2016年5月15日説教 「王国の文化変容」 【英語説教日本語訳】(全文)

Kingdom Acculturation   May 15   2016   Rev. Hyung Jin Moon   Unification Sanctuary  Newfoundland PA on Vimeo.png

マタイ22章

22:1イエスはまた、譬で彼らに語って言われた、 22:2「天国は、ひとりの王がその王子のために、婚宴を催すようなものである。 22:3王はその僕たちをつかわして、この婚宴に招かれていた人たちを呼ばせたが、その人たちはこようとはしなかった。 22:4そこでまた、ほかの僕たちをつかわして言った、『招かれた人たちに言いなさい。食事の用意ができました。牛も肥えた獣もほふられて、すべての用意ができました。さあ、婚宴においでください』。 22:5しかし、彼らは知らぬ顔をして、ひとりは自分の畑に、ひとりは自分の商売に出て行き、 22:6またほかの人々は、この僕たちをつかまえて侮辱を加えた上、殺してしまった。 22:7そこで王は立腹し、軍隊を送ってそれらの人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。
22:8それから僕たちに言った、『婚宴の用意はできているが、招かれていたのは、ふさわしくない人々であった。 22:9だから、町の大通りに出て行って、出会った人はだれでも婚宴に連れてきなさい』。 22:10そこで、僕たちは道に出て行って、出会う人は、悪人でも善人でもみな集めてきたので、婚宴の席は客でいっぱいになった。 22:11王は客を迎えようとしてはいってきたが、そこに礼服をつけていないひとりの人を見て、 22:12彼に言った、『友よ、どうしてあなたは礼服をつけないで、ここにはいってきたのですか』。しかし、彼は黙っていた。 22:13そこで、王はそばの者たちに言った、『この者の手足をしばって、外の暗やみにほうり出せ。そこで泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう』。 22:14招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」。

このたとえ話の中では様々なことが起こっています。王が息子の婚礼の式に人を招きますが、逆に王の僕を殺してしまう。王は怒ってそのもの達を滅ぼし、誰でもいいからと招待する。そこで多くの人が集まりますが、礼服を着ていない人を見つけると王はその者を縛り上げて外の闇にうち捨てる。捨てられた者は泣き叫び歯がみをする。

イエス様は一体何をおっしゃりたいというのでしょうか。一体どのような「天国」を描いておられるのでしょう。これを読み解くのはなかなか難しいのです。これを学んでいく上で気を付けなければならないことはイエス様は王国について話しておられるということ、国家レベルの話をしておられるということを常に頭に入れておかなければならないということです。たとえ話を王国レベルで読み解くということです。天一国憲法、再臨主が王権を立てられ王国をもたらすという文脈の中で読むのです。

ですからこのたとえ話も王国レベルで解釈すると分かり易くなります。

天一国は王権であり王の王の血統を継ぐものですが、ではその国の「王」は誰ですか。「キリストの共同相続人」である国民です。これまでのサタン世界で王様だけが占有してきたすべての権力を国民が持つのです。そこでは領地についての権利、意に反する税を課されない権利、自分の領地を自分で守る権利も所有します。誰かがやって来て「出ていけ」と言われてしぶしぶ出ていく姿が王といえますか。天一国憲法の人権条項第2条は「武器所有の権利」を規定しています。王国ですから守る権利があります。

真のお父様は「氏族メシア」は「王国の王だ」とはっきりと述べておられます。氏族メシアになることは氏族の王になることです。

さて王国では「結婚」は重要です。天一国憲法の第一原則として「血統を汚してはならない」と示されています。政府、議会は家族の定義を変更することは憲法で禁じられているのです。神様は男と女が家庭を持つことを予定しておられ、社会学的にもそれが次世代を育てる環境として最も安全なものであるとされています。単なる宗教教義の話ではありません。統計的にもそれは証明されているのです。

