【ほぼ最新】 韓鶴子総裁のスピーチ 7月15日・天正宮

 
 
下に掲載する講演文は「戴冠式及び入宮式」(2006年6月13日に韓国で行われた「天正宮博物館奉献式および天宙平和の王、真の父母様戴冠式」)の10周年記念に際して韓鶴子総裁が天正宮で行なったスピーチです。

ちなみに韓鶴子総裁(独生女)本人に言及した部分は赤、生母の大母ニム(洪順愛氏)について言及した部分は茶文鮮明師に言及した部分は青で色分けしています。

使用したテキストは米国家庭連合公式ページに掲載された原文(韓国語)の英語訳(日本語訳はサンクチュアリNEWS管理人)

 

2016年7月15日 天正宮

韓鶴子総裁

20160718_photoline_11

今日は人類歴史において歴史的な日です。六千年歴史の中でも奇跡のようだと言えるでしょう。この重要性が分かりますか?もしそうなら、あなたがたはどれほど幸せですか?幸福は自分だけのものではありません。

今(韓国の)協会長から摂理歴史に関する報告を聞きましたね。神様は天、地、すべての被造物とアダム、エバを創造されました。他の被造物と違って人間に神様は責任を与えられました。人間に夢を持っておられたのです。その責任を果たす日こそ我々が神様と一つになるのです。その日は無限の幸福と栄光の日になるでしょう。

しかし人間はその責任を果たすことができず、神様のもとを去っていきました。それ以来人類歴史は神様を中心として世界ではなくサタンを中心とする堕落した苦難の世界としてここまで来ました。しかし全知全能の神様は失敗することができません。失敗という言葉は神様にはないのです。そして神様はそれがいかに困難であろうとも摂理の御業を成してこられました。

中心人物たちは摂理を通して責任分担を成就しなければなりませんでした。神様にとっていかに困難であったことでしょうか。神様は独生子と独生女を迎えることを夢見て選民イスラエルを選ばれました。この夢はイスラエル民族を通して実体的責任をもつマリアがイエス・キリストを独生子として生んだときに実現しました。

神様はどれほどうれしかったでしょうか。堕落世界には大勢の人がいましたが神様が直接主管し息子と呼ぶことのできるその一人の人が生まれました。その時マリアに残された責任は何だったのでしょう。最終的にはマリアは自分の責任を果たすことができませんでした。

マリアは教会で二千年間、素晴らしい聖母としてあがめられるような存在ではありませんでした。結局、イエス・キリストの環境創造の使命を果たすことができずに十字架につけてしまいました。不幸なことに神様は無知な人々を通して働かざるを得ず、無知な人々を通して摂理を完成しなければなりませんでした。悲しいことです。

もしイエス様が独生女と出会って聖婚式を挙げることができたならどうなっていたことでしょう。十字架につけられ、子羊の婚宴のためにまた来るという必要もなかったのです。もしイエス様が蕩減摂理歴史に勝利し地上天国を成し遂げていたなら天の父母さまは私たちと共に直接暮らしておられたことでしょう。しかしユダヤ人もマリアも祭司の家庭も条件を立てることができませんでした。

だからこそ天の使命はキリスト教二千年を通して独生女を見つけ出すことであったのです。天は一度失敗した個人も国家も再び用いることはできません。だから摂理はアジアにまわって来ました。

短い時間に摂理の歴史をすべて解説することはできません。韓国は天が二千年かけて育てた選民であることを皆さんは知らなければなりません。そこに中心人物もいなければなりません。だからこの国に独生子と独生女が生まれました。

皆さん、2001年「神様王権即位式」が執り行われました。どこで行われましたか?トレーニングセンターで行われたのです。当時、世界摂理のための条件を立てるため真の父母は南米にいました。当時、摂理機関責任者や他の幹部たちがそのトレーニングセンターを建てましたか?摂理の瞬間が近づいていることに誰も気づかなかったのです。たった一人の方を除いては。それが大母さまです。皆さんすべてを代表して摂理を成し遂げられたのです。だから私たちは大母さまに感謝しなければなりません。

