「事実をして語らしめよ」

 
 
卓越したドイツの社会学者であったマックス・ヴェーバーはその著書『職業としての学問』の中でこう述べた。

22214001911.jpg

 

まことの教師ならば、教壇の上から聴講者に向かってなんらかの立場を――あからさまにしろ暗示的にしろ――強いるようなことのないように用心するであろう。なぜなら、「事実をして語らしめる」というたてまえにとって、このような態度はもとよりもっとも不誠実なものだからである

 

その意味を解説すると、自分の立場を――あからさまにしろ暗示的にしろ――強いるようなことのないように用心すべきである。・・・「事実をして語らしめる」すなわち、自分の思い、価値判断をフェアに明示するのでなく、抗いがたい既成事実に見せかけ、価値判断と事実判断との混同に誘い、既成事実への屈服を強いるとすれば、それはもっとも不誠実なやり方だ-といっているのだ。

ここで「事実」を「お父様のみ言」と読みかえてみる。

「お父様のみ言」をして語らしめる。すなわち自分の思い、価値判断をフェアに明示するのではなく、抗いがたい既成事実に見せかけ、自己の恣意的な価値判断と「お父様のみ言」の解釈との混同に誘い、既成事実への屈服を強いるとすれば、それはもっとも不誠実なやり方だ。

これは金容成氏のブログを見て常々感じさせられてきたことである。自分の主張のために「お父様のみ言」(食口にとっての絶対的権威)を恣意的に抜き出して飾りたてる。そこでは自分の主張が主体であり「み言葉」はそのための道具、せいぜい対象に過ぎない。明らかに主管性の転倒が起きている。

「聖書を用いればどんな主張でもかける」—というアメリカのことわざを聞いたことがある。聖書の膨大な内容から自分の主張を補強する内容を好きに抜き出せるという意味だ。

極端にいえば、誘拐犯人がその脅迫文を書くとき、自分の筆跡がわからないように新聞などの出版物から文字を切り抜いて脅迫文をつくる。しかし犯人が朝日新聞から切り抜いて作った脅迫文を朝日新聞の記事だという者などいない。文章の背景や流れ、コンテクストを無視して切り貼りするならもはや元の文とは何のかかわりもないものになるということだ。

そこで家庭連合、顕進様、亨進・国進様を支持する人それぞれが平等に客観的に筋を追える手助けになることを願って、「1990年3月27日―2015年3月11日までの略史」という出来事を時系列に並べた資料を提供したい。

流れの中で解釈する一助となれば幸いである。私(管理人)のコメントや解説は控えるので読む方それぞれで判断してもらいたい。 

尚この資料を提供してくださったA・S氏に感謝します。尚資料の中に大小問わず誤りなどありましたらコメント欄で指摘して下さい。

 

 「1990年3月27日―2015年3月11日までの略史」

1990年3月27日 第31回「父母の日記念礼拝」
           父母の日30年を越え、女性開放圏を宣布
           「女性全体開放圏宣布」-女性連合出発

1991年9月17日 「アジア平和女性連合」東京大会
1992年4月10日 「世界平和女性連合」創設、NGO組織
1994年5月3日   世界平和統一家庭連合会を創設
1995年8月23日  訓母様(金孝南)の長男・金賢辰氏(1977年生)を韓承運―洪順愛大母様家庭の養子として霊的に入籍(養子名;韓賢秀)

1996年7月30日  第1回世界平和家庭連合創設世界大会
1997年4月10日  統一教会を名称変更
1999年6月14日  お母様表彰される。母子協助時代7年路程終了
            世界80カ国巡回路程勝利

1999年9月9日9時9分9秒  「長子権、父母権、王権」を天の前に奉献
           「天地父母天宙統一開放圏」を宣布

2000年11月11日  父子協助時代を越えていくことを宣布
            (2000年1月5日と11月11日のみ言葉)―>父子協助時代を出発

2001年1月13日 「神様王権即位式」挙行(清平)-天一国宣布
2003年2月6日   天一国開門祝福結婚式(二度目の結婚式)
2003年       天聖経出版
2006年6月     聖歌3番(日本4番)「栄光の賜物」を天一国国歌として制定
2007年5月1日   お父様「お母様は2013年6月16日までに完成」するように言われた。
     12月    韓国大統領選挙
2008年4月6日   第49回真の父母の日、(ハワイ、キングガーデン)
            お父様は顕進様をカイン、国進様をアベルの立場として、お母様と共に3人が一つになったと言う特別な儀式を宣布
     4月9日   総選挙で完全敗退
4月16日  訓読会で「お父様は亨進様を後継者として任命された」
      お父様「統一家において、信仰的に全ての面で亨進がすぐれている」
     4月     顕進様、家庭連合副会長職、W-CARP世界会長職を解任される
4月18日  亨進様、世界会長に就任(28歳)
7月19日  ヘリコプター事故
7月29日  顕進様、アメリカ総会長職を解任される
       仁進様にアメリカ総会長職の発令状(亨進様の書名で)