統計的にも片親の家庭では子供は両親のそろっている家庭に比べ10倍危険なのです。
特に片親でそのパートナーが血がつながっていない場合がそうです。科学的数学的に神様の計画が優れていることが証明されているのです。健全な子供を育てるうえでお父さんとお母さんの家庭という社会的単位こそ最も優れているというのです。もちろん血のつながった両親でも間違いが起こることはありますが、そうでない場合例えばシングルマザーがボーイフレンドと暮らしている場合に比べて10倍安全だということです。

子供時代の成功は、「競争」を受け入れる土壌になり、(結果についての)差異を甘受し、教競争を消極的に受け止めず積極的に受け止める姿勢ができることで自由競争を生み出し、人々は他の人のためによりより物、より便利な物をつくり出そうとする。

それが完璧な社会であるとは言いません。イエス様のたとえでも毒麦が生えてくる譬えがあるのと同じです。働き手はその危険な毒麦が成長するまで待ちます。そして収穫期にその実は取り去られるのです。人間に自由意志のある限りそういうこともありうるのです。悪を選択する者もいるでしょうがその影響は最小限に抑えることができます。

「文化」というのは概念であると同時に定義でもあります。ユダヤ・キリスト教文化では結婚とは男女間で行われるべきだと規定しそこで次世代が安全に育てられるようになります。そして自由と責任の社会を生み出す最強の環境となるのです。このように社会について定義を与えることは文化の重要な部分です。

それゆえに現代のファシスト、グローバリストは躍起になって言葉の定義を変えようとするのです。フェイスブックでも性別を2つに限らず71のカテゴリ-に分けることを始めました。そこには権利が一切ありません、つまらない数十種類の性別から一つを選ばされるだけです。そうして高級なスーツを身に付けた巨大なエリートにひざまずくのです。

実質的な権利をそのような幻の自己と交換するのです。ゲームにすぎません。

逆に共産主義、社会主義、全体主義的な社会では家庭の基盤が弱体化します。(古代ギリシャの哲学者)プラトンは大きな妄想に基づいて国家、政治について哲学した人ですが彼は基本的に全体主義者です。「国家が子供を預かるべきだ」と言っているのです。そうすることで親子の絆は弱くなり情に惑わされることなく国のため戦をすることができると。完璧なまで全体主義です。弟子のアリストテレスはそれに反対します。個人を守るべきだと彼は言います。

家庭が弱体化することで中央集権化された国家に対する忠誠心を集めようとします。このように共産主義を始めとするすべての全体主義国家では家族の絆を弱めようとするのです。現代のアメリカのような福祉国家でも同じことが言えます。シングルマザーへの援助を手厚くすることで離婚の敷居を低くしているのです。夫など必要ない(政府が取って代わる)。私はスーパーウーマンだ。そういう文化を醸成しているのです。そしてその資金を国民から収奪している。他人からお金を奪うことは不道徳なことですね。

では払いたくもない税を強制力をもって徴収する制度はどうでしょうか。それは「窃盗・強盗」に他なりません。税制は論理的に不道徳な仕組みだという結論が出ます。

全体主義では例外なく家庭を弱体化し、その分国家組織に対する依存度を強めさせます。その結果、子供は家庭で健全に育ちにくくなり、競争を避けるようになります。そして結果の平等を求めるようになるのです。そして社会主義システムが必然となるのです。平等を掲げる社会主義で真の平等が実現するでしょうか。答えはノーです。労働者階級は永遠に労働者階級であり、特権階級がすべてを所有するのです。結局平等という言葉にひかれて何組かの家庭の僕になってしまうのです。

オバマ大統領が5月14日、すべての公立学校のトイレを性差別なく使えるようにするよう提言しました。男子も女子も同じお手洗いを使えというのです。こういうバイセクシュアルで小児愛的な考えが頭越しに押し付けられているのです。あまりにも忌まわくよこしまなシステムという他ありません。そうしないと補助金を出さないとまで言っています。危険な状況だというのです。

