「御国が来ますように」3月20日説教(その2)【英語説教日本語訳】

Thy KINGDOM Come  Sanctuary Church Sunday Service  March 20th  2016 on Vimeo.png

宗教には神々を鎮める信者がいますが、王国には王と共に働く市民がいます。市民は王国の一部でありそこで権利を保持します。

原理では神様ですらご自分が設定された原理に従わざるを得ないと言います。なぜなら神様の法は神様の本性の延長線上にあるものだからです。原理を否定することは神様の本性の否定につながります。人を殺すな、盗むなと命じられたのも神様の本性が善であり愛であり義であるからです。原理に背く行動をされない理由は本性に背かないからなのです。

王国でも同じことが言えます。王国の法は国王の信念や文化の延長として出てくるのです。過去の王国を見ても出てくる法は全体主義的でした。それは国王自身が全体主義的であることの帰結です。王の本性の延長として法があるのです。

ここで質問です。もしイエス様が王国を築いていたならそれはこの世にあらわれた過去の全体主義的な王国になったでしょうか。間違いなく違っていたでしょう。こういうことを考えておくことは重要です。なぜなら王国は宗教教派でもなく宗教的体験でもありません。それは具体的な地上の特定の場所だというのです。

マタイ6:31~33
だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。 6:32これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。 6:33まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。

求めるものがあるとするなら衣料、食料などより先にまず神の国を求めなさいというのです。それによってすべて必要なものは与えられる。

しかしこれが現実において可能でしょうか。現実生活、それ自体で回っている現実社会があります。私たちは空想の世界で暮らしているわけではありません。政治でもリベラル急進派などは負債限度を引き上げることは必ずしも負債を増やすことではないなどと言いますが、現実生活で収入に見合わない出費を重ねれば負債は増えるものです。

さて、これまでキリスト教徒は神様の王国ができれば、そのとたんにこれまでの法律は無効になりたちまち理想社会が出来上がるように思ってきました。犯罪もゼロになり、人々は一日中讃美しているイメージです。

キリスト教徒は口に出さずとも無意識にそう考えています。しかし考えてみて下さい。宇宙の法則、自然の法、神様がその民に与えられた法は神様ご自身の本性の延長にあるのです。神様は内に調和を持っておられます混沌としたお方ではありません。

神様は知性と理性を持たれ、数学を創り出しそれに従って宇宙を創造されました。たとえばフィボナッチ数列と被造物の関係はその好例です。

この神様の本性が反映された世界が天国になるのです。ですから天国到来とともにこの世の自然法則が無効になるとは考えられません。王国到来で数学の定理が無効になることなどないのです。そのようなことがあれば神様がご自分の本性に反する結果になってしまいます。

アメリカは世界で一番自由な国です。自由に売買し、自由に集会を行い、自由に起業することができます。どのような宗派でも作ることができます。例えばペンシルバニア、イギリスから(ウィリアム)ペンが逃れてきたでしょう。ここで自由に共同体をつくることができました。18世紀、19世紀にここにやってきた人々はより良き暮らしを求めてきました。しかし最初に想定したものは憲法と法をもつ国でした。自由な機会のある国。ある意味「王国」を求めたということができます。

もちろんアメリカは王もいませんし王国ではありませんが、「王国」のような場所を求めてきました。共同体をつくりネットワークを形成し、仕事ができるようにしたのです。こういうことは彼らがいたヨーロッパではできませんでした。こうして家族をよりよく養うことができたのでした。

つまり先に「王国」を求めそれによって他のものが与えられた形です。ではアメリカ(王国)に行けば何でもただで手に入ったでしょうか。そんなことはありません。自主独立の精神と自律心、聖書に基づく勤勉な生活態度を備える開拓者となったのです。

より良き土地、より良き国、より良き「王国」をまず求めたというのです。そしてここにやってきた後は神様も働かれ、自由と責任を通して(アメリカの)両親、祖父母たちは繁栄を享受することができたのです。そしてこの国は人類史上最も豊かな国になりました。

だからイエス様はまず神の国を求めなさいといったのです。

マタイ7章
7:21わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。

天国天国と市民市民と叫んでいるだけでは駄目なのです。神様のみ旨を行うことが重要です。神様が人間を創造された時のみ旨はなんでしょう。愛を授け受けすることです。
アダム、エバとそうすることがみ旨でした。そして彼らが繁殖し全地を治めることでした。神様はアダムに王国を与えられたのです。そこでアダムは王になるべきでした。神様の代身者として全地を治めるのです。み旨とは王国建設、王国宣布です。

マタイ10章
10:5イエスはこの十二人をつかわすに当り、彼らに命じて言われた、「異邦人の道に行くな。またサマリヤ人の町にはいるな。 10:6むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところに行け。 10:7行って、『天国が近づいた』と宣べ伝えよ。

イエス様は「行って十字架の救いを宣べ伝えよ」とは言いませんでした。「私が十字架で死にその三日後に蘇り死を克服することを行って宣べ伝えよ」と命じられましたか。この事実を飲み込むことは宗教としてのキリスト教にはとても難しいのです。あらゆる教派においてこれが伝統的教えになっているからです。キリスト教のあらゆるセミナーに参加しても「神の国」を説くものはないでしょう。神の国の政治、神の国の経済について教えるものはキリスト教会には一つもないということです。

2千年にわたって宗教であり続け、聖書の事実を読んでこなかったのです。聖句にあるのです。

10:7行って、『天国が近づいた』と宣べ伝えよ。

キリスト(王)は王国を創建するのです。

マタイ11章
11:11あなたがたによく言っておく。女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった。しかし、天国(天の王国)で最も小さい者も、彼よりは大きい。

ところでバプテストのヨハネも「悔い改めよ。天国は近づいた」と叫んでいましたね。
しかし天国の外から天国は近づいたというのは過去の預言者には許されるとしてもヨハネの場合は天国の内に入るべきではなかったでしょうか。天国の市民は天国の外の偉大な預言者よりも大きいということです。

キリスト教徒が聞けば真っ青になるかもしれません。これまで宗教では教えなかったことです。イエス様はあなた方に宗教をつくってそこの信徒になってほしいなどとは思っていませんでした。皆さんがその市民になれるような王国を建設したかったというのです。

キリスト教は宗教になっています。
つづく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「御国が来ますように」3月20日説教(その2)【英語説教日本語訳】」への1件のフィードバック

  1. hide6500 の発言:

    幼い日、イエス様と交わした深い、深い情的交わりの世界。だれに話しても、理解しても、信じてももらえないけれど、私の中から消え去ることはありません。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中