大陸会長は見た

Exif_JPEG_PICTURE
 *写真はイメージです

2012年8月のある日、お父様が入院中、13本の管を付けられながら病の床に伏しておられるとき、お母さまから安楽死の提案がなされた。その場にいたのは亨進様、国進様、そして金榮輝会長をはじめとする朴普煕氏、石ジュンホ会長、梁昌植氏らその他、最高幹部と金孝南(訓母)氏。これらのやり取りは実はビデオに収められ、その場に参加できなかった当時の大陸会長以上の指導者は全員視聴したという。

その映像の中にはお母様の提案にうつむき黙る指導者たちの姿と、「メシアが生きておられることは人類にとってそれだけで祝福です」と述べ、弟子の中で一人抗弁した朴普煕氏の姿も映っていた。しかしこのビデオには見る者の度肝を抜くシーンがあったという。

それは、金孝南氏が「お父様を迎えに孝進様、興進様、榮進様が来られています」と言った瞬間、まだ意識のあったお父様がグッと目を剥いて金孝南氏を睨まれたというものだ。

まだまだ表に出ない多くの事実がある。時を追ってそれらは明らかにされるだろう。

―もう一つの真実。

お父様が亨進様夫妻に相続式、戴冠式挙行を決定されたとき、お母様はお父様に(亨進様は)まだ幼いといって反対されたという。この戴冠式はお父様の意志、お父様の一存でなされたのだった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中