その時から真の父母さまは祝福中心家庭に真の父母でもイエス・キリストでもなく自分たちの名をとおして祈ることを許可されました。大きな恵みです。知っていましたか?それは真の父母と天がすべての祝福家庭をわが子として認めたことを意味します。どれほど素晴らしい祝福でしょう。皆さんが完全に用意できていなかったとしてもです。

そして真のお父様は一つ最後の指示を出されました。「血統を守りなさい」「心情蹂躙をしてはいけない」「公金を誤ってはいけない」。これらは簡単なことではありません。これらのみ言葉を守っていますか?自信をもってはいと答えられる人はあまりいないでしょう。6年後、戴冠式と入宮式を行った天正宮誰が建てましたか?皆さんが建てましたか?すべて霊界の指導で建てられたのです。

イエスさまの時と違って大母様が独生女を生みました。大母様はそのすべての生涯を天の摂理のために生きた人です。誰よりも神様をご存じです!真の父母のためにどういう環境を用意すればよいかご存知でした。それゆえに他の誰も考えも及ばないことを成し遂げられたのです。大母様は霊界の代身者と呼ばれました。しかしサタン世界にいて100%公的に投入し続けることは難しいことです。堕落世界の人には私的利益を無視することは難しいのです。

私が何を言いたいのか分かりますね。大母様の業と信仰によって環境が創造されたのです。

それを思うとき、天正宮がなければ戴冠式および入宮式をどこですることになったでしょうか。テントの下で行うのですか?六千年摂理歴史が完成する日です。
二千年キリスト教には中身がありませんが外的文化はヨーロッパを通して繁栄しています。七百年八百年前に立てられたカトリック教会もあちこちでまだ残っています。そこに主人はいません。摂理歴史に真の父母の跡を残さなければなりません。その用意ができる長老幹部がいません。

悔い改めのときにいます。真の父母と歩んでいる皆さんも悔い改めないといけません。「私は責任を果たしているだろうか。孝子の位置を守っているだろうか。自分は忠実か」こう悔い改めなければなりません。

今日は雨になるでしょう。そう聞きました。皆さんは心の涙を流し、許しを請い今日この場に皆さんと皆さんの家庭が居られることを感謝しなければなりません。

これからは大人の子女になってください。自分の責任を果たさなければなりません。ここには人に向かって善し悪しをあれこれ言える人は誰もいません。それができるのはこの私だけです。

この会議のためここにすべての大陸会長が集まっていることを知っています。皆さんの苦労を讃えるとともに誇りに思います。しかし、それも天から受けた恵みに比べることはできません。とくに真の父母が戴冠式、入宮式の際、世界中の土と水を混ぜて与えられた祝福には比べようもありません。その意味は何ですか。本来この地上は神様の所有でした。神の主権のもとにあったのです。しかし堕落のせいで、この世はサタン的、自己中心的になりました。この意味を皆も知っているでしょう。所有権を変えなければならないという話を聞いたことがあるでしょう?天の所有権を広げる忠臣孝臣になりなさい。そうしますか?(はい)信じてもいいですか?

ビジョン2020に向けて今やらなければならないことがあります。皆さんがいかに責任を果たしたかによって神様の位相が変わります。真の父母の位相が変わります。外的には世界中で解決のつかない問題が多く起こっています。フランスでは宗教問題が大きな悲劇を生みました。世界中でこのような問題が起こっています。それだけでなく地球自体が地球温暖化という熱の病にかかっています。この不安定な状況で次に何が起こるか予測もつきません。ただ傍観者の席に座り見ているだけでいいのですか?何をすべきでしょうか。

