2016年7月31日説教「王国の秩序」【英語説教日本語訳】全文

Kingdom Order   July 31  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

2016 年7月31日 
翻訳:在米翻訳チーム

王国の秩序

この一週間は、私たちにとってとても祝福されたものとなりました。ついに海に行くことができたのです。
私は、二年間真のお父様と海で過ごしました。
韓国の海であっても太平洋であっても、一日中一晩中、何日も何日も海釣りをしました。
ラスベガスにおいては、ミード湖という砂漠の中の大きな湖で、周りに何にもない砂漠の灼熱の太陽の下で過ごしました。それは、とても厳しいものでした。辛いからしを頭にのせるといいますが、私自身がからしになりそうでした。でもアルミニュームパラビンなどが含まれた皮膚がんの原因になるなるサンスクリーンは使いませんでした。自然のココナッツオイルやラズベリーシードエキスを使いました。皮膚は、薬品会社の化学物質ではなく自然のもの、神様から来たものを使って保護しましょう。

今回、神様は私たちがメイン州の海に行くことを許してくださいました。
それは、とても小さな入り江でしたが、それがどこか、公には言うことはしないでおきます。
大勢で押しかけて破壊してしまうからです。もし知りたかったら、個人的におしえます。
そこは自然の中の隠れた場所で、最初私たちも知りませんでした。前から子供たちに、メインに行ってブッシュクラフトをしてロブスターを食べようといっていました。でもそれはとても高くつくというのも知っていました。レッドロブスターにいってロブスターを注文したら、1匹40ドルも50ドルもしますよね。メインでは、ロブスターは1パウンド6ドルと50セントで買えます。そのパークはとてもすばらしいんです。ロブスターを配達にきましたといって新鮮なものをクックしたのを持ってきたんです。私の義理の兄弟が注文したんですが、キャンプグラウンドに配達してくれるんですか?!これは、どういうパークなのか?と思ってそこの人たちに会いに行きました。そこでわかったのは、政府が経営しているのか個人の市民が経営しているのかの違いなんです。このパークは代々その家庭に引き継がれてきたもので、1722年から続いています。ジョージ ワシントンの前からですよ!

13903286_916678308442184_4894007779463899999_n.jpg

代々続いたそのパークにはごみひとつ見つけることはありませんでした。毎晩トラックが来て掃除していきます。シャワーもトイレも水道もあります。それは、ブッシュクラフトをする人にとってはラグジュアリーなんです。水道も電気もトイレもない、うちの家族は、女性たちも穴の中で用をたすのですから。そのような訓練を受けてきたものには、このパークはスーパーラグジュアリーなんです。その上に、キャンプまでロブスターを配達してくれるんです!それは、すばらしかったです!朝には海の波がよせたり引いたりするのが聞こえます。ひとつひとつの風が吹いていくのが聞こえます。潮が満ちて2マイルものぬれた砂辺となります。そのようなのは見たことがありません。朝子供たちがその上を走り、私たちは、まさに水の上を歩きました。それから、そこでは1ドルで潮干狩りの許可を買うことができ一週間有効です。貝をとる方法を探求して、韓国で言う、まっちょげ、アメリカでは、レーザークラムというのを採りました。それは韓国では、とても高価なんです。韓国は半島ですから、韓国人はシーフードがとても好きです。私の妻と彼女の姉妹は島で育ちました。お母さんは、海女でしたのでシーフードには目がありません。そこで私たちは2つの5ギャランのバケツいっぱいの貝を採りました。それは、ただのブッシュクラフトではなくて、オーシャンブッシュクラフトでした。3時頃にまた潮が満ちてきて、5,6時くらいには、浅 瀬に魚が餌をたべにくるので、夜は魚釣りができました。

この一週間は、とてもゆっくり過ぎていきました。そこは、王国で、ステイトパーク(州立公園)ではありませんでしたから。ステイトが経営するパークでは、一束の草を倒したら罰金です。木に傷をつけたら、200ドルの罰金です。しかし、そこは個人経営のパークでしたので、お互いに知り合いになると、なんでもやらしてくれました。そこの夫婦ととても親しくなりました。最後に帰ってきてから反省会をしました。そして、リマをしたときにでたのが、悪の世代というのでした。おかしなことに、話し合っていたことは、エリックとパトリシアというパークの経営者の夫婦が良い人たちで、子供たちが感動しよい影響を受けて楽しかったという内容でしたが、彼らはまだ天使長の血統にいるのです。ですから、神様は 彼らが祝福にこれるように祈りなさいといいたいのかもしれません。彼らは私たちの祈りのリストに入りました。もし、休みをとってメインにいくなら、運転は6時間だけです。

ロブスターは1パウンド6ドル50セントです。もしもっと大きなグループで行くなら3.4ドルにまでまけてくれるといってました。最後の日に私たちは24匹のロブスターを食べました。私の家族は12人ですから、みんなが2匹食べられました。メインの新鮮な美味しいロスターが24匹で200ドル以下で収まりました。もっと大きなグループだったら100ドルでもいいといいました。皆さん,おなかがすいてきましたね。今、行きましょう!

