【説教】 主に依って立つ  ②

【説教】 主に依って立つ 4/19 文亨進師

【超要約:後半】

聖句: エフェソ人への手紙 6:10~13
10最後に言う。主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。
11悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。
12わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。13それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。

サタンの策略の「策略」、これは原典ギリシャ語でメソディアと言います。サタンは悪を働く「方法(メソッド)」を持っているということです。それを知らなければなりません。

また悪魔(devil)は原典ではディアボロス(Diaboros)です。ディアボロスには網を投げるという意味もありますから、悪魔も漁師といえます。私たちは天の漁師となるべきと言われてきましたがもう一つ別の漁師がいたのです。私たちを網で釣り上げようとしている者たちです。世界教会にも網が打たれています。ところで網は水面に打った瞬間に視界から消えてしまいます。魚も網がよく見えないのです。

サタンも網を投げるには魚が見えなければなりません。だから私たちが神様のみ言葉の中、深く深くもぐっているならサタンに見つかりません。私たちには「神の武具」が備わっています。

悪魔が用いる網は偶像崇拝です。「あなたも神ですよ」「自信を持ちなさい。自分を愛しなさい。最高の愛は自己愛ですよ。」み言葉は「最大の愛は友のために命を捨てることだ」とあります。自己愛ではありません。自己愛にはまれば悪魔の懐に抱かれることになってしまいます。私たちは賢明にならなければなりません。神の武具を持っているのです。

現教会でこういうことが起きているのです。お母様の周りを天使長たちがこの網を持って取り巻いています。彼らはこの網をお母様に投げて「あなたは神です」と言います。
現在韓国ではそういう講義がされています。お母様は生きた神、女神であると。メシア、独生女、生きた女神などと言って。

そもそもエデンの園で、エバは「この実を食べても死にません。神様のように目が開かれるのです」と言われて堕落したのでしょう。これが今起きているのです。

しかし網に囚われたとしても、そこに行って網の目を切ればよいのです。切って救い出すのです。神様のみ言葉と聖霊という剣と武具を持って網を切り捨てるのです。み言葉の基台の上でサタンに宣言するのです。その時、神の剣が現われます。
今霊界から聖霊の働きが世界中でなされています。世界中から驚くべき証が届いています。夢や幻を通して神様を直接体験しています。

もし現教会が女神信仰を続けて行くなら、必ず多神教に陥ってしまうでしょう。真の子女の中から「私は神です。私を信仰しなさい。」と言いだす者が出て来るでしょう。キリストはただお一人です! 他の者は全てその周りを廻るのです。それによって調和がもたらされるのです。最後に天聖経からのみ言です。

「私は平安を求めてこれまで歩んできたのではありません。神様の御旨の使命を果たすために今まで闘ってきたのです」

ディビッド・コン氏とリチャード・アーバン氏がそれぞれフロリダとワシントンDCの責任者に選ばれました。祈りの協助をお願いします。

Standing in the Lord  April 19th  2015   YouTube
左端リチャード・アーバン氏 右端ディビッド・コン氏

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中