在米食口、水谷氏の公開書簡

sxsw-letter

在米の食口、水谷信雄さんがアメリカの日本人家庭を束ねる米国個団の猪瀬会長夫妻に送った手紙を公開されましたので紹介します。(青字部分の訳、及びアンダーラインは管理人による)
以下、本文

猪瀬洋様、初根様。 New year card ありがとうございました。

先日はUTSに於いて、”True Mother and Embodying the Divine Feminine”と題し、1時間半に渡ってDr.Wilsonによる講演がありました。その後質疑応答があり、私は前に立って質問をしている途中で止めさせられてしまいましたので、私が質問したかった内容を下記にしたためました. ご確認いただければ幸いです。

Q1:お母様にとって最も痛切な問題は何でしょう。子女様に関する問題ですか、それとも夫であるお父様の問題ですか?(下原文)
What is the most painful matter for True Mother? Is it concerning with her children or concerning with her husband?

Dr.Wilsonは、お母様が最も辛かったことは子供と一緒にいてあげれなかったことだと強調されましたが、私は夫(Rev. Moon)故であると思います。お父様は、メシアであり再臨主であり王の王として最も歴史的に困難で複雑な縦的蕩減条件を立てて横的に蕩減復帰しなければなりませんでした。例えば、ソロモン王は700人の妻と300人の妾を持っていたと聖書に書いてありますが、そのような内容も含まれているはずです。

お父様は1960年にお母様と御聖婚されるときに、明確に6マリアについて説明され、お母様はそれを承諾されて真父母の路程を2人で出発されたそうです。6マリヤという方達は1998年、マジソンスクエアーガーデンで4大聖人そしてアウグスチヌス、ソクラテスと祝福された方々です。それぞれが歴史的役割を持たれて、お父様と共に縦的蕩減条件を立ててこられた方達だと思います。
お父様は、自叙伝”平和を愛する世界人として”は御自身の生涯の80%であると言及されています。ただ仏陀と祝福された崔元福先生については、復帰されたエバの立場であり、お母様との間ではレア(妾)とラケル(本妻)の立場であることを伺っているだけで、このような残りの20%の秘密は明らかにされませんでした。

2001年、お父様は全米50州講演を慣行されました。私はユタ州ソルトレイク市に動員で17日間滞在しました。3月10日の講演が終わった翌朝5時にお父様が泊まられたホテルに集合して、御言を拝聴いたしました。お父様は、モルモン教はジョセフ、スミスを中心としているが神様を中心としなければならないし、皆さんは知らないと思うが彼はたくさんの女性関係があって、12人の女性の中で一番良い女性を妻としたかったが、本妻が殺し屋を雇い悲劇の死に至ったと語られました。そしてヤコブも4人の妻がいたように、歴史上の中心人物は誰にも理解できない神様との秘密があると言われました。

20年前の1996年、私がUTSの学生であった時、”Life and Thought Sun Myung Moon”のクラスを担当されていた呉滝龍先生のアシスタントをしていましたので、武田吉郎さん著の聖地定州、受難の源流、愛の奇跡などの日本の資料を彼のオフイスに持参しました。彼は韓国に於いて、お父様はたくさんの女性関係の故にメシアとして失敗されたとも噂されていると、私が仰天するような事を語ってくれました。また、そのオフイスには韓国語の講師である崔文淑先生(2世36家庭で36家庭崔昌林先生の長女)もおられて、お父様の種は36家庭の夫人にも入っていますと言われました。これは、”私は最も聖なるものを好む人でありながら、最も汚いことをしなければならなかった。”という、お父様の御言を解釈したものです。

これらは、お父様がメシアとして縺れた歴史を解かなければならなかった、ほんの一部ではありますが、語れなかった秘密の一端であります。お父様は”いったん私が蕩減の内容を語れば、それを聞いた皆さんはその道を行かなければなりません”と語られています。だからお父様が死ぬまでこのことを語らず秘密にされていたのでしょう。まさしく親は苦労の道を歩んだとしても子供にまで苦労させたくないという、お父様の私達に対する深淵にして偉大な愛であり、その愛ゆえに語られなかったのでしょう。

そして、お母様は再臨主の妻として誰にも打ち明けることができない困難で苦痛のともなう路程をたどってこられた事は確かであり、それを絶対的信仰、絶対的愛、絶対的従順で勝利されてこられた真のお母様は偉大です。

お父様はこのような天のみが記憶される秘密である縦的蕩減を支払われて完成完結完了を宣布され、蕩減時代を終了させてくださいました。お父様は、たとえ100歳以上生きられても、この内容は語らず秘密にされていたかもわかりませんし、もし確固たる天一国の基盤ができたならば、全ての秘密を明らかにされたのかもわかりません。とにかく、このお父様の深淵にして偉大な愛の秘密の勝利基台の上で、祝福を賜った私達は”絶対性”を高らかに掲げて、神氏族メシヤと天一国の建設の為に前進すべきではないでしょうか。

Q2,矛盾を含む「独生女」(下原文)
The only begotten daughter which includes the contradiction.

