韓氏オモニの非原理度 その2

 

047cdaddc050e7b649cde7bc75a4a1b0

2015年10月24日

キリスト教歴史のすべては「独り娘」の基台のためにあったというのです!

 


  天聖教 

tsk

 
 キリスト教を通して二千年の間再臨主が来ることができるようにした

がゆえに、キリスト教文化圏を中心として、第二次大戦直後にキリスト教とアメリカを中心とした勝利的基盤の上に先生が立ったならば、先生が苦労をしたでしょうか。その当時に先生を受け入れたならば誰がお母様になっていたでしょうか。聖進様のお母様が駄目ならば誰がなったでしょうか。イギリスの女性です。み旨からしてイギリスの女性です。イギリスの王宮が先生と関係を結ぶのです。そこはキリスト教文化圏ではありませんか。アメリカはイギリスが生んだのです。ですから李博士(注:李承晩)がなぜ西洋の女性を妻にしたかというと、そのような象徴的な意味があったのです。

それゆえキリスト教が反対することによって、お母様が福を得たのです。   

 (第8巻 罪と蕩減復帰、第三章 蕩減と復帰の公式、二 真のお父様の歴史的蕩減路程、1.蕩減路程を行く心構え2.真のお母様を選ぶこと)

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中