聖書は信頼できる古代文献か

6月14日サンクチュアリ教会説教:文亨進師 「神の全身武具」より―


33歳で亡くなり、しかも3年の公的活動しかしていない人物についての文献が五万八千もあるなんて信じられますか。

貧しい家庭に生まれ犯罪人として死んだ人物です、歴史の中で忘れられて当然でしょう。どうしてこんなにも記録が残っているのか。

学者たちが共通に問題視する箇所はマルコ16章の12節から20節です。また姦淫の女に罪なきものが石を打てという部分のあるヨハネ福音書7章、8章についても後代の改ざんを疑っています。初期の文献にはこの話がないからです。

そこで無神論的神学者はこう言います。「ヨハネ7章と8章、マルコ16章には問題があるので聖書は全体として信頼できない」。それらの箇所の問題部分はそれぞれがせいぜい2文程です。逆にいえば、新約聖書全体の中で問題があるのは4から8つの文に過ぎないということです。そのほかの部分は無神論的神学者でさえ文献としての正当性を認めています。

人がこう言うのを聞いたことのある方は手を挙げて下さい。「イエスが十字架で死んだというのも分からない。なぜなら福音書はイエスが死んでからずっと後で書かれたからだ。たとえばマタイ伝は50、60年後、ヨハネ伝は110年後に書かれたものだ。様々なグループが色々な異なる種類の伝承本を用いてそれぞれがそれぞれの仕方で礼拝していた。西暦380年にカトリック教会はそれを一つにまとめてキリストの血と肉を中心として儀式、聖酒による秘跡などを、福音書から選び出しながらミサの形を考案した。それらはイエスが死んでからずっと後に書かれた4つの福音書をもとにしている。」

新約聖書の写本には30万から40万箇所の相違があります。40万のグループがそれぞれ礼拝を行っていたのでそういうことになったのでしょう。しかしそれらの相違の75%から80%はスペルの間違いであり、またマルコで見られるように、彼→イエス→イエス・キリスト→主イエスなどの表記の違いもあります。意味の取り違えはわずか1%以下に過ぎません。そして教義にかかわる相違点は一切ありません。

こういう知識がないとまんまと騙されてイエスは神話上の存在であり旧約聖書は神話だから、そんなものに従うことなく自分達で道徳をつくるのだということになります。ヒトラーなどと同じ考えに陥ってしまいます。

たとえば「私に道徳を押し付けないでくれ。道徳なんてアイスクリームと同じでそれぞれ好きな物を選べばいい。道徳に関して良い、悪いなんて誰も言えない。例えば人のラジオを盗んで文句を言われたら「私は別に盗みは悪いという考えは持っていないから君とは考えが違う」と言ってみなさい。これを道徳相対主義と言って最も愚かしい哲学のひとつであり、頭脳を持つものならば直ちにその誤りに気付くものです。

しかし多くの人が脳死状態に陥って、大学などへ行ってはサタンの根である道徳相対主義の犠牲になるのです。堕落は道徳を相対化したことに始まります。「食べても死なないかも知れません。神様のおっしゃることは真実ではないかもしれません。自分の道徳、自分の法律を作りなさい」などと言って。アメリカはまさにこの荒れ狂うサタンの罠に陥っています。

そこでエペソ人への手紙にあるように神の全身武具を身につけるのです。これによってサタンの狂乱に立ち向かうのです。サタンは繰り返し同じ方法おなじやり方で罠を仕掛けてきます。だから神様は全身武具を下さったのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
God Bless You All !

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中