血統の重要性

Your Weekly Update » FFWPU USAお母さま韓鶴子総裁を囲む宗親の方々。左から朴仁渉様、文権進様、文善進様、お母さま、文妍娥(ヨナ)様(孝進様夫人)、文薫淑様(興進様夫人)、文和延様(権進様夫人) この写真をメシアと神様の血統という観点でご覧下さい。

 

「平和神経」 平和メッセージ7― 血統の重要性

ところで、アダムとエバの堕落以来、歴史を通して神様にとって最も胸痛い恨として残されてきたものが何であるか御存じでしょうか。天の血統圏を失ってしまい、兄弟圏と所有権まで失ってしまった事件です。生命とも取り替えることのできないこの血筋を失ってしまいました。真の生命と真の愛の実を結ぶことができなかったのです。地球星を覆っている65億の人類が、天とは何の関係もないサタンの実に転落してしまったのです。

皆様、生命より貴く、愛よりも重要なものが血統です。生命と愛が合わさって創造されるものが血統です。これらのうち、生命がなくてもできず、愛がなくても血統は創造されません。愛、生命、血統のうち、その実りが血統なのです。神様の血統の中には、真の愛の種が入っていて、真の生命の体が生きています。

したがって、この血統と連結されれば、神様が理想とされた理想人間、すなわち人格完成も可能であり、理想家庭も生まれるのであり、さらには、神様の祖国、理想国家も出現するのです。平和理想世界王国は、このように創建されるのです。皆様、血統の重要性は、いくら強調してもしすぎることはないということを、皆さんも肝に銘じてください! 父子の間の関係こそ、あらゆる関係の中で最高、最上の関係だからです。神様の血統を伝授し、永存させることのできる唯一の道は、正に父母と子女の間の血統関係しかないという事実をはっきりと知らなければなりません。

しかし、その場に現れたのは、偽りの愛、偽りの生命、偽りの血統でした。神様の愛と生命と血統が愛の怨讐である姦夫、サタンの所有権に落ちてしまったのです。天地が真っ暗な地獄に変わってしまい、神様までも姿を隠される、そのような凄絶な世界になってしまった事実を、人間は今まで知らずに生きてきました。怨讐の血統が生命線であるかのように錯覚し、そこに命を懸けて生きている群像こそが、今日の堕落の末裔となった人類の悲しい姿なのです。それで、この世界を地上地獄と呼ぶのです。

このような悲惨な姿を見つめられる神様は、どれほど胸が痛かったことでしょうか。堕落によって血統圏、長子圏、所有権がサタンの手に落ちてしまったのです。愛する子女に相続してあげるために、一生の間、汗を流して集めた財産を、一晩のうちに強盗にそっくりそのまま奪われてしまった父母の立場になってしまったのです。このように、サタンに血統圏を奪われ、子女を失ってしまい、すべての国と世界の所有権まで渡してしまった神様の悲しく無念な心情を知る者がいませんでした。

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中