真のお父様は世界摂理として1972年ニューヨークで世界科学者会議を始められました。ノーベル賞を受賞した人、著名な指導者をあつめて絶対的価値について話し合うことを求められたのです。科学者会議は21回開催されました。その間、真のお父様はダンベリーにも行きました。

また会議の議長だったカプラン教授に真のお父様は共産主義の終わりを宣言させました。その宣言をすることは難しかったのです。1985年にはソビエト大使館はスイスのジュネーブの国際ホテルのすぐ隣にあったからです。そこでカプラン教授は共産主義は崩壊すると宣言しました。その数年後、共産主義は崩壊しました。

当時のアメリカも危うかったのです。南アメリカが危機に瀕していました。ひとはみな全世界が共産化されると思っていたのです。その時、真のお父様はダンベリー監獄の中にいながら南米ニカラグアを救いました。

真の父母の業を世界の人々が知ったなら涙で目がかすむことでしょう。たいへんで困難な道を通過しても真の父母は神様のみ旨を成し遂げなければなりませんでした。真の父母はただ前を見て進むだけです。今日皆さんはこの場に立っていますが、ここに来るまでにみなが想像すらできない困難、越えなければならない峠を越えてこなければならなかったのです。しかし真の父母は強靭な心をもって神様と一つとなって神様の願いをかなえるためにこのような奇跡を作り出すことができました。

皆さんは自分の責任を持っています。しかしそれを果たすことができませんでした。今日皆さんに一つお願いします。今日から実行しなければなりません。私と一緒にこの天地鮮鶴苑を建設しましょう!
 
おわり

真のお父様のみ言葉 2012年1月19日訓読会(天正宮)

安州(お母様の故郷)と韓氏族を自慢するな。それをしたら真の母にはなれない。 
 
続きはこちら「ピースTVが決して公開しない訓読会のみ言」
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

【ほぼ最新】 韓鶴子総裁のスピーチ 7月15日・天正宮」への10件のフィードバック

  1. この内容を見ましたときに 結論として 箱物の重要性と それを作るためのお金を 集めた 大母?(キムヒョウナム )の重要性 ゴウジャス ノーベル賞 そして 付け加えの御父様を感じる 
     見せかけだけの知と 情 と 意思のかけた 内容であるということがわかります。
     サタンに完全に乗っ取られた 組織 それを 守る 天使達(公職者) そして盲目に従う奴隷たち
     特に 日本人は 奴隷が長いので、奴隷から解放されても また奴隷を恋しがり 自立できません。
     兄弟姉妹と横の連携を取る事は 大変良いことです。
    3万双で  30年  6000双で 40年 継続して奴隷でした。
    古ければ古いほど 亨進様が おっしゃられることは 理解できません。

    そこには スイカもキュウリも 桃も たくさんの美味しい 物があふれていました 
     然し 既にそこにある果物は すべて かびでおおわれ 腐り始めています。

     
    名前を出すことが 恥ずかしいことでしょうか?
     
    自己主張をする
     救命ボートで名前を出す事は 奴隷から抜け出る 大1歩かもしれません。
     

    いいね

  2. 亨進様のスピーチの翻訳だけでなくお母様のスピーチまでどうもご苦労様です。家庭連合の方にも是非シェアして差し上げたいですね。できたら家庭連合最高委員会の質疑応答などの訳も拝見したいですね。どんなみ言葉が語られてるんでしょうね。大変興味があります。太平洋戦争の時のように暗号解読しないといけないでしょうかね?でも韓国から日本からボランテイアの方々をとうして入ってくる豊富な情報がそういうものなんでしょうね。全てのごまかし、嘘、いつわりに立ち向かっていきましょう。これからも、どうぞあまり無理をせずに、よろしくお願いします。

    いいね

  3. いちどくしゃ の発言:

    すみません、心情蹂躙とありますが、正確には人権蹂躙ではありませんでしたでしょうか?お母さまが間違っているのでしょうか?翻訳の間違いですか?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中