イギリス家庭連合が今考えていること (その2)

UK FFWPU Proposal

http://proposal.org.uk/

イギリス家庭連合の改革案のなかで「国家リーダー(イギリス家庭連合会長)」についてはこのように述べている。

摂理機構(providential structure)

国家リーダー(National Leader)

① 役割及び責任

  • 国家評議会(national council)の議長を務める
  • イギリスでの統一運動の霊的指導者
  • 大陸会長との連絡連携
  • 対外的にイギリス家庭連合の代表となる
  • 各部局の長と個人的に定期的会合をもつこと

② 選挙

  • 4年ごとに行う
  • 国家リーダーの選挙においてイギリス家庭連合のすべてのメンバーが立候補できる。コミュニティーの評議会は7人以上の推薦人(家庭連合メンバー)をもつ立候補者についてはすべて考慮しなければならない。評議会は資格を有する立候補者をメンバーに提示し、メンバーの選挙により3名を選ぶ。評議会がその3名の選抜候補者名簿から一人選んで国家リーダーに任命する。

③ 説明責任

  • 国家評議会と共同して働くこと
  • 一般のメンバー及び大陸会長に定期的報告を行うこと

④ 国家リーダーの罷免

    • コミュニティーの評議会の80%以上のメンバーより不信任案が提出された場合は国家リーダーを退任しなければならない。その後直ちに選挙を行う

―改革案引用終わり―

もちろん上記は決定事項ではない。
指導部も参加する改革委員会で5カ月間練られた改革案の中にある討議のための叩き台である。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中