これが流行りだと言って喜んでいる人はもはや「脳死」状態だと言っていいでしょう。危険を感じ取る能力を失っています。

社会にとって結婚という制度は社会の安定と繁栄にとって核心的に重要だというのです。社会のすべてに影響を及ぼします。

天一国において「僕」は誰を指しますか。それは政治家です。政府役人です。天一国では政府の役人は適切に抑制均衡されなければなりません。2100人の母体から選出されています。わずかな不正でも犯せば次は誰も投票することなく即、落選するでしょう。そして巨大企業等が5万人の国会議員を買収することは実質的に不可能です。全体主義ではわずか数人が頭に立ちます。

天一国の「僕」である政治家・役人は通常の家族以外の制度を法制化することは憲法で禁じられています。それは神様を中心とする理想である上に科学的実証的に通常の家族以外の制度、ゲイやレズビアン、トランスジェンダーが両親という家庭が危険であるからです。

選挙で選ばれた政治家は地元選挙民の代弁者とならなければなりません。聖句にも僕が王に遣わされて結婚式に人を呼び集める場面がありましたね。これを国家レベルで解釈するならば僕が王のメッセンジャーとして結婚式に招くということは、天一国という国あるいは文化に人々を招くと解釈することができます。

天一国そのものが他国を連結してその一部として招き入れることができます。それは憲法でも許されています。コミュニティのレベルでは僕である議員は地元住民の願いを果たさなければなりません。さもないと職を失うでしょう。これが国家レベルでは他国に対して天一国の自由と繁栄を共にしませんかと、ちょうど婚宴の席に人々を招待するように他の国を招き入れることができるのです。相手がたとえ社会主義国のような抑圧的な国でも招待していいでしょう。制度を少し変える必要はありますが、それでも天一国に参加しませんかと招くわけです。

聖句では結婚式の招きに人々が応じなかったとあります。それどころか僕を捕まえて殺したとあります。すると王は軍隊を送り彼らを滅ぼしました。ここで王はただ怒って彼らを殺したのではないことに注意して下さい。派遣した僕が先に殺されています。この措置に正義があるということです。

天一国憲法においても自衛のための戦争を開始するにあたりその手続き、誰がどのような権限を持つかが規定されています。
また聖句では「招かれていたのは、ふさわしくない人々であった。だから、町の大通りに出て行って、出会った人はだれでも婚宴に連れてきなさい」とあります。

天一国への誘いも国家レベルでの連邦もありますが、移民による合流も可能です。結婚式には様々な人が連れてこられましたが、礼服を着ていない人は王の命で縛られ外に放り出されました。これは何を意味するのでしょうか。今、ヨーロッパで問題になっていることです。

中東から大量の難民が流入しています。その80パーセントは戦闘員の年齢に達している者です。しかし彼らが「礼服」を着ているかどうかを確かめなければなりません。同化する意志があるのか、それとも同化する意志はないのか。

自由と責任の天一国憲法の従う意志があるのかどうなのか。それともイスラム法や共産主義思想、ファシズムを持ち込むつもりなのか。礼服を着るつもりはあるのかないのか。天一国の文化を受け入れ変容できるのか、その意志があるのか。もしその意志がないなら我々はあなたを縛ってここから放り出さないといけない。ここにきて破壊活動を行うつもりなら追放せざるを得ません。天一国文化の礼服を身につけなければなりません。

何百万人もの難民の中に10パーセントともいわれる過激なイスラム原理主義者が混じっている状況で受け入れは不可能です。10%がレイプ魔だと知っていて自宅のリビングに招きますか。それを国家レベルで行うのですか。まともな人なら理性のある自由な国にワッハーブ派のようなイスラム原理主義に固まった人々を招くことは拒否するでしょう。しかしそうすることが「寛容」であり「現代的人道主義」であるとされているのです。

個人的には反対することでもひとたび国家レベルという大きなスケールのこととなると人は見解が変わるのです。しかしその悲惨な結果は後で目にすることになります。

礼服を身に付けていない限りは天一国に入ることはできません。天一国の文化を受け入れその自由と繁栄を享受したい人々は誰でも歓迎しますが、もしここで破壊活動を画策するとするなら縛り上げて追放することになるでしょう。イエス様のこの聖句を国家レベルで解釈するとき、その意味が腑に落ちるでしょう。

