興進様が証するイエスの心情

 

この記事は私が以前、「統一教会員の合同ニュースブログ・ファミリーフォーラム」に投稿した記事の再録です。

公生涯以前イエス様が経てこられた環境を興進様が証したものです。歴史的クリスチャンにも想像を絶する内容です。
クリスマスも近い今、私達、統一食口はイエス様の事情を真に慰めることができるよう愛してさしあげましょう。
The Victory Of Love With Heung Jin Nim (Moon) The Heart Of Jesus March 1, 1987 

jezus1
(興進ニムの証)

公生涯を歩む以前のイエス様は両親から十分な食事を与えられなかったために、栄養失調で痛みなしに歩行することすら困難だったのです。

栄養失調で目も腫れて、眼のふちの周りも痛んでいました。

彼の家族は彼の面倒を看ることは一切しなかったのです。

兄弟達は彼が、自分たちとは違う、また、変わっている、という理由で疎んじていました。しかもイエスは非常に感受性が強かったのです。

近隣の人はイエスが、父親の知れない子として迫害しました。

そんな中唯一、妹だけが彼を愛しました。しかし彼を愛する人は、彼女くらいでした。

それくらいの愛情では幼いイエスの心を天の王子に育むにとうてい不足しているのは言うまでもありません。

彼の両親は全くイエスを誤解していましたし、ザカリアはイエスの存在を歯牙にもかけず、彼とかかわりあいになることを徹底して拒絶していました。

おばは遠くから彼に唾をはきかけました。幼いイエスがどうして、この状況に対応できるというのでしょうか。

いかにこの環境を理解せよと言うのでしょうか。しかしこれらは彼を破壊しようともくろむサタンの業でもありました。

結局、成長途上の彼を、守る人も愛する人も皆無だったのです。

今までいかにイエスを理解する者が少なかったでしょう。

彼の惨状に同情できるものがいかに、少なかったことでしょう。

とくに統一教会の食口たちはイエスの心情を慰めてあげなければなりません。

真にイエスを理解してあげましょう、真に愛してあげましょう。

イエスの勝利は、まさに驚くべきことです。彼の生い立ちを考えれば本当に驚嘆すべきことです。

いままで誰一人、彼の心の蒙った心情的な痛みの深さを理解できなかったのです、そしてメシアとして世に出るために克服してきたその内容を理解できるものは誰一人いなかったのです。
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

興進様が証するイエスの心情」への2件のフィードバック

  1. hide6500 の発言:

    イエス様はどんなに惨めで悲惨な幼少期を過ごされたでしょうか。事あるごとにイエス様を思い、イエス様を慰め、イエス様と同じ重荷を担うことを感謝すれば、イエス様はすべてそれをご存知であり、友となってくださるでしょう。偉そうなことを言ってすみません。しかし、それはお父様につながる、歴史の厳然たる事実ではないでしょうか。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中