Dr.Wilsonは独生女をお母様だけに言及しましたが、私はそう思いません。第1アダムが独生子であり、第2アダムが独生子としてのイエス様であり、第3アダム再臨主が独生子としてのお父様であります。第1アダムの相対者エバが独生女であったわけですから、もしイエス様の相対者がいたなら独生女となりますし、再臨主の相対者は当然独生女と言えましょう。

1945年、お父様はキリスト教基盤の上で、崔先吉女史と御聖婚されました。この時、韓国のキリスト教と国が再臨主を受け入れていれば、7年間で天国実現は可能でした。しかし、再臨主を迎えるために神様が準備されたキリスト教基盤であったイスラエル修道院や腹中教の中心者が、お父様を再臨主として受け入れる事に失敗した故に、この基盤は失われてしまいました。
ですから、崔先吉女史は神様が最初に準備された独生女と言えましょう。

1954年、日韓国交閉鎖時に、お父様は妊娠されていた金明姫女史を日本に宣教師として遣わせられました。翌年に東京で喜進様をご出産されますが、その後3年間牢獄で過ごされれている時に、悲劇に襲われました。女史の実兄で36家庭の金相均先生は”妹は真の母になるはずであったが、そのような事が起こり、自身からその位置を退いたんだ”と語ってくださいました。
ですから、金明姫女史は神様が2番目に準備された独生女と言えましょう。

1960年3月16日(旧暦)にお父様とお母様が御聖婚されました。
ですから、お母様は神様が3番目に準備された独生女と言えましょう。

しかしながら、独生女に関して私が最も心を痛めている事柄は、昨年お母様が何回も”2000年のキリスト教は、独生女を迎える為の摂理であった。韓半島は再臨メシアの独り娘を誕生させる為にあった。その独生女が私です。あなた方は、此れを信じなければなりません。”と強調されたことです。 そのような事柄は、聖書にも書いてありませんし、原理講論にも書いてありません。韓国の歴史書にも預言書にも独生女は出てきません。このままでは、キリスト教徒復帰は困難に陥り、キリスト教牧師、教職者の教育はさらに難しく、韓国の国家復帰は遠のいていくばかりになります。

私は、このことを受け入れて信じていくならば、FFWPUは独生女を崇拝する集団(カルト)に成り下がってしまうのではないかと心配しています。

そうならないために、私はお父様の遺言のとおり、8大教本に従って生きていくつもりです。またお父様は、私の代身者、相続者は文亨進様であり、彼に反する者は異端者、爆破者であるという御言に従って生きていくつもりです。皆様もお父様の御言に従って生きていってくださるように心からお願い申し上げます。

水谷信雄  1/12/16

家庭連合はプロパガンダ連呼ではなく
真剣にメッセージを受け止めてほしい
と思う方はクリックお願いします☟
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

在米食口、水谷氏の公開書簡」への1件のフィードバック

  1. 狐狸庵 の発言:

    水谷信雄 様

    Wilson氏も水谷氏も「独生子」、「独生女」に対する概念が明確ではない様に思えるのですが・・・
    貴兄が言われる様に、「独生子」(独り子)はキリスト教にある概念ですが、「独生女」(独り娘)はキリスト教には存在しない概念です。「独生女」はお父様によって造られた新しい造語です。
    「独生子」は無原罪で生まれたメシア、救い主を表し、「独生女」はその相対を表します。
    ここで重要なことは、お父様が使われる「独生女」とお母様が使われる「独生女」の使い方とその意味合いが異なる事です。お父様は「独生女」と言う言葉を堕落前のエバを指しても使いますが、ほとんど、復帰摂理上のエバ復帰に対して使われます。
    「独り子は生まれましたが、独生女がいません。なぜ?エバは堕落したので、サタン世界から探して来なければなりません。」(2001年7月6日)
    「長子権復帰、その次に独り子と言う言葉が出てきます。独生女はどの様になりますか?イエスが創造しなければなりません。本来、アダムを創造しエバを創造したのと同様、男性が先に生まれなければなりません。独生女ではありません。」(2006年3月7日)他にもみ言はありますが、長くなりますのでこの2つにします。
    つまり、無原罪のメシアが生まれ、彼が原罪を持って生まれて来た女性(エバ)を復帰し、教育し、完成し、本然の神様の「独生女」に復帰するのです。これが真の母です。私たちはこの様にお父様から学びました。
    しかし、お母様が自身を指して言われる内容は「血統転換、私は胎中にいる時からそうなのです」(2014年7月1日、訓読会)つまり、お母様は無原罪で生まれた女メシアであると「独生女宣言」をしたのです。
    それに加えて、「お父様はイエス様の使命を引き継いだその時、その瞬間がお父様が独り子となられた資格です。」(同7月1日)と言われました。16歳でイエス様に会ったとき「原罪のないメシア」になったと言うのです。ここで多くの矛盾が生まれます。お父様は有原罪で生まれ、15歳まで原罪を持っていた事になり、
    お父様が今まで言われていた内容に整合性がなくなります。
    お父様が言われた内容が正しければ、お母様が言われた事は誤りであり、お母様が言われた事が正しければ、お父様が言われた事は誤りになります。これをもって、「一体化」していると言うには無理があるのではないでしょうか。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中