証-INVICTUS(負けざる者たち)

ここに綴る証はこのブログの管理人の個人的証である。

わたしは20才頃に精神的・肉体的に文字通り死ぬか生きるかの試練を体験したことがある。そしてその体験を通して、まさにそのさなかに神様に出会った。

実はその試練の年の前年の大晦日に不思議な体験をしている。

年も変わろうかという時刻に何となく2階のベランダに出て夜空を見上げた。
大晦日の夜空は晴れ渡り、都会であるにもかかわらず星がたくさん光っていた。

そのときふと、夜空に向かって何か「願いをかけたい」という衝動に襲われたのだ。今にして思えば「祈れ」と命じられたような感覚だ。それまでそのようなことをしたことはないし、しようと思ったこともない。
当時、ある国家試験を目指して勉強していたのでそれもあったかもしれないが、それだけでもなかった。まさに見えざる何者かにそう命じられたという他ない。

一瞬目を閉じて再び目を開いたちょうどそのタイミングで流れ星が流れた。
「流れ星に願いを懸けるとその願いは叶う」と昔からいうからこれは吉兆だ、と一瞬思ったが心の中に同時に不愉快な闇が広がるのを感じた。心の奥では不吉な兆しと判断しているのだ。

その感覚は今でもはっきりと覚えている。

いずれにせよそれが何かの先ぶれであることは確信した。
その翌年に人生最大の試練(そして人生最大の恵み)に遭うことになった。

それから数十年後、2014年の大晦日。

近くの聖地での祈祷会に参加したあと、もう年は明けていたが、ちょうど過去のその時と同じような体験をしたのだ。

それはどういうことかというと、何やら無性にINVICTUSという英語の詩が気に掛ってしようがなくなったのだ。

この詩のタイトルはネルソン・マンデラ氏を描いた映画の題名にもなったものだ。

その詩をプリンターで印刷して自分の机の真正面に貼り付けた。それは今この瞬間もわたしの前に張られたままだ。

INVICTUS – William Ernest Henley

Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

インビクタス-負けざる者たち-

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が我が魂の指揮官なのだ

<ウィリアム・アーネスト・ヘンリー(1849~1903) イギリスの詩人>

この自分ならざるものによる有無を言わさぬ力につき動かされて、座右の銘のごとく机の前に張り出したこの詩の内容はご覧のとおり悲惨だ。

作者のウィリアム・ヘンリーはイギリスのジャーナリストで詩人。結核性関節炎にかかり、12歳の頃、片足を膝下で切断している。そしてその後も数々の不運に遭っている。

私はひそかに2015年がわたしにとって再び大きな転換点、試練の年になるのではないかと恐れた。だが今年も残すところ二月となり、確かに転換期ではあったが予期したほどの大きな試練はこれまではなかった。

しかし今日、今夜、つい先ほど、次のような啓示を受けたのだ。

この詩は今のお父様の心境をうたったものだ。

神様と真のお父様の現在の心境なのだ

と。

invictus-poem

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中