳を作ります」

ここにいるみなさんはもう、何度も話しましたね。悪魔はそのような巧妙な言葉を使って善も悪もないと信じ込ませようとするのです。なぜなら、自分たちが悪を行っており、組織的な悪を犯しているからなのです。ですから彼らは悪を悪と呼ばせたくありません。彼らはそれを善と呼ばせたいのです。なぜなら彼らには権力があり、そのようにできるからです。彼らは善と悪を相対化することに既得権益を得ます。なぜなら、もし善と悪に対する明確な理解、善悪の明確なイメージがあり、善悪を分ける十戒を理解するなら、この愚か者たちがとんでもない悪だと簡単に分かります。

彼らは子供をレイプし、子供を人身売買しています。60ミニッツの番組で見ましたね。60ミニッツが取材していました。親のいない子供たちのいる養護施設に行って、そこから子供たちを盗んであの政治家たちに売っていました。彼らは子供をレイプしたいのです。60ミニッツの、その前のインタビューを思い出してください。2週間前に見ましたが、オーストラリアで、8歳から11歳になるまで7回妊娠したと少女が証言していました。彼女は自分の、頭のおかしい邪悪でサタン的な、魔女の、祖母に捨てられたからです。祖母がいつも優しいとは限りません。この祖母は、孫をサタン崇拝のカルトに入れていました。7、8人の男が彼女をレイプして性的に虐待するのを笑って見ていました。

一方では、マイナー・アトラクション・シンドロームと呼よばれるもののために戦っている人々がいます。幼児性愛は犯罪とみなされるべきでなく、それは病気なのだと、生まれつきそうなのだと言っています。同性愛アジェンダのことを聞いたことがあるでしょうか?トランスジェンダー・アジェンダのことを聞いたことがあるでしょうか?今度は幼児性愛アジェンダが出てこようとしています。ドイツでは幼児性愛は病気だと言って犯罪とみなさないようにしています。そして近親相姦をジェネティック・アトラクション・シンドロームと呼んでいます。これらの人々がこれに関わっています。そういう理由で大衆文化の中でOKなのだと正当化しようとしているのです。

60ミニッツでインタビューを受けていた若い女性が、彼らが何をしたと言っていたか思い出してください。8歳の頃から彼女はレイプされていて、彼女が妊娠したらどうしたのでしょうか?彼らは彼女に赤ちゃんを殺させました。他の動物も練習のために犠牲にしていたそうですが、赤ちゃんも動物のように切り裂きました。それで何をしたでしょうか?彼らは彼女にそれを食べさせたのです。その子供を食べさせました。

最高レベルの権力において、集中した天使長の権力において、人々は取り澄ました幻想を抱いています。イギリスの人々は自分たちが取り澄ました人間であるような幻想を抱いています。自分たちが取り澄ました、良い人だという幻想を抱いていますが、その裏では、子供たちが人身売買され、レイプされ、その子供たちに赤ちゃんを殺させ、食べさせています。それが、彼らが行っていることです。

そういうエリートだけではありません。オーストラリアで警官が出て来て、オーストラリアでこれが起きていないと思うなら頭がおかしいと言っていました。また、アメリカでもブッシュがワシントンで児童買春組織を運営していたことが、ワシントン・タイムズなどで報道されていました。お父様はまったく正しかったのです。お父様はブッシュに会って、あなたはサタン世界の王だと言われました。そして公にブッシュをサタン文化の王、分奉王と呼びました。お父様は100パーセント正しかったのです。その愚かな人たちを見抜いていました。これが最高レベルのエリートの間で起こっていることです。

もちろん國進兄さんはもっと深いところまで語られていますし、私たちももっと深く学んでいきますが、こういったことが表に現れて報道されているのに、次の日には人々は忘れてしまいます。人が何かを聞いて、忘れてしまうという性質は、サタンがもう一度それを行うのに利用していることなのです。

あの少女に自分の子供を儀式として犠牲にさせ、食べさせている理由について彼らが何と言っていたでしょうか?その目的が何だったか覚えていますか?それはルーシェルがそれを好むからだということです。彼らはサタンがそれを好むと言っていました。二人の心理学者がいて、警察と一緒に働いていましたが、彼らは彼女が嘘をついておらず、本当のことを言っていると言いました。二人の有名な心理学者が彼女の話と証言を分析して、二人とも彼女は嘘をついておらず、本当にそれを経験したのだと結論付けました。

