原理が真理である証―その2

現代科学が証言する二性性相

物質の根源は見えざるエネルギーである。エネルギ―が凝縮(E=mc²)して物質が生成するとき常に物質と反物質がペアで生まれる。物質・反物質の存在は現代物理学の常識である。

脳の断層撮影はPETスキャンで行われるがこのPETのPはポジトロン(陽電子=電子の反粒子)であり反粒子はすでに医学で利用されている。

images

また小林誠、益川敏英両氏はCP対称性の破れ(物質・反物質のアンバランス)についての研究で2008年ノーベル賞を受賞した。

下の動画をご覧ください。CERN(欧州原子核研究機構)のロルフ・ランドゥア博士がわかりやすく解説しています。日本語字幕付き。


*日本語字幕を出すには画面下の歯車アイコンの左のアイコンをクリックしてください。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中