とにかく私はいい気分でした。長いこと海に行っていなかったからです。実は悔い改めていたのです。湖で釣りはしていたんですが、お父様は、海を愛しておられました。
海では、お父様の息吹が感じられて、お父様がそこにおられるのを感じました。ぜひ企画してオーシャンブッシュクラフトに行きましょう!神様は素晴らしい!

では、王国の秩序について話しましょう。
帰って来てから思ったことは、もちろんそこは、いいところでしたが、コミュニティーはありませんでした。そのような美しいところがあったとしても、神様はふさわしい場所を私たちに与えてくださいました。実際海は、戦争など起こったときには内地から比べると危険なのです。ペンシルバニアはやはり神様が理由があってくださったのです。レイクハウスに帰ってきてみると、ここはとてもすごいエリアだというのが、たくさんの人と会えたことでもわかります。

帰ってきてふりかえりながら、ニュースを聞きました。メインではインターネットもよくつながらずフェイスブックで写真をおくる事もままならない状態でした。今週大きなことがありましたね。お父様が聖和された後のことが思い起こされました。2年間海で共に過ごしたときのことが思い起こされました。ここに帰ってきて何が起こっているのかわかりました。韓お母様がどういうことをなさってるのか。大変悲しく不幸な歴史的に悲劇的なことです。心が痛む恨みの涙の歴史として覚えられることです。レガシーを力のために売ってしまったのです。善を売ってしまう、その考えに同調するとき、罰をうけるのです。最後には、ナチに同調していった人たちのようにうに、堕胎するようなアメリカの市民のように何もしないことを選んでいるのです。黙ってるのです。そのように選択しています。同調していることが彼らの選択です。「わかりません。決めることができません。階層制度も悪くない。」などといって同調するのは彼らがそう選択しているのです。

これはもう何年も前のことです。王の王の椅子に何度座ったことでしょうか?自らをメシアとして。自らを神として。主体と対象の位置を変えて。男性に第3のフェミニズムの波を語ります。
「妻の僕にならなければいけない。」「家族の祭司になるな!」「信仰をもって家族の主導権を握るな!」「訓読会をするな!」「王国の王になるな!」「奴隷でいろ!」
違います。我々は神のイメージとして創造されています。神は四位基台を創造されました。天一国は王と女王によって創られます。男性は家庭の祭司としての責任があります。訓読会をする必要がありますが削除されてしまっています。王国の王にならなければいけません。誰かがあなたの王国を攻撃しようとするとき、あなたは前線にいって死ぬのです。それが王であるということです。王国のために人々のために死ぬのです。多くの男性たちはそれを恐れているのです。男性的であることを悪く考えているような文化で生きているからです。そんなマルクス文化の話はもううんざりだといって、真実の男性が立ち上がっています。フェミニズムのペットのように扱うことはできない。我々は男だ!戦士だ!王だ!といい正しい位置に立ち上がります。

彼女のやっていることをみると原理においても夫と妻の位置を変えていることがわかります。男と女。彼らが作っている新しい原理において夫の責任がもはやないことが納得できるわけです。家の祭司として、王国の王としての。死をかけて道徳的な責任を持つという。臆病者にはそれでいいかもしれません。真の男性はそれを嫌います。正しく生きて、死にます。誇りがあります。原理のために死にます。名誉のために死にます。戦士の文化です。侍の文化です。流れに沿って生きるのではありません。本来の自分の姿から離れた場合、恥を感じます。我々が我々の領土で王国で、王でなければならないことを心の中で知っているからです。天使長の手に渡すようなことは決してしません。私たちの家族を守るという約束を。自分たちで責任を取ります。そのように創られているのでできるのです。男が恐れてその位置から離れようとすると、ローマが多くの国を侵略した時のようにいつも馬鹿なことを繰り返しているのですが、全ての男たちを殺し、女を使い次の世代を思い通りに教育するのです。そうやって若い子供を教育します。シーザーには決して逆らうな!大きな政府には決して逆らうな!と言って。政府が助けます。父親を追い出して、母親だけでそのように子供を教育させるのです。

以前に統計を紹介しましたが、シングルマザーの場合は子供にとって11倍危険な、虐待が行われる、もっとも危険な場所です。異論の余地はありません。そういう話を聞いても気分がよくありませんか?それでどうしたというのですか?関係ありません。真実です。統計的な事実です。

父親と母親がいる理由があります。天一国では悪い父親であっても父親には変わりありません。悪い父親であってもです。祝福を受けたいと言っていた若いカップルがここにいました。いつも若い人に祝福を受けたいと相談を受けます。

私はその人に、あなたの父親が教会にこない、なとということは気にしません。何も変わりません。王国の文化は祝福を受けるときには父親に話さなければならないということです。父親がプロセスに参加しなければいけません。無神論者であっても変わりません。関係ありません。彼があなたの父親です。王国の文化では、父親の役割を無視しません。ですから父親に話しアドバイスを受けて、両親が、パートナーを探すとき、マッチングカップルのために祈るときには、感情的にならずに、長期的に考えなければいけません。父親が参加しなければいけません。母親だけに話さないでください。はっきり言います。このことに関して、ただ母親だけに話さないでください。父親には参加する権利があるのです。それが王国の文化です。

