2016年1月31日礼拝 【英語説教日本語訳】その1

2016年1月31日礼拝 【英語説教日本語訳】

金曜日、柔術の黒帯師範と練習中に膝を痛めてしまいました。関節技が柔術にはたくさんあるのですが、私から足の固め業で攻撃していたのですが、私の膝がやられました(笑)。
膝がパチンと音を立てたので相手が「大丈夫ですか?」と聞いてきたのですが「大丈夫」と答えてそのまま練習を続けました。

一時間後には火が付いたように痛み始めました。面白いことにその日に限って家内を道場に一緒に行くよう誘っていました。家内は他のミーティングがありました。「もし私が交通事故にあったらどうするの?」と訴えましたが、家内は必要な別のミーティングに参加しました。

誰がその日に膝を壊すと思ったでしょうか。運転などできません。階段を登ろうとしてもつまずくばかりで、カバンを放り出し、いつも持ち歩いているサバイバル・キットを使って何とか階段を上りました。

その日の夜、ニュージャージに行って、深部組織の針治療を受けました。ドクター・リーという針治療の良い先生がいます。

結局右側のじん帯が伸びていたのです。左半身全体に針を打って全身のバランスを整えたうえで右ひざのじん帯の治療をしてくれました。針でじん帯を裂くんですね。針によって血液や体液の巡りをよくして治癒力を高めるわけです。そのあとまだ痛みはありましたが土曜をすぎ今日の朝にはなんと奇跡的に歩けるようになりました。感謝します、私は御手の中にあります!

いつも御手の中にあるので心配はしません。武道の訓練については心配なさらないで下さい。これは必要なことなのです。

お父様との関係を語る際欠かせないものです。2011年か12年にサッカーのピースカップを開催したときですが。お父様に私が格闘技を訓練していることを話したことはありませんでした。神学を学んできたので神学についてはいろいろ話をしましたが格闘技について話をしたことがなかったのです。

私が韓国で責任者をしていた頃、その手の格闘技はならず者がすることのように思われ、世間ではあまり評判がよくありませんでした。普通の人はしないことのように思われていました。
私は韓国のトップチーム、コリアン・ゾンビことジョン・チャンソンなどの総合格闘家と一緒に練習していました。彼らのように体が大きくて強い韓国人を見たことがありませんでした。全身にタトゥーが入っています。こういう人たちと訓練することが私の日常生活の一部でした。

フランシスコもビデオに登場しますが彼は教会員です。お父様の警護チームに総合格闘技や柔術の技を教える者を日本をはじめ、様々な国で探していたのですが、その中で一人見つけたのがフランシスコでした。お父様は「聖フランシスコ」と彼のことを呼んでいました。

フランシスコは総合格闘技の選手です。ブラジル柔術の有段者でありムエタイのエキスパートでもあります。彼自身は小柄です。その彼が警護チームに加わり常に行動を共にしました。空いた時間があると私は彼と練習しました。

われわれのレベルは高く、お父様の周囲にいてひとたび不測の事態が起こった時にはいつでも応戦できるようにしていました。お父様は毎日、私たちに技のデモンストレーションをさせました。訓読会の時に「亨進!出てきて、ちょっと技を見せなさい!」とよくおっしゃいました。そこで私とフランシスコが出て行って技をかけるのです。

本当にお父様は楽しんでおられました。ある時リトルエンジェルスの公演で「格闘技の模範演技をしなさい」とおっしゃいました。

私は「バレーに格闘技はなじまないと思いますが」と言うと、「早く行ってやりなさい」と言われるのでワシントンDCまで出かけて行ったことがあります。バレーを見に来た人たちにどう説明すればいいと思いますか?

神様の計らいでその公演(訳注:韓国戦争60周年リトルエンジェルス世界公演)の観客席には大勢の退役軍人がいました。

そこで私は「退役軍人の皆さん、お父様が皆様のためにと私を送りました」といって模範演技を開始したことがあります。

2012年のサッカーの大会ピースカップでも総合格闘技の模範演技をしなさいとおっしゃいました。警護員を指して「あいつと闘いなさい」。私はピースカップの主催者であり、お父様に仕えるとともに現場から様々な報告を受けて、指示を出さなければなりませんでした。おまけに模範演技です。

それは不可能に思えたので、あらかじめ格闘技の映像をビデオに撮り、それを会場で流すことで条件的に実演をすることにしました。

今からお見せするビデオはその時に撮ったものです。カメラは私たちの訓練を写しています。午前2時半からの訓士の人たちと一緒に瞑想をするところから警護員の一人である北辰一刀流四段の佐藤先生に居合道、剣道の教えを受けるところ、そのあとジムで格闘技のスパーリングなどを写しています。まさに映像にある同じ技をかけていて今回、ひざを痛めました。

よくよくご理解ください。お父様の命でこれら実演を行いました。私自身は公にしてこなかった内容です。隠しておけば暴漢が襲ってきた時、私の動きの予測がつかないでしょう。しかしお父様はそれを公にするようにおっしゃいました。

今、息子たちをトレーニングし、娘も屋内で訓練しています。祝福式の後には日本から青年たちがやってくるので、そこでもトレーニングをしようと思っています。銃器の訓練と組み合わせれば高度な自衛のための訓練になることでしょう。すべて基本的人権の一つである自衛権にかかわることです。

この映像からお父様が戦士の精神、戦士の文化を限りなく尊ばれたことが分かるでしょう。神様との関係においてあらゆる迫害、監獄生活を超えさせてきたものは戦士、闘志の精神ではありませんか。

特に若い人たちが困難やサタンと闘うために必要な闘士の精神を学ぶことが大切だと思っておられました。

ではその映像をみましょう。2011年のものです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中