独生女神学は子宮神学

Cyberサンクチュアリ人協会東大阪教会長の訪米報告より―

亨進ニムのお話し 12/05/2015

イエス様が亡くなった後、マグダラのマリヤの異端がありました。

中東の神々は女性の神々が一番上にいるのです。

カトリック教会の聖母マリヤの事を清い子宮と教えています。

だから、子宮神学と精子神学です。

子宮神学は共産主義から拝金主義になります。

じっとしていなさい、子宮の中に残っていなさいというところから

フェミニズムが生まれ、父親の権威を崩してしまう、

精子神学は反対です。

王であるお父様の精子を受けたら、僕(しもべ)は何も言うことができません。

血統の違いです。万能の王の精子を受けたらどのような政府も奪うことができません。

天一国は、精子からくるのです。天一国で市民は、万能の王の精子を受けた人々であること

天一国の警察、平和軍は恐ろしいことが出来るのです。

 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中