その天使長の権力のトップにあるものは、ただの人間ではありません。それは悪魔です。悪魔がいます。彼らは人間の体の中にいるか、その体に憑依してコントロールしているのかもしれませんが、悪魔がそこにいます。サタンがいます。サタンは、そのようなタイプの悪の背後にいる勢力です。そして一般市民のレベルを下げて「おいおい、そんなことを信じたりしないよね。そんな漫画みたいなこと。勘弁してくれ」といって確認させます。正にそれが、自分たちのサタン的な儀式を行い続けるために、彼らが一般市民に信じさせる必要のあることなのです。

みなさん、これは事実です。人々の命が破壊され、虐殺され、人々は殺されています。こういったサタンの勢力のゆえに、犠牲として捧げられ、肉を食べられているのです。誰かがヤハウェにあるイエスを崇拝するのと、誰かがサタンを崇拝するのとでは、大きな、重大な違いがあります。天国と地獄の違いと言えます。天国と地獄は本当のことです。みなさんが永遠に過ごす場所であり、どちらも個人的な場所です。誰かと一緒に過ごすことになりますが、ただ、誰と過ごすかといことです。それが問題です。

このような現実がわかります。縮小体の世界でサタンを攻撃するとき、考えてみれば、韓お母様は縮小体にいて、そこでは全宇宙の縮小体におけるすべての戦いがあります。

人々がエルサレムでイエス・キリストとともに歩くとき、見物人はサンダル履きで泥道を歩いていますが、自分たちが宇宙の中心を歩いているということがまったくわかりません。もしかしたら当時12弟子は少し感じていたかもしれませんが、彼らはそれを疑っていたに違いありません。

もし、イエス様が宇宙の中心であるなら、(口で超能力の効果音のような音を真似されながら)なぜ人々がみな自分を拝むようにさせなかったのでしょうか。なぜ、この町やカペナウムなどを歩き回って時間を無駄にしたのでしょうか。彼らは宇宙の中心を歩いているということがまったくわかりませんでした。彼らは摂理の中心を歩んでいました。神様の真ん中を歩んでいたのに、まったくわかりませんでした。手掛かりがありませんでした。

砂漠の中の、エルサレムの12人の人々。それはおかしなことではありません。ペンシルベニアで起きていることが世界を変えるのだとすれば、おかしなことではないのです。神様が私たちをここに導き、摂理は王権とともに動いており、韓氏の血統と動くのではありません。

それがメシアの血統と共に動くとき、ペンシルベニアに何が起きたでしょうか。ペンシルベニアは激戦区です。トランプがペンシルベニアで勝利すれば、アメリカでも勝利します。ここは中心的な激戦区です。紫の州(民主党と共和党が拮抗する州)です。大都市には民主党が多く、田舎には共和党が多くいます。伝統的に紫の州です。ここで勝てばアメリカで勝ちます。彼がアメリカで勝利すれば、全世界の政治が変わります。神様の王権とカインアベルの縮小体がペンシルベニアに来て、世界を変えるということはそれほどおかしなことでしょうか。

トランプは今や王権に繋がっています。彼の息子が代身として荒野のカインアベルに会いに来たのです。それはまるで聖書の物語です。それはとんでもないことです。全世界の政治が変えられようとしています。

みんな「トランプは来ない。来ない、来ない」と言っていました。私たちがそうさせたのではありません。神様がここに来させたのです。信じられないことです。ペンシルベニアで起こることが、まさしく誰が合衆国大統領になるかを変え、決定するでしょう。そして全世界の政治を決定するのです。

うんざりするグローバリズムへと向かうのか、それとも独立国家へと向かうのかです。天一国憲法の発表と家庭詐欺連合の憲法の発表は、世界的な共産主義と独立国家のイメージをはっきりさせます。縮小体と世界全体で同じ戦いがあります。

私たちが韓お母様の異端性を攻撃すると、世界全体での堕落した女性が本当に崩壊し始めています。彼女が倒れこんでいるのを見ましたね。悪魔的な力が彼女の周囲から吸い取られてしまっています。あの堕落した女性を見てください。堕胎を女性の健康サービスといってサポートしていたのです。「自分の健康のためです。子供を殺しましょう。とにかくうっとうしいです」と言って。

