米国家庭連合の不思議な公文

 
 
米国家庭連合が5月5日サンクチュアリ教会本部(ペンシルバニア、ニューファンドランド)に関係する公文を出した。公文日本語訳はこちらから。

その要点を取り出すと次のようなものだ。

1) 自分達は『真の父母の偉大な遺業を守護する者として活動してきた』

2) 分派活動をしているサンクチュアリ教会が統一マークを使用している動画(亨進師の説教)をGoogleに申し入れてアカウントを凍結することに成功した。

3) 2)の措置にもかかわらずサンクチュアリ教会はいまだに「統一マーク」と「天一国」の名称を使用し続けているが近いうちに(法的排除措置をとって)これを断固阻止するつもりだ。

そして金起勲北米大陸会長とマイケル・バルコム会長の署名。

1)について彼らに問いたい。米家庭連合のいう護るべき『真の父母の偉大な遺業』とは何なのか。真のお父様は絶対的主体として真のお母様は絶対的対象として一度は真の父母を確立された。物質の基本単位である原子にも内部構造があるように真の父母にも絶対主体、絶対対象という内部構造が厳然として存在する。

しかるに

キリスト教歴史のすべては「独り娘」の基台のためにあったというのです!(別の言葉でいえば「お父様は原罪をもって生まれており私こそ主体です」)2015年10月24日 韓鶴子語録

キリスト教を通して二千年の間再臨主が来ることができるようにした…それゆえキリスト教が反対することによって、お母様が福を得たのです。 天聖教8-3-2-1-2真の母を選ぶこと

「お母様は生まれる時から王女様のように生まれ、お母様のように再臨主の夫人として生まれたと思うのか。言ってみよ。堕落した血統を受けて生まれた。」
(み言選集、461巻p26、)

上の矛盾する言葉のどちらの「遺業」を守ってきたのか、あるいは守っていくつもりなのか。

13151441_10209946191038420_3608499792051409407_n

同性婚を強力に進めたオバマ政権の国務長官との写真。空いたワインの瓶を前に上機嫌の金起勲大陸会長(右端)

2)では、自分たちの主張をGoogleも承認し、統一マークを使用したYouTube上の説教動画のアカウントを停止に追い込んだことを誇らしげに書いているが、Googleは著作権には神経質なので何かあれば簡単にアカウントを凍結する。しかし米家庭連合が主張するような徹底的な措置ではなくサンクチュアリ教会の公式アカウントは手付かずなのだ。いや手を付けるまでもないと判断している。したがって説教動画もそのほとんどを視聴することが可能だ。

3)について、米家庭連合は「統一マーク」と「天一国」の名称を『商標登録』しようと試み2015年9月14日に米国特許商標庁に申請を行ったが、今年の1月5日に特許商標庁から「家庭連合の申請には不備がある」として「追加書類」の要求がなされた。しかし現時点2016年5月7日において追加書類はまだ提出されていない。逆にサンクチュアリ側から弁護士を通して特許商標庁に提出した異議申し立てに対し当局の弁護士から「かなり有力な反論だ」との言質を得ている。 公文に対するサンクチュアリ教会PAの反論(日本語訳)はこちらから

なぜまた唐突にこのような公文が流されたのか。その最大の理由の一つには、韓オモニから「何か対策しているのか」との鶴の一声があったか、その意を受けた韓国人幹部から同様の詰問があったと考えていいだろう。いずれにせよ、韓オモニがこの世の人と恋愛結婚した末2人の真の子女様を祝福した際、金起勲氏は「この世のすべての人に祝福の道が開かれた」などと訳の分からない理屈をつぶやいた。とにかく保身のため「独生女」の御機嫌取りに忙しいに違いない。

「お前たちは嘘つきでただ自分の子供に飯を食わせ、給料を受け取りそんな泥棒行為をしているのだろう。そのような家庭は消え去る。わかりました?」真のお父様2012年愛勝日


 
 
レガシ―を破壊している張本人が”守護者”を自任する。やはり家庭詐欺連合(FamilyFraud)と呼ばれるだけはあると思った人はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中