子供が両方の親からのフィードバックを受けた場合、ずっとより良い判断を下すことができます。ずっと賢い判断ができます。お父さんはいつも聞きたいことだけ話してくれるわけではありませんが、それがどうしたというのです。それはいいことなのです。小さすぎるよ。何を考えているのかわかります。結婚したらセックスライフを楽しんだりなんでもできるのです。純潔を保ち、結婚の準備をしているときは違います。セックスの対象として自分自身を宣伝するようなことはいけません。セックスには場所があります。清い、神聖な、聖別された、素晴らしい、力強い場所です。

それを変えたら社会を変えることになります。天使長がいつもやることです。いつも、いつもです。黒人社会をみてください。私はそういう子供達と一緒に育ちました。そのようなコミュニティを見ると統計だけでも1940年までは黒人社会はもっとも力強い家族によって成り立ってました。父親は信仰の強いクリスチャンで、起業家も多く、高度な大学教育も受けていました。新しい力のあるエリートになるはずでした。黒人がその気になると、どんな分野でも信じられないようなことができるのです。冗談ではありません。1940年そういうことが起こったときに、Lyndon Johnsonも言っていますが、黒人の人にそういうことをさせないために、必要なだけ、ちょっとだけあげて、それでも物事を変えることはできることができないくらいというふうに、そういう記録も残っています。

それでどういうことがなされたのでしょうか?責任ある黒人の男性がターゲットになりました。なぜでしょうか?福祉を得るために、離婚した証明を出さなければなりません。父親が居てはいけません。それで公的な助けが得られるのです。それで離婚率が増えるでしょうか?減るでしょうか?とても上がったのです。今は黒人社会では10人のうち3人以下しか父親とともに育っていないのです。誰の責任でしょうか?父親を追い出した後に政府がきて父親を追い出すシステムを管理し、母親が天使長からお金を得るために、天使長と結婚し、他の無責任な低い質の男性と同棲しそこに子供ができたとしても、また公的援助が与えられます。それはフリーセックスカルチャーを促進するでしょうか?減らすでしょうか?増やします。そして父親なしで育った子供の世代が出てきます。統計がありますが、麻薬に関わる犯罪が増え、暴行が増え、刑務所率が増え,IQが下がり、生涯収入が減り、、、、離婚率が増えます。

父親が居ないためです。家に父親がいるかいないかが最も大きな社会的な要因です。たとえひどい父親であっても父親には変わりありません。ひどい父親でもいないよりはいいのです。家族にとって社会的に必要な存在です。

それを除いてしまったら、子供が家に父親がいない状態で育つのです。それらの社会的な現実問題を抱える犠牲者となってしまいます。無責任な子供の世代をつくるのです。女性はそういう無責任な子供と関わらなければならず、怒りやすくなります。劣化のサイクルが始まります。

なぜ黒人の社会が標的になったのでしょうか?最も速く成長していた社会だったからです。強いクリスチャンの家族、家庭だったのです。誰がそれを壊したのでしょうか?天使長です。少数派の黒人が立ち上がり保守派として国家を乗っ取ろうとしていたからです。革新派ではないのです。アメリカの歴史においてもこのような事実があります。ローマの歴史においても父親の位置を攻撃し破壊していました。

なぜでしょうか?サタンは神が父であることを知っていたからです。ですからより神を相対化し、文化的にその位置を破壊すればするほど、サタンが勝てるからです。

それがまさに韓お母様と全ての家庭連合がやっていることです。お父様はただの脚注です。アクセサリーの札のようなものです。スピーチの中に入れて、栄光を返しているふりをしているだけです。お父様を讃えることはできません。喜ばせることも、生涯を業績を賛美することも、できません。人々は忘れてしまってるのでしょうか?祝福の契約の指輪からお父様の名前を消し去っていることを?

11698553_731359903640693_7749494409044826521_n

取り去ってます。消しています。狂っています。本当に狂ってますよ、みなさん。これを見ただけでぶん殴ってやりたくなります。情熱的すぎるからではなく、普通の人間だからです。とても気持ちの悪いことです。どうして一つであると言いながらあなたを救った王を消し去ることができますか?ただの配偶者、夫ではありません。王だったのです。再臨のメシアでした。

みんなが韓お母様に従いました。私たちは韓お母様がそう信じていると信じていたからです。密かに彼女が自分自身がメシアだと信じていたからでも、絶対権力と栄光を望んでいたからでもありません。家庭連合にとっても良いことではありませんでした。

真の母の子宮に神と真の父を置いています。

VimeoThe Burning of Babylon   Sept. 20  2015   Rev. Hyung Jin Moon 2  Sanctuary Church Newfoundland PA

こういう観念を作り上げようとしています。お父様はお母様の子宮の中で一つだと言って。

去年のスピーチで、全てのキリスト教の歴史は独生女を迎えるためのものであったと言いました。クリスチャンが納得できるかどうかやってみてください。

韓国の半島の全ての歴史における韓王朝など存在もしないし、韓国で育った誰もこんな話は聞いたことがありません。その全てが再臨のメシアとしての独生女のためだったということです。

もちろん身近の人たちが私達がいったように裏切っていきました。私と国進様が言いました。盗人の巣を作り上げれば誇りなどありません。後ろから刺されても驚かないでください。誰かが後ろから刺して捻じ曲げても驚かないでください。詐欺の盗人の巣を作ったのです。

