独生女に対する解釈が真逆のウィルソン教授の講義を対策ビデオに使った家庭連合

 
家庭連合はサンクチュアリ対策の一環として2月28日にインターネットを通してビデオ映像を流した。
そこで取り上げられた講義は下の二人のものだった。

アンドリュー・ウィルソンUTS(統一神学校)教授
タイラ-・ヘンドリクス 元UTS学長

「独生女」についてウィルソン教授の見解と日本家庭連合本部の見解が180度異なっていることを皆さんは御存じだろうか。

上のビデオの中のウィルソン教授は2015年9月27日ニュージャージー州クリフトン教会で確かにこういっている。

「独生女」は必ずしも無原罪ではない。

 
一方で本部の教会成長研究院は「真の父母宣布文サイト」で2016年2月3日に更新した「2015年10月30日掲載の「真のお母様の『無原罪性』-『血統転換、私は母胎からなのです』の意味について」の補足説明①でこう言い切っている。

(2)独り娘(独生女)として誕生される女性は「無原罪」

 真のお母様が語られる一連の「独生女」の発言は、『原理講論』で展開されている原理の内容(概念枠、思想の骨格)と一致しているというのが、本部の見解です。

そもそも、お母さまは2014年7月1日天正宮訓読会でこう述べられた。

5b98a931bfe6d7d410b03b5abebe7b08「血統転換」、私は胎中にいる時からそうなのです。皆さんがこのことを信じなければなりません。
(①無原罪独生女)

お父様の歴史は、イエス様の使命を引き継いだその時、その瞬間がお父様が独り子となられた資格です。分かりますか?そのことを分からなければなりません。(②お父様生誕時堕落人間説)

 

ウィルソン教授は
①お母さまは無原罪とは限らない 
②イエス様(真のお父様)無原罪 (ともに生誕時)
とごく当たり前のことを当たり前に述べているが①、②ともお母さまの発言内容とは真逆である。

また日本家庭連合本部は①(無原罪独生女)については「無原罪」の定義を拡張解釈(類推解釈まで踏み込んでいる恐れがある)し、相当苦労しながらもYESでいく判断を下したが ②の(お父様生誕時堕落人間説)については沈黙したままだ。

このように重要な神学的論点において意見がまるで異なる教授の講義を全国中継で日曜礼拝の中で一般食口に見せるという見識を疑う。
 
 
まず意見を統一してから対策してほしい
という人はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

独生女に対する解釈が真逆のウィルソン教授の講義を対策ビデオに使った家庭連合」への6件のフィードバック

  1. Amagi の発言:

    まさに亨進様がおっしゃるとおり、「すでに崩壊して」いますね。
    多くの家庭連合教会員にとっては、真理を理論で担保してくれる存在がいる事を確認するだけで安心するのでしょう。つまり内容の不整合さには目をつぶるのかもしれません。
    しかも、多くの家庭連合教会員にとっては、お母様の心情を先立たせて考えるあまり、原理を逸脱しているように感じます。外的に深刻な事態に陥らなければ、冷静になって考える、という事はないのかもしれません・・・

    いいね: 1人

  2. おかしいと思わないのが、恐るべき魔法の力なんでしょうね。闘わなければいけないと亨進様も先週言われてましたね。先頭に立ってくださり感謝しております。これからもよろしくお願いします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中