マタイ23章
23:1そのときイエスは、群衆と弟子たちとに語って言われた、 23:2「律法学者とパリサイ人とは、モーセの座にすわっている。 23:3だから、彼らがあなたがたに言うことは、みな守って実行しなさい。しかし、彼らのすることには、ならうな。彼らは言うだけで、実行しないから。

これはまさに今のアメリカで起きていることです。所得税は1920年代以前は違法だったのです。これは今当たり前のように思われていますが、アメリカの歴史では違法だったのです。所得税の合法性を説明するのに何千ページも裁判所は費やしました。小さな修正条項は少数のエリートにとっての法の抜け道になっているのです。

一般市民が税を払わなければ銃を持った官憲がやって来て強制的に連行されるでしょう。しかし法制が複雑になり煩雑になるとそれに熟達した少数のエリートはそこに抜け道を見つけるのです。

建国の父は単純明快な法をつくり誰が見ても理解できるようにしました。しかし現在のように複雑になると多くの専門家が必要になります。また抜け穴も多くなるのです。エリート達は常に増税を先導します。なぜなら自分たちは税を免れる抜け道を知っているからです。
イエス様当時のエルサレムの律法学者、パリサイ人と同じです。

巨大宗教、巨大企業、巨大銀行、巨大政府などすべてにおいて同様の問題を抱えているのです。

23:4また、重い荷物をくくって人々の肩にのせるが、それを動かすために、自分では指一本も貸そうとはしない。

税率を上げに上げておきながら自分達はそれを免れる。家庭連合も同じです。韓国に行ったときある牧会者が自分は十分の一献金をしていると言いました。私たちが調べたところ牧会者は健康保険の支払いを十分の一献金に含めていたのです。普通の食口の家庭では当然のことながら諸々の必要経費、生活費とは別に十分の一献金をしています。彼らは嘘つきであり詐欺師です。家庭詐欺連合はもはやここまでになっているのです。言っていることとしていることが全く違っています。まさに「重い荷物をくくって人々の肩にのせるが、それを動かすために、自分では指一本も貸そうとはしない」のです。

宗教を嘲る無神論者においても同様のことが言えます。統計的に無神論者の70%は選挙では左翼に投票しています。彼らは神様を排除してそこに国家を受け入れています。「大きなビルを建てて、変な衣装を着て、天のお父様?妄想に浸っていなさい、ははは」などと信仰者を嘲りながら自分達は「政府」という妄想を一生懸命に信仰しているのです。

政府も大きな建物を持っています。おそろいの衣装もあればバッジまで持っています。殺人に許可を与え勲章までくれます。市民は軍服も与えられず、人を殺すことは禁じられています。人を殺せば殺人です。裁判官は奇妙な衣装を身に付けかつらを着けることもあります。銃をもって市民に対して強制力をもっています。つまり神様を捨ててそこに政府を招きいれているだけなのです。天の父ならぬお上(かみ)である政府に面倒を見て欲しいというのです。

信仰者を嘲る内容を自分達は政府に求めているのです。「政府」が彼らの神になっているのです。「無神論者」の70%が「政府」大好きなのです。もはや完璧な全体主義者という他ありません。彼らは「無神論は政治とは何の関係もない」と主張していますが、青い目の人の70%がヒラリー(クリントン)に投票しますか。政治的志向性が存在しなければ70%もの人が同じ行動をとることはないのです。明らかに「無神論者」は左翼全体主義を志向しているということができるのです。

そもそも「政府」とは何ですか。ワシントンの建物群が政府ですか。サン・ピエトロ大聖堂がキリスト教会ですか。聖職者がキリスト教を意味しますか。そうではないでしょう。建物でもない、そこでバッジの付いた制帽をかぶり制服を着て座っている者達でもないとするならでは一体「政府」はどこにあるのでしょうか。

