韓お母様の「勅命」に韓国のメンバーが公然とそむいた日

 
2016年5月29日亨進様英語説教から
 
 
韓国で大変なことが起こっています。これは九里家庭教会の写真です。九里教会は教会において最も歴史のある場所です。お父様が数えきれないくらいくらいここで修錬会をされ、祝福のマッチングもその多くがここでおこなわれました。アメリカでは一和ビルとして知られています。九里市にあるので九里教会となっていますが、一和ビルです。宿泊寮もあり修錬会の設備も整っています。お父様が韓国で用いられた主要な修錬所であることを心に留め置いて下さい。

ここが数カ月前、上が何の相談もなくこの施設の売却を進めてきました。韓オモニがそうするよう強く押していたのです。しかしここの信徒たちが反対しました。主要な巡礼地であり、お父様が直接修錬会をされた歴史的な場所であるとして売却に反対したのです。さまざまな紆余曲折を経て、韓オモニは幹部を九里に送って説得するように指示しました。基本的に「売れ」というわけです。この数カ月ここをめぐって内輪揉めがあったのです。

Kingdom Bridegroom   May 29  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo

この韓オモニと幹部からの売却命令に対して、この写真にも見えるように教会員たちは垂れ幕を玄関に掲げました。垂れ幕には「真の父母さまの第二の故郷、心情の象徴体であるA、B棟を聖地、巡礼地として死守しよう」と書かれています。上級幹部がやって来てなんだかんだいったようですが先週、投票が行われました。

投票の前にも上からの働きかけがあったことは当然です。投票前に「真の父母は一つなのだからお母様の命令と一つになれ」といって「教育」したそうです。投票の結果は賛成101、反対183で、売却話は否決されました。教会員たちはこれが韓オモニの直接の指示だということを十分承知したうえでの決断でした。

牧会者は呼び出されいろいろ話を聞かれたそうです。なぜ売りに出されたかというと九里の地が清平と競合する地だからです。清平を中心にしようとする意図からでたものでした。本部機能をすべて清平にあつめ、またまた何か壮大な「博物館」をつくるという計画もあります。世界で最も素晴らしい博物館で一度はいって出てくるころにはすっかり信者になっているそうです。(笑)
 
 
管理人:今年の初め、仁進ニムにアメリカの牧会カムバックを認め全面的に協力せよとの韓オモニの指示にアメリカの教会員が強く反対してそれがかなわなかったことがある。韓国でも同様のことが起きたようだ。600年程前、神の去ったローマ法王とカトリック教会に対してあちこちから頻々(ひんぴん)と反乱がおこり始めたことを思い出した。同じことを感じた人はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村