國進兄さんはこのように言っておられました。
「女性のみなさん、真剣に考えてください。あなた方が自分の子供の世話をしたくないのは、彼らが自分の鏡だからです。彼らを見ると自分自身を見つめさせられるからです。だから子供がうっとうしいのです」
当たっていますか。その通りだと正直に思う女性はどれくらいいますか。

これは驚くべきことです。縮小体と世界全体が動いています。3年前、私たちはお母様に何と言ったでしょうか。私たちは言いました。

「あなたにはあと3年あります。あなたはお父様に逆らい、お父様を冒涜しています。お母様、あなたは理解していません。お父様が来られて審判されます」

お父様を見てください。お父様は文字通り、主要なリーダーの何人かの命を奪い、その位置からというだけでなく(地上から)取り去ろうとしています。神山(神山威氏)は真実を知っています。しかし彼は党利党略に走りました。彼は今膵臓がんです。まもなく亡くなるでしょう。

神の直接主管圏において、神の摂理を妨害すれば、霊界に連れて行かれるとお父様は語られました。

「23:わたしの味方でない者は、わたしに反対するものであり、わたしと共に集めない者は、散らすものである」

それは、縮小体の世界で今起きている現実です。指導者は自殺を図り、癌で死に、正当性を失いました。韓国でさえ匿名のその公職者の手紙が広まっています。彼は次のように書いていました。

「お母様、あなたの言うことを聞く者は地上に誰もいません。お母様を正しいと思っているメンバーはひとりもいません」その公職者は「私はお母さまが正しいとは思わない」とは書かずに「あなた(お母様)を正しいと思っているメンバーはいません」と書きました。「この愚行をすぐにやめなければなりません」と。続けて彼は、どうして王の王に捧げるテーブルをあのように準備できるだろうかと書いていました。あの供え物のテーブルを見ましたか。バナナを放り出したようなテーブルを。

「お父様は申(さる)年の生まれですので、猿にはバナナが良いでしょう」

役立たずの、本当に見下げ果てた哀れな異端者たち。

すべてのそのような現実が現れてきます。私たちは3年以上もそのことを話してきました。世界のメンバーは2年ぐらいでしょうか。他の誰も真実を語りませんでした。私たちが言ってきたことが現実になりました。私は彼女が自分をメシアだと宣言すると言いましたが、実際そうなりました。自分を神と宣言すると言いましたが、実際そうなりました。独生女と宣言すると言いましたが、そうなりました。

私は間違っていますか。話しましたね。真実を語り、そういったすべての社会的、政治的な正当性とすべてのくだらないことを通過することは難しく、簡単ではありませんでした。しかし、私たちは、真実を追求しなければなりません。真実を求めれば、神様が答えを与えてくださいます。叩けば神様が扉を開いてくれます。私たちが求めれば、神様は見つけさせてくれます。私たちは求めなければなりません。自分の望まない答えをもらって「それが真実とはひどすぎる!いい気分になれなかった!」ですって?だからどうだというのですか?それが真実です。成長してください。あなたは赤ちゃんですか?おむつを取ってください。ちょっと腕立て伏せでもして、階段でも走って、成長しましょう。

縮小体と世界全体が一緒に動いているのが分かるでしょう。アメリカの堕落女性の象徴であるヒラリーが文字通り倒れています。2カ月前に予想した人がいるでしょうか?誰も否定できません。全国放送のテレビで倒れています。咳の発作を起こして。

彼らの権力に対する幻想は世界中で崩壊しています。金曜日にドイツ銀行の株価が暴落しました。それはヨーロッパの中央銀行です。崩壊が近づいています。通貨が崩壊します。私たちが言った通りです。大きな崩壊に直面するかもしれないと、メインに行く直前に言いませんでしたか。何週間か前にそれを聞いた人はいますか?

縮小体と世界全体の直接の動きがあります。私たちは血肉に対する戦いをしているのではありません。私たちの議論は血肉に対するものではありません。私たちの家庭内のことでもありません。戦いが起きているのは、神とサタンの間のことです。文字通りに人々は悪魔に取りつかれているのです。お金に対する欲望、権力に対する欲望、地位に対する欲望、あらゆる欲望。彼らは悪の力によって文字通り食い尽くされています。

つづく

翻訳:Bamboos

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中