現実に今、内部崩壊しようとしている西洋の現状を見て下さい。政治家はまるで古代の神官のようです。強大な権力をもって高い建造物の中に鎮座し、あらゆる尊敬と腐敗した恩恵を手にしているのです。

マタイ23章
23:13偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、天国を閉ざして人々をはいらせない。自分もはいらないし、はいろうとする人をはいらせもしない。 23:14偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは、やもめたちの家を食い倒し、見えのために長い祈をする。だから、もっときびしいさばきを受けるに違いない。23:15偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする。

家庭詐欺連合は「教会員を天の王国にはいかせない」と明言しています。「たとえお父様が選んだ王権、お父様が選んだ後継者であったとしてもメンバーをその人の下には行かせない」と言っているのです。その理由は、ただ今となっては妄想にすぎないささやかな組織を維持するだけのために教会員を搾取し続けたいからです。今の生活スタイルを守りたい、洒落たレストランにも通い続けたい。それだけなのです。彼らは天国を閉ざして自分も入らないし、はいろうとする人をもはいらせない」のです。哀れで卑しい偽善者です。

ただ「見えのために長い祈りをし」「やもめたちの家を食い倒す」。世俗の政治家の姿そのものです。

「私はお父様に50年も仕えてきたのだ。最後は給料のために裏切ったが…。せよと言われたことをことごとく守ることなく、お父様を棄損し消し去るたくらみにも加担し、み言も改ざんした。しかし私はそれでも聖人なのだ、50年も侍ってきたのだから。」(笑)

50年侍ってきたとしても最後に本音を出してしまいました。偽り者だったのです。

「偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたはひとりの改宗者をつくるために、海と陸とを巡り歩く。そして、つくったなら、彼を自分より倍もひどい地獄の子にする。」

こうするために中央集権政府は教育を独占するのです。一人の改宗者をつくるために、海と陸を巡り歩く。ターゲットは若者です。今では5歳の幼稚園児にまで性教育を持ち込もうとしています。シカゴの公立学校ではすでに実施しています。国連の保健科学プログラムだそうです。このように教育を握って次世代をコントロールしようとするのです。老いた者達は死に、若者たちは「国家」が父であり、「国家」が素晴らしく見え、政治家に憧れるようになる。そして崇拝するようになる。そして彼らの主張するトランスジェンダーがかっこいいと思うようになるのです。こうして幼い子供達を破壊し、善悪の判断基準を破壊するのです。

ディズニーは今度レズビアンのヒーローを作品化するそうです。このような人々は皆さんの家庭の恩讐です。文化にとって恩讐であり、神様にとっての恩讐であるというのです。

私たちは今このような世界で暮らしているのです。

天聖経819(英語版)
今から地上天国時代に入るので、私たちの家庭が王の一家だというのです。ですから、どれほど模範的にならなければなりませんか。王が勝手気ままに暮らせますか。女王が勝手気ままに暮らせますか。その息子、娘が勝手気ままに暮らせますか。王と王妃、王子、王女たちは、その国の法をすべて守らなければなりません。

アメリカが妄想のような狂気の中で、文字通り精神的病(やまい)に国家丸ごと罹っている時において、そのユダヤ・キリスト教、ないしプロテスタントの遺産にもう一度目覚め立ち自由と責任を護り王の王が住むことのできる国を築き上げることを祈るのみです。

神様がどのように王国を建てられるのか私たちにはわかりません。審判の時代は次に何が起こるのか予想できないのです。ただ審判がますます大規模になることだけは分かります。
世界はこれまでの世界と随分と違ったものになるでしょう。アメリカは私たちの知るアメリカではなくなるでしょう。カナダもそうでしょう。世界地図も異なったものになるかも知れません。しかしその試練も永遠ではあり得ません。王国がもたらされるからです。

キリストを知る者、キリストとの関係を知る者は来るべき王国に備えるのです。できる限り多くの人を王国に連れて入かなければなりません。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2016年5月15日説教 「王国の文化変容」 【英語説教日本語訳】(全文)」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中