2016年2月28日亨進ニム説教「絶対的な神様」その4 【英語説教日本語訳】

2016年2月18日説教 「絶対的な神様」 【英語説教日本語訳】その3
写真をクリックすると動画になります。

Absolute God Feb. 28 2016 Rev. Hyung Jin Moon Sanctuary Church Newfoundland PA on Vimeo


自分たちは「特別だ」と思い込むこの世の巨大な権力を持つ者達、スーパーエリート達が人類を思い通りにしようとするでしょう。国連決議案を通し、あるいは合衆国大統領の命令を通して皆さんに何なりと命じることでしょう。それに対して何も抗弁することはできません。(スーパーエリートという)神々に支配されるのです。

ひとたび唯一神を放棄すればどうなるか。韓オモニがバビロンの大淫婦として自己崇拝というバビロンの門を開いたので、その子孫のうちから「自分も神だ」と言い出すものが必ず現れます。多神教の世界に入ることは火を見るより明らかです。それを避けることができません。もう止めることができないということです。

お父様の精子がもたらされ、カインとアベルはお父様の精子に背信しませんでした。私たちの憲法を家庭詐欺連合の憲法と見比べてください。家庭連合のものは完全に全体主義的です。一方、相続者、後継者である息子の作った憲法はそれとは大きく異なります。息子のものは王権が存在します。その王権はしかし過去のものとは異なり軍事力を持ちません。王権は神様と民の契約の象徴です。現実的な力は持ちません。天一国憲法に係る法的問題には意見します。王権の正統性は憲法の保護に関わっています。

天一国憲法でははっきりと、国民が自由を持つこと、規制の対象が国民ではなく政府であることが明確に規定されています。これまでサタンの歴史で現れたことのないものです。水と油のように異なります。その果実を見れば木が分かります。方向性を見ることで分かるというのです。家庭連合のものは多神教と自己崇拝、そして破壊に向かっています。他の誰よりも自分を愛する世界です。神様から離れた結果、偶像→飲み食い→乱痴気騒ぎ→性的不道徳と流れていくのです。

お父様の主体性こそが私たちに自由を与えるのです。お父様の唯一の権威、主体的相対、家庭の中の父であることこそが「お前たちは私の奴隷だ」という独裁者を防ぐのです。お父様の唯一主体性こそが自由を与えるのです。あらゆる異端の女神信仰に打ち勝つのです。

家族に序列(秩序)があることが分かりますか。ミクロの世界で争いが生じるとマクロの世界レベルでも闘争が起こるのです。経済が崩壊し、戦争が起ころうとしている。北朝鮮が150万の新兵を集めたと今日、韓国の新聞が報道するとともにテロ攻撃を警戒するよう呼び掛けていました。崩壊の訪れを見ています。本物の戦争が起きようとしています。アメリカが最後の砦です。アメリカが敗ければ終わりです。何千年と暗黒時代が続くでしょう。アメリカが敗退するなら世界政府の出番です。とんでもないことです。大統領候補として頭がおかしいのかと思うほど過激な発言をするトランプ候補が登場しました。

しかし今彼を見てください。内的摂理において私たちが闘っていることで、いまやトランプ候補は既存の権力に対して攻撃を仕掛けるようになりました。9・11問題から移民難民の問題、そして南の国境問題まですべての問題について既存の権力に異を唱えるようになりました。彼はオバマ大統領からも民主党、共和党、双方から嫌われています。おまけにローマ法王にも嫌われています。ローマ法王は、トランプ氏はキリスト教徒ではないと発言しています。メキシコにも中国からも嫌われています。すべての共産主義者、全体主義者から嫌われています。中東もそうです。これはトランプ氏が有力なアベル型の人物であることの証拠になりませんか?

そういう世界的闘争、人類を巡る戦いが行われています。人類の運命はどうなるのか。ミクロの内的摂理圏内で、全体主義的天一国になるのか自由と責任の天一国になるのか。それによって世界の方向性も決まります。2つは同じ闘いだというのです。神様とサタンの天宙的闘いです。私たちはその真っ只中にいるのです。

天聖教第1巻1章4節は「神様は父であられる」です。神様はお父様なのです!神様は主体的相対なのです!

では人類の母とは?エバというのは「人類の母」という意味です。キリストの花嫁が人類の母になるべきなのです。しかし種、精子がなければ何も産むことができません。そして結婚生活の中で夫の位置がキリストの体、神様の体です。神のために死ぬことでキリストと一つになったのです。

お父様のみ言は極めて明瞭です。その位置が明瞭です。三日儀式も明瞭です。祝福結婚も明瞭です。なぜならそれらはみな神様の種から来るからです。2性の融合などルーシェルから来るものです。

唯一性を失くすなら、神様ももはや唯一絶対ではなくなるということです。そうなるとすべては曖昧な相対的なものになってしまうのです。そしてそこは文字通り地上地獄です。そこではもはや金の子牛と唯一の神様との区別がつかないのです。

これは避けられない闘いです。最後の決定的な闘いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中