韓お母様は「完成」しているのか―重要な問題

米国家庭連合のタイラー・ヘンドリックス氏がサンクチュアリ教会を意識したビデオをYouTubeで公開している。

つまるところその論点は韓お母さまが「完成人間」「完成したエバ」であるのかどうかである。ひとたび「完成」しておられることが明らかになれば韓お母さまは神様と一体になっておられその言動は神様のものとみなすことができ、いかなる韓鶴子お母さまへの讒言も神様への讒言とみなされる。

それほど重要な問題である。

そして家庭連合、ヘンドリックス氏は「お母さまは完成した」と主張する。

それに対する重要な反証がある。それはお父様のみ言葉だ。

「お母さまは2013年6月16日までに完成しなければならない。そうして本然の位置にまで戻らなければならない」―2007年5月11日 天正宮訓読会

ここで日本家庭連合のサンクチュアリ教会対策ビデオ講義の中で本部の太田講師はこの問題について、「6月16日ではなく2月16日である」とサンクチュアリ教会側がお父様が語られた日付を誤っていると指摘し、また原語(韓国語)では「このことを完成させなければならない」と言われており「お母さまご自身の完成を言っておられるのではない」ことを言外ににおわせている。

しかしそれは反証として説得力のあるものではない。

真に説得力ある有効な反証は『「お父様はお母さまが完成した」とこの日述べられている』という積極的かつ直截なものでなければならない。お母さまの完成の期限が4か月早くなったからと言って有効な反証になるとは言えまい。いずれにせよお父様は韓鶴子お母さまが『2013年のいずれかの日までに完成して神様の直接主管圏に入らなければならない』と言われているからだ。

私が93歳、お母様が70歳で完成級の聖婚式をもつことですべての祝福家庭と共に完成した天地の時代に入ることができる。―2011年8月29日天正宮訓読会 

とお父様はおっしゃったが、2012年のご聖誕日に行われる予定の聖婚式をお父様はキャンセルされた。そしてお母さまにさらに一年の猶予を与えられ、願われる基準での一体化を待たれた。

しかし、お父様のご聖和により、その最後の完成段階の真の父母聖婚式は果たされることはなかった。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓お母様は「完成」しているのか―重要な問題」への3件のフィードバック

  1. ヨス修練生です の発言:

    初めまして
    私は、お母様は完成していらっしゃると思います。その理由のみ言です

    今日、私たち夫婦が、
    おそれ多くも天から印を受け、
    神様の実体として立ち、

    「万王の王戴冠式と金婚式」
    を執り行うこととなり

    と、はっきり、真のご父母様が神様の実体として立っていらっしゃると言われています

    平和メッセージ 17

    真の平和世界と真の父母UN世界の安着

    真の父母を求めてこられた神様

    今日、私たち夫婦が、
    おそれ多くも天から印を受け、
    神様の実体として立ち、

    「万王の王戴冠式と金婚式」
    を執り行うこととなり、

    誠に喜ばしく思いながらも、
    天の前には申し訳ない心を禁じ得ません。

    いまだに六十五億の人類を完全に天の前に復帰してお捧げできないまま、
    私の年が既に九十歳に至りました。

    いいね

  2. 鈴木 の発言:

    遺言とされた「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のメッセージもお母様が完成していないという重要な根拠になると思います。
    ーーーーー
    「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」抜粋1
    ーーーーー
    「既に真の父母様御夫妻は最終一体を成して、完成、完結、完了の基準で、全体、全般、全権、全能の時代を奉献宣布されたのです。 」
    =======
    上記の「基準」と「奉献宣布」は、レベルの違いはありますが、世間の人たちが合格祈願する時の神社参拝することと同じと言えます。

    更に決定的なことは
    ーーーーー
    「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」抜粋2
    ーーーーー
    「第2に、天は既に重生と復活の聖和権の恩賜を家庭単位まで許諾されたのです。ここには父母と子女間の完全一体を必要条件としています。絶対父母、絶対子女の基準を立てて、絶対家庭を築きなさいということです。」

    ======
    ここには「父母と子女間の完全一体を必要条件としています。絶対父母、絶対子女の基準を立てて、絶対家庭を築きなさいということです。」 とあります。
    これこそは、真の父母が完全一体になっていないこと、子女様が完全一体となっていないことを裏付けていることであり、お父様が言われた「完成、完結、完了」はお父様と一体となれないお母様と子女様、幹部たち、祝福家庭の不従順の一切をお父様が聖和によって埋め合わせすることによって成される言葉だと言えます。

    この抜粋1.2は遺言ですから、家庭連合が言っている、「お母様がお父様と一体となっている」ということは、全く真実に反しますし、また、家庭連合の現実の実態を見て「お母様がお父様と一体となっている」などと言っている事は狂っているとしか言えません。

    私、「777」「ほふられた小羊」は休眠中ですが、今となっては、あちこと、書き改めなければならないカ所があります。

    いいね: 1人

  3. 鈴木 の発言:

    「抜粋2」で、重要な観点が抜けてしまいましたので補充します。
    ーーーーー
    「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」抜粋2
    ーーーーー
    「第2に、天は既に重生と復活の聖和権の恩賜を家庭単位まで許諾されたのです。ここには父母と子女間の完全一体を必要条件としています。絶対父母、絶対子女の基準を立てて、絶対家庭を築きなさいということです。」

    上記の「絶対父母、絶対子女の基準を立てて、絶対家庭を築きなさいということです。」に対して、お父様は期限をつけられています。家庭連合が言っているように、既に、お母様がお父様と一体となっているなら期限をつける必要がありません。一体となっていないから期限をつけられたとみるのが常識と言えます。
    その期限はこの大会でいくつか語れていますが、終わりにある「真の父母様の特別指示」の中に、基元節となる「Dデー」までとみて良いと思います。

    しかし、お父様は基元節を半年前にされて、突然として聖和されました。聖和の理由は、基元節まで待たれても「絶対父母、絶対子女の基準を立てて、絶対家庭」を築くことがきないという、お父様から見て決定的になったが為に、その一切の蕩減を追われて、一切を許す為に、お父様は自ら聖和の階段を上られたのだと言えます。

    以上が、全回のコメントの補充です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中