韓お母様が本当に信じていること

亨進ニム説教 2/21/2016「神様の計画に委ねる」より

 

・・・これと真逆の現象が家庭詐欺連合で起こっているのです。

(家庭連合は英語でFamily Federation、それを短くFamily Fed《ファミリーフェド》と呼ぶ。この音に似せて亨進ニムはFamily Fraud《ファミリーフロード:fraudは詐欺、偽りの意》と呼んでおられる)

病的ともとれる2性の混同、混乱に蝕まれ、そのプロパガンダ(宣伝文句)として韓氏オモニ自身が再臨主、キリスト教2千年の結実であり独生女だと主張しているのです。さすがに幹部たちもこれを消化できずに、最新映像では「独生子、独生女」と二つ並べています。しかしこれはオモニの本音ではありません。

もう何度も言いましたが、韓オモニの本音は

「お父様は堕落していた、それを自分が救った」

これです!

これがオモニの神学だというのです。お父様を再臨主として証しない最大の理由はここにあるのです。自分が独生女であることの証しかしないでしょう。

これがレズビアン神学を生み出し深刻な問題になることも話しました。私の見る限りどんどんとヒンズー教に近づいています。そこでは理想的な聖なる男性と聖なる女性が現れる。ラーマにたいするクリシュナ、シヴァにたいするラクシュミ。決して新しい考えではありません。

実際古くからある宗教の考え方です。古典的な多神教です。その最大の問題はそこに人類の救いの介在する余地がない、人類が視野に入らないという点です。なぜなら神自身の中の2性が授受して他者の必要性を感じないことになるからです。

人は取り立てて価値のない付属物に過ぎません。主体も対象もすでにそこに存在するからです。この種の宗教は決まって多神教に流れます。

私は最初にいいました。男性格主体の神様からひとたび離れるや、自己の対象として被造世界を創造したという一神教の基盤をすべて失います。もし多神教と一神教の違いが判らなければ、キリスト教弁証学を学ぶことをお勧めします。高度な弁証学の観点からその違いを見る必要があります。結論的にいうと、その道は必然的に堕落の道だということです。

その映像で見るように豪華なステージにバラを敷き詰めることで内部で進む崩壊を取り繕っているのです。完全に崩壊過程です。日本の教会だけで1000人を超える職員を養うために月30億円が必要です。とことん中央集権化された組織です。ひと月に30億円ですよ!年間360億円必要ということになります。また清平のスタッフを維持するのにもやはり一月6億5千万円かかります。

彼ら(家庭連合)の行き着く先は明らかです。もはや今のやり方を続けることは無理なのです。なぜかといえば皆が内心、良心が彼らが詐欺行為を行っていることを感づいているからです。

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓お母様が本当に信じていること」への2件のフィードバック

  1. 6500truefamily の発言:

    とても奥の深い内容だと思います。
    亨進様が様々な宗教を研究された見識が読み取れます。
    経済的側面だけ見ても家庭連合は滅ぶのは明らかです。
    いつになったら食口にかけられた魔法はとけるのでしょうか?

    いいね: 1人

  2. hide6500 の発言:

    亨進様がかつてさまざまな宗教を研究し、武道を追究されたことが、今になって本当にありがたいことだと分かります。そうでなかったら、アホで腰抜けの幹部たちと同じように、うまい具合にサタンに丸め込まれていたかもしれません。そうであったら、人類の未来は100%完全に真っ暗であったでしょう。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中