神の独生女が神の娘としてサタン世界から分けられて生まれなければいけない。キリスト教の2千年の歴史は神の独生女を探す歴史であった。自分がその資格を持ったものである。

皆が知っています。私が個人的に自分の母親に対して怒ってるのではないと。

私は母を愛しています。しかし、母がしたことを嫌います。私たちは 罪や、人がした悪いことを嫌います。聖書でも 悪を憎むように諭しています。愛しているなら、罪を愛せません。例えば、私は、妻を愛していますから 淫行を嫌います。皆さんも、二つから一つを選ばなければなりません。結婚をしていながら淫行を行うことはできません。二者択一「mutual-exclusive」。善と悪 – 二者択一。そこには、選択があります。全ての評論家は バイナルオポジション とか メド フィロソフィ– とか、非常に汚染された哲学用語を使って 人々を混乱させています。私は、そこに 八年間いましたから、そのようなことは よく勉強して知っています。このような哲学は、破たんし、使い物になりません。私たちのコミュニティーでは、誰でもその様な哲学を解明できます。

巡回師が 私の悪口を言って廻っても、母は、真のお父様が 私に 冠をかぶせ、3回にわたって その式をされたことを知っています。私が 真のお父様の後継で、後継者であり 王 であることを 母は 知っています。その母がクーデターを起こし、お父様が私の主権下に置いたものを奪った当人です。もちろん、そのために、教会が 混乱しているだけでなく 破壊です。摂理は、世界の、縮小です。

三年前に 私たちは 言いました。経済が傾き、もっと危険な状態になると言いました。全ての人たちが 私たちを笑いました。誰が 今笑っていますか。そのような人々も、今では 世界の経済が崩れていることを、世界の 銀行が閉められつつあり、ドイツ銀行が閉められたことを知っています。経済の沈滞、経済危機が この三年間のうちにきました。どうして、私がこれを予想できましたか?三年前に、お父様をないがしろにすると危険と、霊的に 見とうしていました。そうすると、祝福も失うことも 母に訴えました。

まだお父様が病院におられる時から、母は 馬鹿馬鹿しい委員会を作って、次の事ごとを変えることを計画していました。

お父様のCSGのみ言葉を 80% 変更。今家庭教会のウエブサイトでは、お父様の 八大教本を見ることができません。今は、四つの新しいものを 買わなくてわなりません。日本では、240万円を払わなくてわなりません。そうですか?「馬鹿馬鹿しい」私たちは、全て ただでウエブサイトに載せています。み言葉は 公共の所有物です。お金で変えられません。私は、正式な後継者です。私こそどうするか決定できます。私は、全て、公共の所有物と決定し、いつでも 誰でも見ることができます。全て、私のスビーチは、インターネットに、載っています。個人個人が 私のスピーチを インターネットに載せています。
: 国歌の変更
: 祝福問答の変更
:
:
:統一マークに関する公的訴訟
お父様のシンボルを除外ーだから私は、もっと 堂々とシンボルを掲げています。ファミリー フラウド 公訴したかったら 私を公訴しろ!
聖地の売却
今 聖地の売却をしています。何故なら彼らは 経済危機に来ているからです。会員は、良心に従って、集会とかイベントには行きますが、だんだん献金をしなくなっているからです。献金が減ってくると、またどんどん絞り出すうとします。税金を増やします。こういうやり方は破滅します。

これは、韓国の先週の記事です。ヨイドの次に大きな 協会の所有地で 九里教会です。20億円以上 の価値があります。お父様が 後継者である私に託されたものです。彼らは、私から奪い取り 、売り払っているのです。なぜ私なら売らないというのでしょうか。私たちならたとえそれが何千億円の価値があろうと売りません。私は名誉を重んじる人間です。全てのお金より 尊い人間です。私たちは 誇り高い文明を築きます。

この全ての所有地売却の件は、(家庭連合の)経済が傾いているからです。この様に、聖地を売り払っていきます。多くの人々が この地で 祝福を受けました。此処にもあそこで祝福を受けた人がいるでしょう。マツチングを受けたでしょう。お父様が多くの教育をここでされました。90歳になっても お父様はここで多くの修練会をされました。ここが売り払われてしまいました。しかし、今 まだこのように、多くの食口が 出てきています。この話を知っているでしょう。韓マザーがこの地を売るように指示しました。決定は正式な選挙でな されるべきでした。教会員の賛否投票の結果は、「売らない」でした。これは、公的に韓マザーに背くことになりました。その後 中心者たちは 四、五ヶ月 の間、韓マザーは、とても怒っておられます。何としても 売らなくてはならないと働きかけました。日本人には 韓国を奴隷扱いしたでしょう、今韓マザーに返すべきです、等々訴えました。韓マザーは 中心者たちを集め、「売れ、売れ」と厳しく言い続けました。

