韓国を去る国進ニムがつぶやいた一言

11月22日亨進・ヨナニム説教より

 

ヨナ様
お父様が聖和された時、私たちと共に働いていた多くの責任者たちは、お母様が亨進様と国進様を信頼していないことを察するやいなや、亨進様と国進様に対して反対する立場に立つようになりました。一時は私たちと共に、「日本のメンバーを解放しなければならない。日本の拉致監禁問題を解決しなければならない」と泣きながら訴え、日本へ行って私たちと一緒になってその問題について調査し闘ったその同じ人が、2週間後には全く違う人になっていました。スイッチでも切り替えるようにどうしてこのように変わることができるのでしょう。
彼らは亨進様、国進様が日本と韓国で多くの過ちを犯したとお母様に讒言し、私たちを背中から刺すようなことをしたのです。彼らの豹変ぶりを私は理解することができませんでした。  ■

 

この後、国進様も統一財団を解雇されることが明らかになりアメリカに向けて韓国を離れられたのだが、ある人の話によると、ほとんど見送る人はいなかったという。その中のある者が憤慨してそのことをいうと、国進様はポツリとひとこと「韓国人だからね、仕方ないよ」と言ったという。

 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中