審判はすでに始まっている。

6月28日サンクチュアリ教会日曜礼拝説教文亨進師より抜粋―


三年前、私と国進兄さんに向って「私は神だ」と言われた時、お母様あなたを愛しています、しかしあなたは神ではありませんときっぱりと言ったのです。

あなたに呪いが降りかからないようにして下さい。周りであなたのお金を盗もうとしている取り巻きが何と言っているか知りませんが、あなたは神ではありません。もしこのまま進んでいくとそれは審判への道です。神様が裁かれるのではありません、お母様が道を外れたのです。神様の護りの垣根を越えて進まれたのです。

安息年(シュミタ)には様々なことが起きます。世界に多くの国がある中でよりによって韓国がMERSに侵されました。3年前に、このまま進まれると呪いを受けますとお母様に私が告げた時皆嘲笑いました。今週の火曜日、韓国の兄弟姉妹に向けての説教の中で私は「目覚めなさい! MERSウィルスは神様から離れた結果もたらされたものです」と言いましたがその瞬間に雷がとどろきました。また清平での修練会が閉鎖されました。もはや神様は直接に手を下されています。

Sanctuary Church Sunday Service  June 28th  2015 1  YouTube

愚かな間違いが幾度となく繰り返されています。清平の広報は韓国政府も事態をコントロールできているようなのですぐにでも再開できるでしょう、といいますが現時点で韓国での死者は32人になりました。これは始まりにすぎません。「主なる神を恐れないのか」と聖書は言います。

アメリカではどうでしょう。今年は安息年(シュミタ)です。同時に7周期目の安息年(スーパーシュミタ)であり第4月食が重なって起きる年です。2001そして2008にはアメリカには明らかな警告がありました。

(今年も)経済は前の2回の安息年と同様悪化し、彼等は議会の前、最高裁判所の前で喜んでいます。(*訳者注:2015年6月26日、アメリカの連邦最高裁判所は、同性婚を認める判断を示した。これにより事実上、全米で同性婚が合法化されることになる。)

Sanctuary Church Sunday Service  June 002015   YouTube

私たちは悔い改めなければなりません。明らかに傲慢になり神様をこの国から追放するようなことをしています。神様に対する公然たる反逆です。「きっと地獄は素敵なところ」などと言うボードをうれしそうに振っているのです。こうして神様を愚弄しています。

Sanctuary Church Sunday Service  June 28th  2015  2 YouTube

この写真では同性愛を象徴する旗で合衆国の国旗を覆っています。何やら象徴的なことだとは思いませんか。聖書的原則と個人の責任に基づく自由の象徴であるアメリカ国旗を同性愛の旗で覆ってしまう。これはこの国が神様と本然の創造から離れる決定的瞬間です。聖書ははっきりとアダム(男)とイブ(女)と言っているのです。そこを離れれば神様の保護、神様の超自然の力からも離れるのです。人間が人間を保護しようとして、神の存在を忘れているのです。イザヤ書5章20節にはこうあります。

わざわいなるかな、彼らは悪を呼んで善といい、善を呼んで悪といい、暗きを光とし、光を暗しとし、苦きを甘しとし、甘きを苦しとする。

今のこの国にぴったりの言葉です。今(人々は)アメリカは新しくなった、愛に勝利した、アメリカは偉大だなどと言っています。古代ギリシャが滅びる前どのようなことにふけっていましたか、古代ローマが滅びの前に何をしていましたか。バビロンはどうでしょう。神様の基本的な道徳観念から離れる時、全ての倫理、道徳は崩壊します。ビジネスも職業倫理の上に成り立っています。道徳倫理の相対化は国を滅ぼします。国の全ての基本倫理をなぎ倒すからです。

神様よりも正しい、神様より良くできる、などと言う考えは神様に対する反逆以外の何物でもありません。これらはすべて安息年の出来事です。1973年にアメリカが法的に中絶を認めた年、アメリカは戦争に初めて負けました(訳注:ベトナム戦争)。スーパーパワーだと思われていたアメリカが負けたのです。その後7年周期でやってくるすべての安息年において人々は神様に反抗し呪いました。全ての経済破綻、経済危機もすべて安息年に起きています。

そして今年は7年に一度の安息年であるばかりでなく7周期目の安息年であり、第4月食の年でありそれらが全て重なった年にこういうこと(同性愛合法化)をやっているのです。

これに対して異端の教会は世間の評判を気にするあまり「結婚は男女の間で成されるべきものである」という声明一つだしません。こうしてキリストの体である教会は文化に対しても取るに足らない存在となりました。キリストの如く存在感のある悪に対する戦士、人々の人生を変え、救いだす者になることができないのです。結婚は基本的な恩寵であるという立場に立って明快な声明文も出せない。アダムとエバ、男と女こそ神様の特質でありそこに力があり、それを正しく形作るなら悪に対する強大な力の源となる。こういうことを自由と平等の国アメリカで言えないのだろうか。

これは全く偽りの世界です。悪を悪、善を善と言うことができないとは。

審判はすでに始まっている。」への5件のフィードバック

  1. 6500truefamily の発言:

    アメリカの最高裁判所による同性婚合法化判決は残念な結果になりました。
    キリスト教は、サタン文化に蝕まれ、崩壊していく社会を救うことができず、無力化していることを示しています。このような状況だからこそ、み言葉に従い、真の家庭をつくり上げたいと感じます。

    いいね: 1人

  2. 6500truefamily の発言:

    亨進様は審判は始まっていると述べておられます。その具体例としてMERSを挙げておられます。合わせて、私が心配しているのはギリシャをきっかけにする経済危機です。
    ギリシャがデフォルテに陥り、ユーロの暴落、EUからの離脱する国の発生など負の連鎖が拡大する可能性があります。
    日本関連で言えば、関東大地震が起こったのは1923年で、6年後の1929年に世界恐慌が起こっています。
    東北大震災が起こった2011年ですが、6年以内に世界恐慌が起きなければよいがと考えています。
    同時性がこれに関しては起こって欲しくありませんが、ヨーロッパと関連して考えると全く無視できる状況ではありません。
    審判が拡大しないように、悔い改めるしかありません。

    いいね: 1人

  3. 6500truefamily の発言:

    ギリシャ、ユーロ危機が世界経済に直結するという観点で言えば、中国の株価暴落も気になります。

    中国株バブル崩壊の兆しか 3週で25%下落、当局の対策も失敗 英米メディア注視

    以前よりバブルが崩壊するのではないかとささやかれていた中国ですが、だましだましここまで来ました。
    毛沢東による革命で、中華人民共和国が成立したのは1949年です。共産主義が70数を超えることができないとすれば、共産党のリミットは2019年です。
    摂理的には、いつ崩壊してもおかしくないと思いますが・・・
    共産党の崩壊は大歓迎ですが、世界経済への影響は大きいでしょう。

    いいね

    • わたしも今年の初めからなにか「世界が変だ」という感覚を持ってきました。なにやら糸の切れた凧、世界全体が制御不能になった感覚です。これは中心摂理が機能していないのでは・・という感覚です。やはりお父様の存在は大きいなと実感する今日この頃です。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中