そこの組織は完全な詐欺組織です。名前はなんと言いました?チェですか?もちろん彼は大金を手に入れたいから売ろうとしてます。これらの資産を売ってコミッッションを得たいのです。大きなコミッッションです。何千万ドルという資産です。それを売れば大した額のコミッッションになるのです。それで押しとうそうとして、拍手による投票というようなことをしてきました。どれだけ大きく拍手するかによってです。北朝鮮の映画館のようなものです。殿様のやるようなことです。あなたたちは普通の母親です。家の子供の教育の食べ物の面倒をみる普通の母親です。頭のいい母親はそういうことはやりません。彼女たちはお手伝いにさせるのです。エリートの母親たちはそういう風にします。どうして母親がそんなことができるのかという時、あなたは普通の人だからそうはできないんでしょうね。大金を目にした時の誘惑があった時に、そして自分自身が崇められたいと思った時、そして密かに自分自身が神であると信じている場合、普通の女性も狂ってしまうのです。

道端でデモが行われました。多くの人がきました。サンクチュアリーの人も他の人もいました。家庭連合の人も水を持ってきて、「あなたたちはとても大事なことをしています。ありがとうございます。水を飲んでください。」と感謝していました。若い人がお父様の、決してこの土地を売ってはいけない という訓読会のみ言葉を毎日ずっと、読んでるのを人々が見ていました。しかし、脅しと政治的な根回しによってこの土地は売られてしまいました。

ここは韓国教会の不動産の価値からすると最大の資産でした。一度大きいものが売られると、どうなるでしょうか?小さいものがどんどんに売られてしまいます。月々6百万ドルの清平の維持費と、月々4千万ドルの日本の教会の維持費のためにそれらを売らないといけないのです。歴史を見ましょう。それは長く続くでしょうか?大きなのを売ればしばらくは持ちこたえるでしょうが、小さなものは多く売らないとお金になりません。すぐになくなってしまいます。お父様が買われたニューヨーカーホテルも99年のリースで。売っているのではありませんよ。などと言ってますが、不動産をやっている人であればそんなことは誰でもわかることです。99年後に取り戻すことなどできません。売っているのです。彼らは人々は実際に相当なバカだと思っています。お父様の血の滲んだ資産と基盤を売る説明が馬鹿げています。もちろんリーダー達は「韓お母様がそう命令された」と「もちろん韓お母様が大きなサラリーと大きなコミッッションもくれると言っていますが私たちはそうしたくはなかったんです。」「そのために夜も寝ることができません」などと情けない顔をして言ってます。「新しいメルセデスいいですねー。」というと「ああ、私の娘がどうしても車が必要だったんですよ。」(笑)

完全な詐欺師です!彼らは一時的なお金を今得るのですが後でその罰を大きく受けるのです。正直な社会があなたが詐欺師だとわかったら彼らはビジネスをしません。もしするとしてもそれはあなたから盗み奪い取るためです。お互いに利益を得るような契約はなされません。

デモをしている人たちは、天一国市民として、徹夜祈祷をし、訓読会をして、み言葉を読み、できる全てのことをなしています。面白いことですが、独裁者、全体主義者はいつもこのような人たちを小さいものであるように感じさせようとしています。「正直もののふりをして!あなた達がそのビジネスを立ち上げたわけではないでしょう!その道を造ったわけでもないでしょう!その基盤も造りませんでしたよね!他の誰かがあなたのためにやったことです!」実際はあなたが造ったのです。「あなたがあの家を造ったのではない!他の人が木を切った!私がやったんでです。」独裁者、全体主義者はいつも正直な独創的な創造的な自由な起業家をバカにします。決して独占者、大きな会社、大きな政府と競うことはできないと思わせます。どうしてでしょうか?それは彼らがその小さな人たちを最も恐れているからです。

小さい人たちが神の側に立つ時、たった一人であったとしても,神とともにいるのが多数派です。私がここに来た時は国進様と二人だけでしたが私が多数派でした。家庭連合のリーダー達はすでに敗北していました。次の世代の王権を売り飛ばしてしまったのです。私たちは彼らの植民地支配政策に同調しなかったのです。

July312016KingdomOrder   Google ドキュメント

(デモをした)お父様のために立ち上がるこの素晴らしい人々に神の祝福があらんことを。
誇りと忠誠心を持つ本物の男と女達です。自らよりも偉大なもののために生きる彼らは忘れられることはありません。難しい時に立ち上がる人々は忘れられないのです。素晴らしい韓国の、日本の女性が立っています。

アジアはグループ意識の強い社会です。彼女達はひどく迫害されるのです。西洋社会で迫害がひどいと思うかもしれませんが、例えば「自分は亨進様が正しい」というとギャーギャー言われますし幾つかのブラブラブラーといったEmailが来るかもしれません。そのくらいですが、韓国や日本ではあなたの母親とかおばあちゃんにまでとばっちりがきます。おばさんとか全員でかかってきます。360度全てにおいてプレッシャーをかけてきます。あなたは親不孝者!恥さらし者!おばさん、彼女がああいうことをやってるなんて信じられますか?おばあちゃんに言って、別なおばあちゃんにも言って!親戚に言って!そして毎日変わりばんこで電話してきます。アメリカでは簡単すぎます。へっちゃらでしょう。アジアの人は何言ってるかわかりますね。