2009年1月15日  亨進様、戴冠式(韓国)  「真の父母祝福」を伝授
     1月30、31日、亨進様、戴冠式(韓国、ニューヨーク)3度の戴冠式
     3月8日   お母様「顕進は絶対性に問題がある」と言われる(天正苑)
       お父様は顕進様から公職を奪う
3月8日   お父様は顕進様に「1年間公的な活動を休んで、原理を勉強しなさい。私のそばにいなさい。」と言われた。そして、公職活動を一時中断するように命じた。(束草天正苑)
2009年8月以降   顕進様はGPFを推進するために、UC上の理事を解任、理事会
            を掌握した。
            2009年半ばから、み言葉選集615巻(2009.8.23)を最後に出版を中断
     9月10日  お父様は顕進様に「UC」を元に戻しなさいと言われる。
            顕進様はそれを拒否。二人の最後の会話となった。
   郭・顕進様派、お父様に反旗。 お父様は顕進様を追放
12月10日―14日  顕進様、お父様に手紙を書くも、公式許可を得られずフィリピンで大会を決行。
2010年       「天地人真の父母定着」宣布
2010年6月5日   真の父母「異端者・爆破者宣布文」発表
     6月19日、午前2時20分、 2010年6月26日、午前3時25分
            「真の父母様が横的に最終一体化をした」
2010年11月22日、2011年2月3日、「真の父母様ご夫妻は最終一体」
2011年12月11日 「すべての摂理の完成、完結、完了と最終勝利を宣言」
2012年1月1日   真の父母様の三度目の聖婚式があるべきであった。
            それが、金婚式に変更され、聖婚式は延長された。
     1月19日  「お父様の言う事は聞かず、私(お母様)の言う事を聞けと言うのはルーシェルより恐ろしい」とお父様はお母様を批判。

2012年4月14日 「天地人真の父母定着実体のみ言葉宣布天宙大会」(ラスベガス)
            特別宣布式(天和宮)-蕩減の完全完了

「天地人真の父母定着実体のみ言葉宣布天宙大会を最終、完成、
            完結することをお父様の前に奉献します」と宣言。
     6月5日   4次元入籍式宣布(ラスベガス)
           「国進、亨進様のアベル、カイン一体化を宣布」
           「真の父母の仕事は完成、完結、完了」と言われる。
     8月23日  歴史編纂、み言葉編纂委員会合
     9月3日   お父様の聖和
     9月17日  文亨進世界会長「基元節勝利のための統一教世界指導者特別集会」でお母様の勝利を宣言
           「エバの堕落によって、失われた神様の娘、妹,夫人、母、祖母、女王の立場をすべて復帰された。」と言われた。
     9月23日  お母様のみ言葉の矛盾性(お父様は8月13日に最後の祈祷をされたと言う虚偽)
2013年1月13日  お母様は基元節を基に「天一国元年」を宣布
           (1977年2月22日、「天紀元年」を発表。2010年2月14日「天基元年」を宣布。
     2月14日  亨進様、米国総会長を解任される
     2月22日  三度目の聖婚式が行われるはずであった。->完成級
            「天地人真の父母聖婚式」、「天一国基元節入籍祝福式」
            (1960年、蘇生級、2003年2月6日、長成級)

           {2013年基元節出発に合わせて、「天一国経典天聖経」を発表。
           統一教から「世界平和統一家庭連合」とする。神様の呼称を「天の父母様」宣布(2013年1月7日)、家庭盟誓変更。・・・}
2013年3月24日  国進様、統一財団理事会決議で理事長職を解任される
      春 国進、亨進様、天正宮から追放されアメリカのペンシルベニアへ

2014年7月1日  お母様の「独生女」宣言とお父様の無原罪生誕を否定
2015年3月6日  亨進様、世界会長を解任される
3月11日 お母様、祝賀晩さん会で「独生女」発言(天正宮)

 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「事実をして語らしめよ」」への1件のフィードバック

  1. hide6500 の発言:

    この世に生まれて、どれだけキリストと出会うことを渇望しただろうか。サタンが100回誘惑してきても、それでもなおかつキリストと出会うことを渇望しただろうか。渇望したことがなければ、その価値は真に分からない。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中