家庭連合は何を体現する団体なのか

サンクチュアリ教会(PA)のメンバー、ロバート・ピケル(Robert Pickell)氏がFacebookに投稿した所感より-

「バビロンの淫婦」がアメリカ家庭連合におけるしかるべき地位を「淫婦」に与えようとするが、一般食口のきわめて正当な判断によって拒絶された。一体このことは何を意味するのか。

 一連の成り行きは明らかに「オモニ」の直接的な関与と願望を示している。そこで私は家庭連合のメンバーに聞きたい。あなたは「オモニ」を本当に支持しているのか?

 神の独り娘に対する信仰はどうも「条件付き」のものであるようだ。

 アンドリュー・ウィルソン(訳注:独生女神学を世界中で講義するUTS教授)やタイラー・ヘンドリクスはこの状況をどう説明するだろうか。彼らはまたまた子女様方が「被ってきた困難」や「難しい路程」で擁護するのだろうか。「娘がどれほどお父様と一体であるか知らなさすぎる」というのであろうか。しかしそれらはもっと本質的な問いに比べるとどちらでもよいことのように思える。

 家庭連合にとってのより重要な問いは、「家庭連合は何を体現する団体なのか」というものだ。

 私はもはや部外者であり家庭連合に忠誠を尽くすものではなく、むしろ神様の理想と血統をめぐって争うものであるので個人的にはこの問いに関心がない。しかしあなた方(家庭連合)はその核心部分においてまったく混乱しているようだ。

 サンクチュアリ教会を巡ってもう心配することをおやめなさい。がん細胞が自らを壊して生きる力を得て、最後に死滅するように、あなた方も自分自身の家族、子女を壊しながら存続しようとしているのだ。

 
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中