July312016KingdomOrder   Google ドキュメント2.png

この若い人といる、みやじまさん、韓国の姉妹と祝福を受けた素晴らしい人です。聖霊が彼の娘に触れて、目覚めさせても、彼は抵抗して、日本人としてこのようにしなければならないといい、頑固にビデオをみようとはしませんでした。娘は「お父さん、お願いです!ビデオを見てください!」それで彼は、テイッシュボックスとかポテトチップとかそろえてずっとビデオを見ました。(笑い)そして別な方向に立ち上がったのです。「オーマイロード!」といって。

ルカによる福音書第7章

21 そのとき、イエスはさまざまの病苦と悪霊とに悩む人々をいやし、また多くの盲人を見えるようにしておられたが、
22 答えて言われた、「行って、あなたがたが見聞きしたことを、ヨハネに報告しなさい。盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞え、死人は生きかえり、貧しい人々は福音を聞かされている。
23 わたしにつまずかない者は、さいわいである」。
24 ヨハネの使が行ってしまうと、イエスはヨハネのことを群衆に語りはじめられた、「あなたがたは、何を見に荒野に出てきたのか。風に揺らぐ葦であるか。
25 では、何を見に出てきたのか。柔らかい着物をまとった人か。きらびやかに着かざって、ぜいたくに暮している人々なら、宮殿にいる。
26 では、何を見に出てきたのか。預言者か。そうだ、あなたがたに言うが、預言者以上の者である。
27 『見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの前に、道を整えさせるであろう』と書いてあるのは、この人のことである。
28 あなたがたに言っておく。女の産んだ者の中で、ヨハネより大きい人物はいない。しかし、神の国で最も小さい者も、彼よりは大きい。

イエス様が洗礼ヨハネにはなしている箇所です。ルカによる福音書第7章27節「見よ 私は使(つかい)をあなたの先につかわし、あなたの前に 道を整えさせるであろう」と書いてあるのは この人のことである。あなた方に言っておく。女の産んだ者の中で、ヨハネより大きい人物はいない。しかし 神の国で最も小さい者も、彼よりは大きい。

何故だかわかりますか?なぜなら 神の王国においてヨハネは神の王国を起こす人について話していますが、しかし神の王国の市民が王であり、王国のプリーストです。王達の王があり、王達の王の血統があり、その根があります。彼らの相続する霊的ルーツがあります。市民がルーラー、治める者であり政治家達はサーバント、仕える者達です。王と王妃の前に。
市民達自身が領土を死をもいとわず闘い守り抜く権利。
天一国において王は王としての道の権利があります。
最も小さい市民でさえもヨハネよりも偉大です。ヨハネは王国について話しましたが、彼は王国の王ではないからです。わあ!今私は、聖霊を強く感じました!

しかし皆さん、アメリカを見てください。(スクリーンのヒラリーの写真)
わあ!2016年ヒラリーは牢獄へ!とあります。
いいですか? この女性は100%ギャングスターです。彼女は国際法をEメールスキャンダルで破りました。彼女は中東との関係を破壊しました。恐ろしい恐ろしいギャングスターです。彼女は女性達の味方と主張しています。彼女は女性達を保護していると言いますがしかし、彼女の夫は19人以上に及ぶ女性達をレイプしている記録があります。彼女は彼女のそのような夫によって良い仕事をしていますね?そうですか?

彼女は真にフェミニストです。カター、サウジアラビア、外国の政府の基金によって設立された組織がビル 、ヒラリークリントンファンデーションです。何億ドルという講演費。
今週驚くような事が起こりましたね。信じられますか?

何が起こったか見てみましょう。私はバーニイを支援していませんが、彼は社会主義者、オープンソシアリストです。しかし、彼は多くの州で勝利していましたが、民主党はバーニイの勝利を盗んでいました。本当なら彼バーニイがノミネートされるはずの人でした。バーニイから奪いそして彼女、ヒラリーに与えたのです。とてもこれは馬鹿げています。それでも民主党だと主張しています。大っぴらにカルフォルニア州やほとんどの州の勝利を得た彼バーニイから奪ったのですから。実際彼がノミネート者となるはずでした。しかしながらこの様な分裂が民主党の中であり、何が起こったかというとバーニイ支持者達、2000名 、もしくは1900名以上の人達が席を立ち去りました。見てください。これらの空席を!(スクリーンの写真を見ながら)
しかしメディアの人達は取り立てませんでした。そして会場の電気が消された後少しして再び点灯された時には、空席に新しい人達が座って埋まっていました。何人かの民主党の人達が、書いているなかで「投票のあと、もしバーニイのサインをどかさないと逮捕すると言われた為立ち去ったと。」

彼らが初日の民主党大会で女性代表リーダに対してブーイングしているのを見ましたか? サーカスの様でした。彼女が「ヒラリークリントンが民主党の候補者です。」と言った時一斉にブーイングが起こりました。そして「バーニイ、バーニイ!」「ヒラリーを閉じ込めろ!閉じ込めろ!」と。それは民主党の大会の中でです。もちろん一体化のように見せかけて。それは幻影です。彼らはなにをやろうとしていますか? 政府のサイズを増加しようとしています。お父様は共和党のブッシュ達に対してもイラクを攻撃、戦争してはならない、聞き従いなさいと。多くの罪のない人々、イラクの人々のオイルでビリオンダラーを得ました。お父様の平和メッセージの中にもあるようにもしアメリカがイラク戦争をやれば揺さぶられてしまうと。彼らはお父様の言う事を聞きませんでした。完全にハイジャックも同様です。

