2016年6月26日亨進ニム説教 【英語説教日本語訳】(その1)

 
 
Sunday Service   June 26th  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

翻訳:サンクチュアリNEWS管理人

2016年6月26日

今日はファミリー・キャンプの初日です。ビデオを見ようと思っていますが、まずその前にはっきりと言っておきたいことがあります。
たとえ公に話すことがはばかられることでも、あらかじめ話しておくことでサタンの攻撃から免れることができます。だから早いうちに話しておきます。

特に若者にとって私は霊的な父の立場にたっています。ですから自分の実の息子、娘に語るように皆さんにも話すのです。現実を話します。綺麗事を語って現実を隠そうとは思いません。

過去に行われたこういうキャンプにおいて、それがキリスト教徒のものであれ、他の宗教のものであれ、また家庭連合のものであったとしても、必ずと言っていいほど男女問題が浮上するのです。知らないふりをしても現実には起こっています。キャンプの最中に異性を漁(あさ)るということが起きているのです。だから男の子は誘いをかけてくる女性に気をつけなさい。また女の子は誘惑して思いを遂げようとする男性に気をつけなさい。

率直に現実を直視しなければなりません。善の側にいて良さそうな人に見えたとしても人は完璧ではないということです。知らない人が来て一緒に行こうといっても決してついて行ってはなりません。これが基本です。

たとえサンクチュアリのみんなが集まっているキャンプだからといってハプニングが起きない保証などどこにもないのです。このような現実を踏まえておいて下さい。また今回の開催地は公共の、国立のキャンプ地です。他のグループも大勢いるのです。お酒を飲む場所やパーティをしている場所もあるでしょう。ひものようなビキニを着て走り回っているかもしれません。だからくれぐれも注意を払って自分で警戒して下さい。常に用心しておかなければなりません。「ここはエデンの園だ~。ここにいる人たちは皆信用できる~」などと能天気に調子に乗ってはいけません。誰でもが入ることのできる公共施設です。十分警戒しなければなりません。変態がトイレで盗撮しているかもしれません。くれぐれも気をつけて下さい。

ある場所で何か不審なものを感じたら、第六感に耳を傾けなさい。私も2・3人で見回りますし、兄さんと一緒に行くこともあるでしょう。くれぐれも正気を失わないようにして下さい。

最初にこのような話をせずにいきなりキャンプ地にでかけるとどうなるでしょう。色々、風変わりな出来事に出会ううちにサタンに惑わされてしまいます。だからあらかじめ話しておくのです。全員が注意して心掛け、責任ある成熟した人間としてお互いを助け合うのです。十分な注意を払ってください。

誰でも使える国立公園ですから、いろんなかたちの誘惑があるでしょう。他から来た子供たちも色々と働きかけてくることでしょう。私有地ではないのです。全員が気をつけなければなりません。

私は可愛いウサギを飼っています。その内の一匹が八匹の赤ちゃんを産みましたが全部死んでしまいました。母親ウサギが食べてしまったのです。これは赤ちゃんウサギの扱いを私たちが誤ったせいです。私たちの5%です。

ともかくそのウサギは本当に可愛らしいウサギでしたが或る夜、外に出て行ったらしく、朝4時ごろ何か叫び声を聞きました。一体何の騒ぎだろうと思って外に出てみると、そのウサギの首がちぎれていたのです。キツネが来てウサギを襲ったのです。

私の妻は韓国語で可愛らしいアニメーションを作っています。そこではウサギとキツネが一緒にピクニックに出かけたり、ウサギがキツネにコーヒーを振る舞ったり、赤白チェック柄のマットの上で一緒に星空を見上げている場面があります。自然界ではそんなことをしていると五分以内にキツネはウサギを食べてしまうでしょう。それが現実世界です。お花畑の世界ではなく現実世界に生きて下さい。

キャンプでクロクマさんと遊ぶことなど無理なことです。どうしてもそうしたいというなら勝手にすればいいのですが、警告はしておきます。自然界にはファンタジーの中にはない現実的な法則があります。ですからリアリズムをもって警戒して下さい。キャンプ地には野生動物だけではなく、二本足で歩く危険な動物もいるのです。

ですから青年の皆さん、しっかり意識して自分を守ってください。それが神様の宮としての責任です。誰かが襲い掛かってきたら大声を出して命懸けで戦ってその場から逃げ出しなさい。成すべきことをするのです。相手の眼球を突くなど、できる限りのことをして自分を守りなさい。それが皆さんの権利であるとともに皆さんの義務です。しっかりと意識していれば悪いことは起こらないでしょう。それを願っています。楽しむことは結構ですがガードをおろしてはならないということです。

ここでビデオをお見せしたいと思います。キリスト教弁証学について語るとき、いつもこのビデオを最初に見せます。これは恰好の入門編です。弁証学にもレベルがあります。その最も基本的なものは「神は存在するのか」という問題です。この部屋にいる人の大半はもはやこういう疑問を抱かないでしょう。しかし多くの人がこの問題で悩んでいることも事実です。とくに若い人の95%以上はこの問題で悩んでいるといっていいでしょう。その中に入っていない人は恵まれた人です。

「神の存在」が分からない理由には様々な原因が考えられますが、一般社会、メディア、インターネットなどに囲まれて生活していることの影響が大きいでしょう。神様を疑うような環境です。神様の存在が分からなければ、イエスも、真のお父様も、アダム、エバもすべて意味のないものになってしまいます。明日は弁証学そのものを勉強し、神様の存在について様々弁証していきます。また無神論からのそれらに対する質の高い反論も見ていくことにします。その前に今日は、ティモシー・ケラー牧師のビデオを見ます。私も彼の著書を通して多くのことを学びました。

私が学んだ東洋の宗教、とくに仏教では神の存在や超越した創造主などの概念を必要としません。最終的に神様は存在するのかどうかという問いにそれらの宗教は答えを与えてはくれない、それが私にとってもどかしいことでした。哲学など学ぶうちに、現在ネット上でおそらくは最も優れた思想家、大学教授である弁証家のウィリアム・クレイグ氏の討論を見つけました。クレイグ氏は世界中のトップクラスの無神論者と議論を戦わせてきました。オックスフォード大学では(著名な無神論生物学者の)リチャード・ド―キンスと討論していますし他にも数多くの討論を重ねています。

それらの討論を見ていくうちに無神論者は神を信じることは非科学的で時代遅れだとよく言いいますが、神様を信じるということは彼らの言うほど「単純」なことではないということに気付きました。いまやそれらの言説はことごとく反論されています。今日はそこには立ち入りませんが、このクレイグ氏やプラティンガー博士、そしてケラー牧師は討論という平和な方法で無神論者と最前線で戦っているのです。無神論者に対して、自信があるなら私たちと議論してみなさいと常に門戸を開いて挑戦しています。

討論は多くの聴衆を前にして行われます。聴衆はその討論を聞いて自分の見方を決めていきます。討論は理論的、学術的にも非常にレベルの高い内容です。そういう世界に私はひどく興奮しました。人間の世界観や人生観が形成していくような大きなインパクトを神の存在について議論する中で与えられるということが分かったのです。

つづく
 
 
*(参考動画)この動画は2013年2月1日 パーデュー大学で3時間に渡って行われた宇宙創造をめぐる無神論者と有神論者の討論の1コマです。話し手はウィリアム・クレイグ教授


 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中