「御国が来ますように」3月20日説教(その5)【英語説教日本語訳】

Thy Kingdom Come   Mar. 20  2016   Rev. Hyung Jin Moon   Sanctuary Church Newfoundland PA on Vimeo.png

素晴らしいビデオだと思いませんか。

このビデオを制作しているシアトルの若者は素晴らしいですね。福音の本質は神の国だとはっきりと悟っていないにもかかわらずこのビデオの中でそれを強調しています。彼らの制作活動に本当に感謝したいと思います。

神様のおられる場所には善と正義、美があり、人間の住む場所は罪と醜さ、不正などがはびこります。

通常のキリスト教ではキリストの王国は教会だと言います。教会の中で王国を体験するので、教会建設をどんどん進めろというわけです。そうすることで王国は拡大すると。普通はそう教えられています。

しかしこれまで見てきたように、イエス様はそのようなことはいっていません。
イエス様は具体的領土と文化を持つ王国を想定していたということです。

仮に教会が王国であったとしても教会が広がって行けばそこにはやはりいさかいや意見の相違があるでしょう。自由と責任があるのですから。

キリスト教会が描くディズニーランドのような理想天国が天から降りてきたとしても自由と責任が個々人にある限りはそこに自由意志があり、隣人を愛するという決断を下さなければならないでしょう。自分が好まない人とうまくやっていくことも必要です。

王国においても自由と責任は存在するのです。キリスト教会が夢想するディズニーランドのような天国に拘るのではなく、現実的、具体的な地上の王国をキリストと共に築かなければなりません。

自由と責任の王国。善と正義と名誉の王国です。責任と勤勉、退廃主義を拒絶し政府による給付金などを当てにしない自由な共同体。自由意志と契約を守る誠実さをもち隣人を愛し仕え、兄弟を守り、額に汗して収穫を得る人々。これらすべての聖書的原理を神の国は兼ね備えていなければなりません。

それは誰もが暮らしたいと思う王国です。過去、アメリカがその王国に最も近い国でした。皆がこの王国、機会に溢れる国、アメリカを夢見てやって来ました。
天一国憲法では、はっきり天一国合衆国の名を謳っています。そこに様々な国が自由と責任を中心として集まり一つになるのです。政府は支配することも課税することもないのです。

自由ではあるけれども責任ある世界です。その権利と自由をもたらしたのは創造主であることを知る世界です。

キリスト教徒の描くディズニーランドのようなファンタジーの世界ではない、キリストと共に立って築いていく世界です。

ここで最後の聖句を見ましょう。

マタイ25章
25:31人の子が栄光の中にすべての御使たちを従えて来るとき、彼はその栄光の座につくであろう。 25:32そして、すべての国民をその前に集めて、羊飼が羊とやぎとを分けるように、彼らをより分け、 25:33羊を右に、やぎを左におくであろう。 25:34そのとき、王は右にいる人々に言うであろう、『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受けつぎなさい。

最後に一つ質問をして終わります。

イエス様が羊とヤギを分ける時、2つのイデオロギーが存在します。一つは全体主義、寡頭政治、社会主義などの本質的にひとくくりにできるイデオロギー。そしてアメリカ建国の父が持っていたような自由と責任を追及するイデオロギーです。アメリカは王国ではありませんがそこで自由と責任を追い求めました。

さてイエス様が再臨主として王国に来られるとき、共産主義者としてこられるでしょうか。残念ながら今のキリスト教会はキリストを共産主義者として描いています。

仮にもしイエス様が共産主義者ならば過去に現れた最終的には国を亡ぼすあまたの全体主義者、邪悪な王と同じではないですか。

全体主義と個人の権利自由と責任を尊重する思想。このどちらにイエス様は降臨されると思いますか。

イエス様は決して無償で食料を供与するような政府はつくらないでしょう。イエス様はキリスト者一人一人に慈しみ深くあれとおっしゃいました。個人個人が助けの手を差し伸べる責任を持っているのです。共産主義的なやり方ではなく一人一人の責任と愛によって隣人、兄弟を支えるのです。

私たちがどちら側にいるのかが問題です。羊が王とともに立つのです。

私たちは弱いかもしれません、弱く見えるかもしれません。踏みつぶすのは容易いと見えるかもしれません。しかし真なる人々が集い一つとなる時、勝利しかないのです。神様が私たちの側におられるからです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中