もちろんトランプはアウトサイダーです。そしてサウジアラビアやればメディアはトランプをとてもきらっています。もちろんそれは良いサイン、偉大なしるしです。
(スクリーンを見ながら)

これがDMC、民主党大会の外で起こった内容です。これらのバーニイ支持者の人々が旗に火をつけ燃やしたりしています。1000人以上の人達が外にいます。ところでここにCNN人達、メディアの人達がいますか? ノー! ゼロです。彼らはフェンス、壁を彼らの回りに作り囲っています。アリーナに!民主党の人達が反対している壁、囲いです。そうです!反対しているにもかかわらず自分達の回りに作っているのです。なぜなら、中に入れたくない人々を入れないですむからです。壁が上手く活かされているのですね。そしてバーニイが出てきて、今まで彼は自身をアンタイリフォーム、アンタイエスタブリッシュと言いながら、彼バーニイは、最も彼が反対していた立場の人、ギャングスターのヒラリーを推薦したのです。今彼は100%支持しているのです。多分彼はブラックメールか何かでシークレットに脅かされたのでしょう。そして今彼は「自分はヒラリーを支援する」と。

これは犯罪シンジケートです。これらを見てください。(スクリーンを見ながら) 彼らはコミニスト、共産主義のようになりました。しかし彼らは、自分達から選挙権を奪い、盗むことなど出来ない、フェアーな民主党、フェアーな選挙過程、我々の選んだ人を立てなければならないと訴えています。アメリカはキチガイじみた完全社会主義へと向おうとしています。1000人以上の人達が外にいるにもかかわらず、しかしクーラーの効いたスターバックスの店の中にいるメディアのリポーターの人がひとりも出てきてバーニイ支持者の人々にインタビューをすることもありませんでした。彼らリポーターはスターバックスの店の中でコーヒーラッテ やマキアトコーヒーを飲むのに忙しくて、そこから5フイートだけしか離れていないバーニイ支持者達のうちの1人にインタビューする時間も取らないのですから。

その同じメディアが「オ~!ヒラリーのEメールはロシアのスパイによってハックされた!」「ロシアのスパイがやった!」と主張している。いい加減なものです!痛いたしい大きな政治的メディア!ジャーナリズムは本来もう一つの分野におけるパワー、力であるべきです。継続してチエック、明らかにするべきです。ソビエト連邦はそのようにやりました。中国もやります。それは今のアメリカがやらないことです。

これは天一国がする事ではありません。この間 とても明るい青年ととても良い議論をしました。彼は もう二年程 無政府自由主義の考えを持っています。無政府主義にも幅が広く、自由主義から、政府が完全に管理する共産主義まであります。 無政府自由主義はまったく政府を必要としません。政府は武器を所有しますから、武器を持って国民を統治するのではなく、政府が無くて、自由な貿易、自由な交流を通して 成功したいと主張します。彼と彼の兄弟はその会議に行きましたが、ほとんどの参加者は無神論者です。 彼は 天一国の憲法の事を聞いて、”そうか、でもそこにも政府が有る。”と言いました。まだ若い青年です。

そして 或る晩に彼は夢の中で、イエス様に会いました。イエス様は18歳位の年で、目は青く、髪は茶色でした。彼は ”イエス様、こんな所で何をしているのですか?” と尋ね、近づいて行き、”一つ質問してもいいですか?”と聞きました。”地上天国は無政府自由主義のようですか?それとも 国進様や亨進様の言っている天一国のようですか?” イエス様は答えました、”国進様や亨進様の言っている天一国のようです。” それで 彼は ”それは確かですか? 無政府自由主義のようではないですか? 政府は武器を使うし、税金を課すし、盗んでいるようです。”と聞きました。 これらは 典型的な無政府自由主義者の言い訳です。彼はこの様なすごい体験をしたのです。

私は彼に言いました。 ”例えば、仮に世界に一つの州が有るとします。そして それは無政府自由主義だとします。 実際には 不可能ですが、仮に有ると想定します。 そこには 政府は無くて、自由な交流だけ有るとします。 これは思想的には理想的な状態です。 一方、天一国の憲法は聖書と神の理想、アダムとエバのエデンの園の理想に基づいています。そこにはアダムとエバと そして、天使長がいます。 天使長は本来 主人ではなくて、アダムとエバの僕です。 アダムとエバは 本来 国王と女王になるはずでした。 天一国の憲法では、政府は国内総生産の10%を超えてはならないと記しています。 それは もし超えたならば、不法なので、全ての部署で 一律に削減し、10 %内に留めます。政府は 最大限 国内総生産の10%を超えて 大きくなれません。ですから、ある程度の連邦政府の存在を許しています。 連邦政府が必要な場合が有ります。例えば、国が侵略を受けて、戦争をしている時です。国家的軍隊や警察が無いので、自衛兵や人民兵だけです。ですから、戦争時には それらを組織して、軍隊とする必要があります。

二番目には、独占禁止法が必要です。人間の性質として、政治家を買ったり、法律に影響を与えて、独占を試みるからです。 権力の独占のないように法が必要です。天一国の憲法では 毎回10年ごとに法の期限切れが自動的に行われます。毎年10%の法律が期限切れします。ですから、もし誰かが ある政治家に大金を投資しても、10年後には無意味になります。かなりしっかりしたコストベースの分析が必要でしょう。

私は彼に聞きました。“純粋な無政府自由主義の国はどの位続くだろうか?” 無政府で、ただ人の交流だけで、歴史的な人間の性質を考慮してみると、必ずと言っていい程、社会主義や共産主義に移行する。男性と女性の投票の特徴を見てみると、女性は必ず 大きな政府の傾向に投票する。例えば、福祉拡大や援助の必要な人へのサポートに賛成する。全ての女性を取り除かない限りは(そんな事が出来ますか?)、母性に依って、女性は社会主義の方向に投票します。女性は 共有したり、共同でします。統計的にも判ります。男性もその傾向は有りますが、低い数字です。人間の性質からして、社会主義や、連邦主義や、共産主義に徐々に移行していくパターンから逃れることは出来ません。自由な意思を持っている人間は時々悪を選択します。

ですから、無政府自由主義の状態で、いかにして、人々が社会主義的に小さい政府を作ろうとする試みを防ぐ事が出来るだろうか? ひとは小さいヒッピー的な共産主義の社会を作ろうとするだろうが、どうやってそれを防ぐのだ?または、小さい社会で、誰かを選択し、兵を用意し、その影響を持って、もっと大きな政府を作ろうとするだろうが、それをどうやって防ぐのだろうか? 無政府自由主義の状態で、それに反対する人達をどうやって止める事が出来るだろうか? それは不可能です。人間の性質を止める事は出来ません。天一国の憲法はその点を取り上げています。天使長は必要ですが、僕としてであり、主人としてではありません。

アダムとエバが王と女王で、市民が王と女王です。彼らが統治し、所有します。政府ではありません。市民が警察であり、軍隊です。確立された軍隊ではありません。人間の性質として、拡大しようとしても、憲法として、GDPの10%を超える事は許されません。それ以上、人々のお金の盗む事は出来ません。そして、ずっと前のアメリカの様に、所得税も有りません。
VAT税も有りません。VAT税は 利益に課される税です。利益を政府にあげて、政府が 税を差し引いて、返します。利益を天使長にあげて、祝福してもらい、少なくなっても、感謝して、受け取るような考えられない事です。幾分盗まれているようなものです。天一国ではVAT税はありません。利益を 聖書にある如くに扱います。利益は 個人や代々を通して、保存出来ます。

消費税は 権力を駆使して、無防備な人から、公的にお金を強いります。権力を使い、盗んでいるようなものです。では 消費税は盗みでしょうか? 違います。 天一国では、市民が土地を所有します。アメリカ合衆国政府は国土の50%から60%を所有しています。とんでもない事です。市民が所有すべきです。なかには、市民が所有すれば、その土地は破壊されてしまうと言う人がいます。バカげた話です。私の所に ロブスターが安価で配達されました。綺麗な場所で、ゴミ一つ有りません。国立公園でそんな事が有るでしょうか? 有りえません。 市民が土地を所有する時、それは お客様中心の心構えが有るので、ケアーがされます。所得につながっているからです。市民が土地を所有して、何かを売る時、5%の税を払い、もし 戦争になった場合は、そのお金をもとに国を保護します。

個人の土地所有に基づいて、そのような税を払いますが、所得税やVAT税は有りません。
私たちが労働の収穫を保護します。私たちが 王様で、神様が創造された万物を主管します。神様の王国を理解する時、これが神の王国の力です。イエス様は 神の国の到来を宣教しなさいと言われました。神の王国の力は、興奮と共に、将来に起こりうるビジョンも生み出します。

終末の時に、サタンの統治は強くなるけれども、強くなればなる程、弱くなります。何故なら、強くなればなる程、その姿がスポットライトに現れ、あから様になるからです。悪は一番強い時が、弱い時です。神の人々が立ち上がり、適切な立場に立つ時、神の王様と女王として、ここは主権国家である事を宣誓します。罪と恥に打たれて、または 傲慢でそれを言うのでしょうか? いいえ。

私たちは主権国家の王様と女王、神の国の王様と女王です。それが私たちです。そして、私たちは その権利を授けてくださる王様の中の王様に連結されているのです。これは 傲慢さではありません。相続です。真に神様と世界の王国を相続する人々が 立ち上がって、我々が神様の相続者で、天使長ではないから、サタンよ、引き下がれと言います。それを言う時、足でキックをして、気合をいれるのです、ちょっとした柔術をしっているから。

天聖経 1196

私たちは今、王政を復帰する時期に入っています。将来、全ての国民が信じると言う事は必要無くなるでしょう。一つの国の大統領が、憲法を原理に基づく様に修正すれば、すぐにその国が復帰されるのが、可能になります。

アーメン、アージュ。

神様と来たる神の王国に栄光を捧げましょう。善なる精神と勇気と信仰を持ちましょう。敵を追い詰めるような方向に向けて、私たちは 言い表せない程の歓喜にあふれながら、神様の王国とその向こうを見つめています。神を讃えましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中